« まったく | トップページ | 歯を食いしばる »

2016年3月23日 (水)

化粧箱 あるいは ミニドレッサー

新作をご紹介します。

20160302_012


小さな扉がついた、小さな箱ですが、さて何でしょう?

開くと・・・

20160302_015


まるでびっくり箱か、飛び出す絵本のようです。

鏡がついていますのでお分かりのことと思いますが、これ化粧箱、あるいは、ミニドレッサーとでも呼ぶべきでしょうか。
女性必須のアイテム・・・奥様への贈り物として、ご相談をいただきました。

それでは、順次ご説明していきましょう。

20160302_023


まずは鏡。
上部にスライド式のステーがあり、これで鏡を手前に引き出し、斜めに立てます。
フリーストップ丁番を取り付けていますので、好きな角度で鏡を固定することが出来ます。

20160302_018


左扉には、小物入れを備えました。
何が入るのでしょう? 

20160302_019


20160302_020


右扉はこの通り、ミニテーブルが手前に倒れ、小物置きになります。

20160302_026


天板と側板は、伝統技法の通し蟻組みで連結。
構造にもこだわりました。


これらのこと、お客様からアイデアを頂き、それをもとに構造やデザインを考えて行きました。
いやいや、自分一人では到底考えが及ばなかったでしょうね。

はじめての機構であり、また、普段作っている家具よりも二回りほどサイズが小さいこともあり、設計から試作、そして製作までかなり難儀をしましたが、まるでパズルかプラモデルを組み立てているようで、その製作の楽しさもまた格別なものがありました。

20160302_013


扉を閉じるとこの通り。
とてもシンプルな佇まいですが、しかし、中身はアイデアと新兵器満載。

化粧箱、あるいはミニドレッサー。。
興味のある方、是非お問い合わせください♪
(作るのは大変だけど・・・)


お届け先 愛知県

|

« まったく | トップページ | 歯を食いしばる »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

この度は非常に面倒な依頼をしまして、申し訳ありませんでした。
妻は化粧箱が届いてから、毎日利用させて頂いています。
結婚10周年記念です。
メイプルの無垢材で絹のような光沢のある家具で、一生使ってくれると思っています。
ありがとうございました。

投稿: 都会のクマ | 2016年3月23日 (水) 10:23

凝ってますなあ
木工シンプル改め、指物シンプルですね。

次回作楽しみにしています。

投稿: 名無しさんおなかいっぱい | 2016年3月23日 (水) 23:53

K様
コメント頂き恐縮です・・
こちらこそ、得難い機会を与えていただき、ありがとうございました。

今まで数多くの物を作ってきましたが、この化粧箱は、その中でも特に印象深いものとなりました。

長くご愛顧いただきますよう、奥様にもよろしくお伝え下さい。

投稿: 栗原@simple | 2016年3月24日 (木) 09:02

おなかいっぱいさん
そうなんです、指物師に衣替えしようかな・・

と言うことは決してありません(-_-;)

指物はまた別世界。
我々ができることは、せいぜいその端っこをちょこっと真似ることくらいです。

投稿: 栗原@simple | 2016年3月24日 (木) 09:05

指物っていうんです、こういものって。

ほんといろいろなものを製作されるんですねえ。

開いたら飛び出す絵本みたい。

年数がたつともっと佇まいがよさそう。

投稿: もんち | 2016年3月25日 (金) 21:48

もんちさん、コメントありがとうございます。

指物とは、今のように工作機械が発達していなかった昔に、手道具を駆使して様々な技法で作られた家具のことを言います。

この箱に用いた、天板と側板の連結方法などもその技法の傍流に当たるもので、指物と呼ぶには異論もあるところでしょうが、指物的雰囲気だけは感じられるかなぁ・・(^^)

機械加工が出来ないため、大変手間がかかりますが、その分だけ出来上がった時の満足度は大きく、また、お客様にも所有する喜びを感じていただけるのでは、と思ってます。

素材はメイプルで、年数が経つと綺麗な飴色に変わります。
使い込むことによって、更に美しくなることでしょうね。

投稿: 栗原@simple | 2016年3月26日 (土) 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まったく | トップページ | 歯を食いしばる »