« マホガニーの書斎机 | トップページ | 面白いことが起こります »

2015年10月 3日 (土)

資金作りは独立への第一歩

先日、木工家志望の方からメールをもらいました。
20代前半、、若い。

木工で独立する夢があり、それに向かって進むべく、退職すべきか?

・・・・ う~ん (・・;)


この話題については、以前も何度か書いてきた記憶がありますので重複となりますが、それを承知で書いてみたいと思います。

メールには熱い思いが綴られていました。
文章からは、木工に掛けるとても真摯な思いが伝わってきます。

また、お若い方ながらもきちんとした日本語で、文章の構成も論理的で分かりやすいのに感心しました。
きっと、まじめに学生生活を送り、ちゃんとした教養を身につけられた方だろうと想像します。

なので、がんばれ・・と肩を押したい気持ちは山々なのですが・・
しかし、一つだけ肝心なことが抜け落ちています。

木工で起業するにあたって、最も大事なこと。
いや、木工にかかわらず、開業する際に必ず必要なもの。

それは・・・・ 資金です。

資金、お金。
そうなんです、これがないと、どのように優れた技術を持っていても、誰も考えつかないような企画アイデアがあったとしても、起業は無理です。

アタリマエ、、のことなのですが、熱い情熱の前には、このアタリマエの比重が軽くなってしまうのが常で、注意が必要です。

なので、木工で独立を考えるときには、まずは何を置いても資金作りに全精力を注ぐべき。。ということなどを申し上げました。

資金は、初期投資の開業資金に加えて、開業後一年ほどを赤字体質でも乗り切ることが出来るだけの余裕資金も必要です。
これらにどのくらいの金が必要なのか?

まずは、ここを調査することが独立への一歩とお考えください。

前途多難なことではありますが、その分大きなやりがいがあるのもまた事実。
なによりも、若さというかけがいのない財産がありますので、それを存分に活かして頑張って欲しいと心より願ってます。

|

« マホガニーの書斎机 | トップページ | 面白いことが起こります »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マホガニーの書斎机 | トップページ | 面白いことが起こります »