« 水出し緑茶 | トップページ | 喜びも悲しみも幾歳月 »

2015年7月19日 (日)

新国立競技場 白紙撤回に思う

新国立競技場が白紙撤回されました。
また止まらない公共事業の典型か、、と思っていたところ、思いがけないこととなりましたが、まずはこの決定を歓迎したいと思います。

ただ、撤回したらしたで、、またぞろ批判を繰り返す人々も大勢出てきていますが、そのような批判も受け止めながらしっかりと総括をし、次は失敗をしないように着実に進めてほしいと思いますが、果たしてどうなるでしょうね??

個人的に思うのは、斬新さや豪華さ、あるいは奇抜さをもって世界にインパクトを与えるというようなシロモノではなく、機能的、合理的で簡素、しかし、背後には職人の緻密な技が光る・・という、和的な精神が感じられるものを期待したいと思うのですが・・・さて?

テレビで、前回のコンペ案を紹介していましたが、どれもこれも斬新さを競うものばかりのような感じがあって、なんだかな~と思ったりしました。
オリンピック競技場ともなると世界の目が集中するわけで、まあ、建築家としても最大限の自己主張を。。との野望があるのでしょうが、その野望むき出しのデザインはいかにもあざとく、国内オリンピックのシンボルとしてはなかなか共感を感じにくいものに映りますな。


例えば、旧競技場のデザインをモチーフとし、これに必要な機能性や設備を付加して、この50数年の日本の歩みが重層して感じられるようなものにできないのかな?
それでこそ、二回目のオリンピックを、同じ土地、同じ場所で開催することの意義や重みが伝わるような気がするんだけどなぁ。


ともあれ、文科省は面目丸つぶれで大変なことだと思いますが、是非とも今度は素晴らしいプランを、適正なプロセスで決めてほしいと思います。

国内オリンピックですからね、、やっぱり皆が共感できるものじゃないとね。

期待してます。

|

« 水出し緑茶 | トップページ | 喜びも悲しみも幾歳月 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

栗原さんのご意見に賛同です。
デザイナーのエゴより、日本は職人技がひかる
和的なものがいいですね。

あの新国立競技場のデザイナーはナイキのシューズのパクリ臭いんですわ。

建設費高騰はアベノミクスの弊害かなとおもいます。輸入物価でも単純に円安で1.5倍以上になっていますし。
そのことにマスゴミが一切触れないのもおかしいなとおもっています。政府からマスゴミに報道規制かかっているのかなと勘ぐりたくなります。 

投稿: 通行人 | 2015年7月23日 (木) 13:21

ナイキのクモの巣をイメージしたようなデザイン
http://undergroundsoles.com/wp-content/uploads/2011/01/NIKE-AIR-KUKINI-BLACK-RESIN-GREY-YELLOW-01.jpg

ZAHA HADID

http://www.vitra.com/en-ch/magazine/details/mesa-zaha-hadid

http://www.designboom.com/architecture/zaha-hadid-details-of-miami-tower-1000-museum-revealed/

http://www.evolo.us/architecture/sunrise-tower-in-kuala-lumpur-zaha-hadid/

10年前くらいのナイキデザインからインスパイアされたのでしょうかね。。。

投稿: 通行人 | 2015年7月23日 (木) 13:32

そうですね、、
昨日の総理へのインタビューでも触れられていましたが、日本らしい造形を望んでいる人も多数いるようで、そのような方向で決着してほしいものですが、果たして?

件の建築家は、独創性が評価される反面、あまりにも斬新的すぎて実現することができない、アンビルドの女王なんて呼称も付いているようですね。

奇想天外なものは、日本の美意識には合わないような気がしますし、いろいろな人が言うように永続的なレガシーにはならないように思います。

ともあれ、今後の推移を興味深く見て行きたいと思ってます。

投稿: 栗原@simple | 2015年7月24日 (金) 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水出し緑茶 | トップページ | 喜びも悲しみも幾歳月 »