« ホワイトオークのテーブルセット | トップページ | 寒波襲来 »

2016年1月23日 (土)

頑張れ 琴奨菊

夕方、5時過ぎからの工房BGMは、ラジオの大相撲中継というのが定番です。
が、ここ数日は、取り組み終盤になると作業を止め、母屋に入ってテレビ観戦という状態が続いています。

それはもちろん。。

琴奨菊

実に、10年ぶりに日本出身の力士が優勝するかもしれない・・という歴史的な初場所です。
これを逃してなるものか・・と、気合を入れながらテレビ観戦しているのでございます。

相撲ファンにとって、日本生まれの力士の優勝は、ずっと悲願になっていると言っても過言ではないかも。
モンゴル出身の力士を決して差別しているわけではないのですが、しかし、国技・・であるからには、やはり日本の力士の活躍を願うのは自然な感情だと思います。

惜しいところまで行った力士はいたんですけどね・・
豊ノ島 しかり 稀勢の里 しかり。

しかし、あと一歩・・及ばず。

特に、稀勢の里は大いなる期待を抱かせながら、いつもフレッシャーに押し潰されるという状態を繰り返し見せつけられているので、最近はあまり期待もしなくなったのが正直なところ。

そこへ、今回の琴奨菊。

連日の快進撃にも、いつものごとく過度に期待をセずに見ていたのですが、三横綱を撃破したところから風向きは一気に変わり、これはいけるかも? という期待が湧いてきて、おそらくは同じ気分が日本中に満ちていることと思います。

が・・・昨日の一敗。
相手は同期の豊ノ島。

こんなドラマがあるんだねぇ。


しかし、まだ一敗。
そう、優勝争いはまだまだ分かりません。

琴奨菊 福岡県出身(ご当地)
日本中の悲願を背負って、頑張れ!!!!!!

|

« ホワイトオークのテーブルセット | トップページ | 寒波襲来 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトオークのテーブルセット | トップページ | 寒波襲来 »