« 夏モードへ | トップページ | ドライアイスで考える »

2015年7月12日 (日)

戦うべきは

時事ネタはあまり書かないようにしているのですが・・

あきれ果てているのは私だけではないでしょう。。
そう、新国立競技場のことであります。

建築費、2,520億円という途方も無い巨額で、しかもこれは総額ではなく、オリンピック後に設置する開閉式屋根などの予算を加えると、総額は3,000億を超えるという壮大さ。

ここだけバブル経済が復活したような感もありますね。


金額だけでも大変なことですが、さらに驚くべきことにこの決定プロセスが極めてわかりにくく、決定に際しての責任所在が不明というお粗末さ。
誰が責任者なのかわからないまま、この巨額予算が承認されるという摩訶不思議な体制は、驚くべきこと、、というよりは、ある意味極めて日本的なあなあ体質が最もいびつな形で顕在化したものといえるのかもしれませんね。

報道を見る限り、誰もこの問題から逃げている様子がありありで、いわば互いに責任を押し付けあっている感じです。

こんな時に必要なのが政治決断であるはずなのに、政治家も全て及び腰・・
社会保障費の抑制にはあれほど執拗な情熱を見せているのに、当初予算を2倍以上も上回る巨額建設費はスルーしたいようです。

まったく・・・・


個人的に最も残念だったのが、安藤忠雄氏もこの問題から逃げている、、ように感じられること。
戦う建築家として、権威などを向こうに回して腕一本で勝負をしてきた氏であるはずなのに、、
最も戦うべきところはこの場面で、戦う相手はこのプランを承認した過去の貴方自身であるはずなのに。。

密かに敬愛していた建築家だけに、残念です。。


ジメジメした梅雨のさなか、さらに暑苦しさが増した事件でありますな。
ごまめの歯ぎしりとは承知しつつも、何ともやりきれない思いであります。

|

« 夏モードへ | トップページ | ドライアイスで考える »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

新国立競技場は
過去のオリンピック5大会分の総工費を上回るらしいです。

http://nagaimasaaki.com/tokyo-olympic-olympic-stadium-cost/

税金投入して土建屋が栄えた時代、土建国家の再来でしょうか?とおもってしまいます。

安藤忠雄氏は有名建築家らしいですが、
検索すると奇抜なデザイン優先で構造的問題や、自然環境との対話を無視した独善的な建築家だとおもいました。

悪如くもブランド嗜好、ビックネーム崇拝で持ち上げられた気がしてなりません
http://matome.naver.jp/m/odai/2141153687735243201

TOTOミュージアムにしても西小倉駅前のリバーウォークにしても自然や周りとの景観の調和をまったく考えられていない駄作としか思えません。きっと設計は有名な建築家なんでしょうが、建築家の独善的なオナニーにしか見えないんですね。(言葉悪くて申し訳ございません)

投稿: 通行人 | 2015年7月14日 (火) 15:23

安藤忠雄、磯崎新などあの時代の建築家は無機質(コンクリート、鉄筋、アルミ、ガラス)な建築物を好みますね。
夏暑く、冬寒くエネルギー効率の悪い最悪な住み心地に思えますから個人住宅には遠慮したいところです。

既存の木造建築や伝統を壊す観点からいうと時代の異端視だったのかと、そして高度成長期の建築の最先端をいっていたんでしょうね。

北九州市にも、中央図書館、門司港レトロハイマート、中央美術館など有名建築家の作品が数多くありますが、あの時代の公共建築物は素晴らしいなあおもってしまいます。

投稿: 通行人 | 2015年7月14日 (火) 19:51

安藤忠雄氏については賛否両論があるのは承知しています。

私は、北海道に旅行した時に、彼の設計した水の教会を見て虜になり、それ以来ずっと着目してきました。

コンクリートがメインの素材で、確かに前衛的なイメージを感じさせるところもありますが、例えばベネッセアートサイト直島のように、自然や土地との一体化を目指すプロジェクトや、数々の植林事業なども手がけており、必ずしも自然や環境と対立関係にあるばかりではないように思います。

ただ、民家については確かに住みづらく、自然との対話のために、家の中にいながら傘が必要な設計をするなど、かなりの疑問が浮かぶこともままありますね。

ただ、それもこれも含めて強烈な個性を放つ人には違いなく、ちょっと前には大病を患いながらも、気力で克服し、今でも精力的に活動を続けています。

それだけに、今回のことは残念で、デザイン選定に関わったからにはきちんとその経緯を説明して欲しかった。

それでこそ、戦う建築家としての面目躍如と思っていた、、ところ。

本日の朝刊を読むと。
公式に記者会見を行うとの由。

さて、どのような内容になるのか、、期待して待ちたいと思います。

投稿: 栗原@simple | 2015年7月15日 (水) 09:08

http://m.huffpost.com/jp/entry/7807116

安藤忠雄氏コメント全文

投稿: 通行人 | 2015年7月16日 (木) 14:08

コメント、予想通りでした。

安藤氏の責任回避、ということではなく、そもそもが予算についての詰めが決定的に甘く、選定員全員が「まあ、なんとかなるんじゃね?」的なところで手打ちをした、、というのが実態でしょうね。

しかし、ここに来てついに政府が動き出す模様で、キールデザインの白紙化もありそうな気配になってきました。

そう、今ならまだ引き返せる。

馬鹿げた負の遺産を後世に残さないよう、ここは政治の力を発揮してほしいと強く望みます。

投稿: 栗原@simple | 2015年7月17日 (金) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏モードへ | トップページ | ドライアイスで考える »