« 映画二本立て | トップページ | 喫茶店という文化2 »

2015年10月27日 (火)

喫茶店という文化

ということで、映画を見終わったあとは、その余韻を楽しむために静かなところでコーヒーでも飲みたいものですが、、喫茶店が、ない。

いや、コーヒーを飲むだけならば、たくさんの店があるのですよ。
スターバックス、ドトール、タリーズなどのチェーンショップに加えて、雨後の筍のようにあちこちに点在するおしゃれなカフェ。

スタバなどは気兼ねがない反面、隣との座席が近いのでどうも落ち着かない。
おしゃれカフェは、おっさんが一人で入るにはちょいと場違い感があって、やはり落ち着かない。

大体、今時のカフェは、ひたすらスマホをいじったり、パソコンをテーブルにおいてパチパチやっているのが普通の風景になっていますが、この風景に未だに馴染むことができないのでゴザイマス。


求めているのは、喫茶店。
そう、カウンターの向こうで、マスターがにこやかにサイホンなんかでコーヒーを淹れていて、ちょっと薄暗く、入口辺りに週刊新潮などの雑誌が置いてあり、客は常連っぽい初老の男がトーストをかじりながら競馬新聞を見ていたりする、そんな喫茶店。

そう、きっさてん! 決してカフェ、ではない。

昔はあちこち喫茶店だらけだったのが、おそらくはスタバなどの台頭に逆比例するように、急速に減っていったように思います。
それでも、最近までまだいくつか残っていたのですが、そのうちの数軒もいつの間にかなくなっていました。

(-_-;)

なので、映画のあとは、いつも落ち着ける場所を探す、、というのが最近の行動パターンになっています。
もちろん喫茶店が理想ではあるのですが、それ以外であっても、美味しいコーヒーが飲めて、落ち着ける場所であればどこでもいい。

で、今回も新しいところを探していたのですが、ふと思いつきました
ホテルのロビーあたりにあるレストランがいいんじゃないか?

行ってみると、ちょうど喫茶タイムで好都合。
客も殆どおらず、広い空間を独り占め(それはそれで落ち着かないが) 景色も抜群。

おお、こりゃ穴場だわい、とほくそ笑んだのですが ( ̄ー ̄)ニヤリ
肝心の、コーヒーが・・・ (´ε`;)ウーン…

街中の落ち着ける居場所がなかなかありません。
考えてみると、喫茶店というのは貴重な文化だったんだねぇ。

雨後の筍のカフェも良いけれど、どこか一軒でも、喫茶店を作ってくれないかなぁ?
と、切実に思っている今日このごろなのです。

|

« 映画二本立て | トップページ | 喫茶店という文化2 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

今の日本にはカフェ文化は育たない?というか根付かないきがしますね。

今の人たちより昔の世代のほうがお茶やコーヒーを楽しむ文化があったとおもいます。

今はまったく茶道具や茶盆などが売れなくて
廃業する方が多いんだそうです。

今の若い人たちより年配の団塊世代あたりの方たちのほうが、喫茶店文化や茶文化に馴染み深いきがしてなりません。

イスラム圏には水タバコを吸いながらミントティーやコーヒーを飲むような場所があります。
個人的にはまったりできて、非常に好きな場所です。

カフェの文化の本場のヨーロッパなどは今もカフェ文化が衰退せず町に根付いています。

やはり、今の日本人には心の余裕がないのでは?
とおもえてなりません。

お茶でおもてなしを受けるのも田舎の家くらいですし、自分もおもてなしの仕方もわからないところです。

投稿: いつもの名無し | 2015年10月28日 (水) 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画二本立て | トップページ | 喫茶店という文化2 »