« 地元発見の日 | トップページ | スツール »

2016年3月16日 (水)

就活と木工業界と

先日のこと、木工家志望の方がいらっしゃいました。
大学3年生、若い。
しかも、愛知県よりわざわざ来られた次第。


モノづくりに興味があり、その中でも家具作りがやりたい・・とのこと。

聞くと、人員急募の木工メーカーがあり、大学を中退してもそこに行ったほうが良いか? とのこと。

ちょちょちょちょ ちょっと待って お兄さん(古い)
早まってはいけません。

と言うか、そのような人生の一大事を、赤の他人に聞いて決めるべきではありませんよ。

ともかくここは冷静になって。
そもそも、経験不問で人材を急募するところは、仕事はルーチン的なもので、用が無くなればリストラに向かうのは必定。

そのようなところではなく、新入社員を大切に、時間をかけて育てる会社を選ぶべき!
そして、大学はキチンと卒業すべき。
と、アドバイス申し上げました。


ただ、木工業界自体が成長産業でもなく、どちらかと言うと斜陽的な雰囲気が漂う現状にあって、そのような堅実な木工メーカーがあるのか? 正直なところかりませんが、しかし、今の就職事情を見渡すと、そのようなことは木工に限ったことではなく、どの分野でも同じかもしれない。。と思うのであります。

大学3年生、就活は始まったばかり。
自分の人生を掛ける仕事、会社を、是非頑張って見つけて欲しいと願う次第です。

物静かで、口下手な君だけど、その誠実さと熱は十分に伝わってきました。
ハードルは高いかもしれないけど、頑張ってくださいね。


|

« 地元発見の日 | トップページ | スツール »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

確かな材料で丁寧な仕上がりの家具は、好きな人が見れば伝わります。

お値段もなかなかなので、気安くは買えませんが、家具は本来使い捨てではないと思えば、それに見合う価値はあると思います。

本物の良さが伝わる世の中だといいですね〜
やはり無垢の家具に触れてみると、量販店の見た目だけは良い家具が味気なく感じてしまいます。

良い職人さんが継続して仕事を続けられるような仕事場があると良いですね。

投稿: ぼの | 2016年3月17日 (木) 00:01

ほのさん
コメントありがとうございます。

そのようにおっしゃっていただくと、我々木工屋も元気づけられます。

効率化、大量生産の時代にあって、手作り家具なんてものはまるでそれに逆行しているような感がありますが、しかし、このような時代であるからこそ、今では希少となっている無垢材を用いた家具が求められているのではないか・・とも思っています。

これからも、そのような方々のご期待にお応えできるよう、良質な家具を作り続けていきたいと改めて思っています。

またコメントいただけると嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 栗原@simple | 2016年3月18日 (金) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元発見の日 | トップページ | スツール »