« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

高けりゃ高いで

明日と明後日(4月1日~2日) 臨時休業します。
この間のお問い合せは、3日以降とさせていただきますので、ご理解を賜りますようお願いします。

いや、昨日は暖かかった。
と言うより、ちょっと暑さを感じるほど。

工房内温度計の針は25度を指し、今年最高温を記録しました。

さて、こうなると厄介なことがあります。
木が動くのです。

特に、幅広の板を扱っている時は要注意。
上からの熱で板が反り上がり、気づいた時は組み立て不能になっている・・ということも稀ではありません。

駆け出しの頃、これで何度か痛い目にあいました。

なので、表裏をマメにひっくり返したり、立てて保管したり、また、室温が低い母屋のスペースへ移したりと、結構忙しい。

接着剤や塗料の乾燥も早くなりますので、作業もスピーディーに行わなければなりません。
で、油断して残りが少なくなった塗料缶を工房に置きっぱなしにしていたら、見事に固まっていました。
_| ̄|○

気温が低けりゃ低いで大変だし、高けりゃ高いでやはり大変。
気分も春夏モードに切り替えて、新年度へ臨むことにします。

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

ダイニングテーブルとアームチェアー

新作をご紹介します。

20150310_017


ダイニングテーブルとアームチェアーのセットです。
メールにてお問い合わせを頂きました。

20150310_015


ダイニングセットは、日々の食事で使うものだけに、サイズやデザインなど、使いやすく、美しいものが良いですよね。
遠方のため、メールを介しての打ち合わせでしたが、今お使いの椅子の寸法などを参考に、メールのやり取りを重ねて詳細を詰めていきました。

20150310_019


アームチェアーは弊工房定番のデザインですが、アーム高さ、アーム間寸法、そして座面高さなどの各部について寸法を微調整し、通常よりも一回りほど大振りで、ゆっくり座れるサイズに仕上がっています。

20150310_014


ところで、タイニングテーブルにアームチェアーを合わせることには異論もあろうかと思います。
立ったり座ったりを繰り返す時には、アーム、、特にロングアームは邪魔になるのでは? との意見です。

そう、たしかにそれはその通りであり、このため、ダイニングテーブルに合わせる椅子にはアームを付けないか、もしくはショートアームタイプにするのが主流でしょう。


ダイニングチェアーはアーム無しの小ぶりのものにして、リラックスするためのチェアーはちょっと大きめでアーム付き、別誂えをするほうが良いとの意見もよく聞きます。

たしかにそれが理想ではありますが、しかし、日本の住宅事情を考えた時、用途別の椅子を多種類揃えることが果たして現実的なのか?
暖炉の前のリラックスチェアーやロッキングチェアーなんて、、雑誌の中でしか見たことないけどなぁ。

また、家族にとって最も楽しく幸福な時間は、食事時、そして食事が終わってからもそこでお茶やお酒を楽しみながら、ゆっくりと団欒するひとときではないでしょうか。

ならば、やはりダイニングチェアーこそ、本当にゆっくりくつろぐことのできる椅子にすべきなのではないかと、一人鼻息を荒くしているのであります。

20150310_020


納品後、お客様からアームチェアーにして良かったとのご感想をいただき、嬉しく思うとともに、よりその思いを強くした次第です。

ライフスタイルは人それぞれ・・・
自分にとって最も快適なスタイルとはどのようなものか?

椅子を考えることは、ライフスタイルを改めて問いなおすこと・・

いろいろな意見を参考にしながら、自分に最も合うスタイルを見つけていただければと思います。
もちろん、そのお手伝いをさせていただきますので、ご検討中の方、是非ご相談ください♪
(・・・と、最後は宣伝で終わる♪)


お届け先 群馬県

| | コメント (0)

2015年3月29日 (日)

あれから一年

本日は、一日かけて事務作業の予定。

(-_-;)

大変ですが、事務と実作業は車の両輪で、どちらが欠けても工房は成り立ちません。
粛々と進めます。

思い返せば・・・昨年の今日は、術後のICUで喉のつまりに苦しんでいたものでした。
はじめての手術、全身麻酔、ICU・・ ベッドの上で動けないもどかしさ。

あれからちょうど一年、肩こりと闘いながらも、普通に事務仕事ができることに感謝しつつ・・・

さあ、ガンバロウ。

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

ボケ防止にいいかも

キャビネットを作っております。

通常、このような箱物は、上下、左右、前後対称に作るのが最も合理的で望ましいのですが、デザインや機能上、そうは行かないことも多々あります。

ただ、その場合でも、できるだけ対称性を残して設計したいのが作り手としての願望。
というのも、対称であれば、木取りから設計、そして製作に至るまで各部分が標準化されますので、工程も早く進み、間違いも少なくなるのです。

しかし・・・
今製作しているキャビネットは、なんと、上下、左右、前後全て非対称。

(-_-;)

さらに、上下二分割にしているのですが、上下ユニット各々の形も構造も違うという代物で、製作者泣かせの構造となっております。

誰だ・・・こんなややこしい設計をしたのはヾ(*`Д´*)ノ"


あ  俺か _| ̄|○


なぜこのような設計になったのかというと・・
・・・それを説明するととても長くなるので割愛しますが・・ともかくも、あらゆること考えた結果、このようにややこしい構造になってしまったわけであります。

ともあれ、こうなると、ミスが心配。
各部の構造がいちいち異なりますので、加工をするたびにいちいち再確認をしながら進めなければならなく、気が抜けません。

ボケ防止にはいいかも??

慎重に進めてきて、9割方完成したところで気が緩んだのでしょう。

あれ? (・・?


短いぞ。


そうだ・・・上下非対称だったんだったぁ・・ぐわぁ

最後の最後で、痛恨のミス。
同じミスをするならば、長い方向に間違えればよいものを・・

そう、長い方向に間違えれば、切れば良い。
しかし、短い方向に間違えてしまったら、どうしようもない。

再度木取り。


と、最後で萎える事態となりましたが、取り直して無事完了。
で、仮組み。

おお、組みあがりました。
総非対称キャビネット・・感無量であります。


さて、これからは各部の詳細な加工にかかりますが、これまた非対称の部分があったりして気が抜けません。

慎重に、粛々と進めていくことにしましょう。

非対称キャビネット、別名ボケ防止キャビネット。
進行中です。

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

カフェのような

先日お届けしたダイニングテーブルと椅子について、お客様から写真をいただきましたので、ご紹介します。

20150324


ローテーブルをリメイクして、ちょっと小ぶりにしたダイニングテーブルです。
椅子と合わせて、明るい窓のそばで、ちょっとお洒落なカフェのようですね♪

ホワイトオークのテーブル・・・・
新たなパートナーとして、またご愛顧いただきますよう。

I様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

点けるか 点けないか

暖かくなって、桜の開花宣言もでて、さあ本格的な春だと思っていたら・・

寒い (´・ω・`)

寒の戻り、、いや、大戻り。
昨日は久しぶりにストーブに火を入れました。

この時期は、灯油の残量管理が大変です。
残量は、おそらく5リットルほど・・

寒の戻りでガンガン使っていると足りなくなり、新たに18リットル買う羽目に陥る。
しかし、その後暖かくなったら、大量に余ってしまう可能性大。

理想的には少しずつ使って、暖かくなると同時に残量ゼロになってくれるのがいいのですが・・

つまらない超小市民的な悩みですが、毎年この時期は悩むんですよねぇ。


さて、今日も寒い。
今日は点けるか、点けないか?

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

中古車購入

昨日はとてもよい天気で気温も高く、春本番という感じでした。
でも、黄砂とPM2.5の飛散もひどく、空は霞がかかったよう・・

この時期は仕方ないにしろ、迷惑な話であります。

さて、そのような中、午前中は工房にこもって月末出荷の準備に大わらわ。
梱包作業って、結構手間がかかるんですよね。

結局昼すぎまでかかっても・・・終わらず(汗)
まあ、仕方ありません、残りは・・・明日やろう。

で、遅めの昼食を取り、それから車探しへGO!

ネット検索をしたところ、なかなか状態の良さそうな中古車が近隣ディーラーにあることが分かりましたので、出かけてきました。

店員さんに尋ねると・・ありました。
車内を見せてもらうと、、なかなか良いじゃありませんか。
外観も見た限りは問題なし。

ダイハツ ハイゼットカーゴ(軽のワンボックス)
二年落ちで、69万円成。

うん、いいんじゃないか?

実は比較のためにもう一件見に行こうと思っていたのですが、いいや。
で、即決しました。

もろもろの諸経費などを込んで、支払総額70万円ちょっと。
ハイルーフなので荷室空間も広く、今使っているポンコツ四駆よりも余程の積載スペースが確保できそうです。

これで、コストパフォーマンスが一気に上がりそうですな。

納車は今月末。
そして、最初に運ぶ荷物は?

家具・・ではなく・・
4月から大学入学で一人暮らしを始める長男の、引越し荷物を運ぶことになりそうです。

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

どれにしようかな

うーん、四半世紀乗ってきたポンコツ四駆ですが、いよいよ寿命かもしれません。

という訳で、新しく・・と言っても中古車になるでしょうが・・車を購入すべく検討中です。

まずは相場感をつかむため、ネット検索中。
(便利な世の中じゃ)

さて、ど・れ・に・し・よ・う・か・な?
天の神様の言うとおり・・
ケッケノケノ毛虫、アブラムシ (北九州バージョンかも)

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

小ぶりのダイニングセット

新作です。

一人使いの小ぶりのテーブルと、椅子。

20150310_001


さて、このテーブル。
新作ではありますが、完全な新作ともちょっと違います。

実はこのテーブル・・元はこれでした。

09122220014


そう、元はローテーブルとして、5年ほど前にお誂えをさせていただいたものです。

ずっとご愛用いただいていたのですが、諸事情により、椅子を用いた生活様式に転換したく、これをダイニングテーブルにリメイクできないだろうか? とのご要望でした。

もちろん! できますとも。

20150310_008


全てホワイトオークの無垢材で製作していますので、リメイクももちろん可能です。
ということで、テーブルを返送していただき、新たに小ぶりのダイニングテーブルに作り変えたという次第です。

5年ぶりに帰ってきたテーブル・・・
到着する日は、息子の帰省を待ちわびるような、ちょっとそわそわした気分でした。

20150310_005


天板には大きな傷や汚れもなく、とても丁寧に使って頂いていたことが分かります。
年月の分だけ少し色が濃くなっており、たくましくなったような感じがしました。

と、しばし感慨にふけり、そしてリメイク開始。
天板を少し切り取り、正方形にして、新たに細めの足を取り付けました。

20150310_009


弊工房定番の、チェアー2と合わせてのお誂え・・
一人使いで、とても使いやすいセットになりました。


発送する日は、また息子を送り出すような気持ちです。
しっかり、お役に立つようがんばれよ!! との思いで、トラックを見送りました。


家具の数だけドラマがあります。
家具作りをしていてよかった~と思える出来事でありました。

お届け先 東京都


| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

パイプ印

という訳で、徳用マッチを買ってきました。

Mm107


たっぷり入って、170円。

やっぱ、これが一番だね。

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

100円ライター

久しぶりに100円ライターを買いました。
仏壇にお灯りをあげるためのものです。

が、このライター・・・ボタンがとっても、重い。
いや、重いなんてもんじゃありません、とにかく、相当必死になって押さないと点火しないのです。

不良品か?
と思ったのですが、側面の小さな注意書きを見てみると、子供の火遊び防止のために重くしているとのこと。

なるほど、趣旨はわかりました。
でもね、モノには限度というものがあるでしょう。

私は決して握力が低い方ではないと思うのですが・・その私が片手で必死に押して、ようやく3回に1回しか点火に成功しないほどのものですよ。

途中までは押せるのですが、最後の火花を飛ばすところに大きな壁があり、握リ方や親指の押さえ角度などの違いによっては、全く最後のひと押しができず、その間虚しく生ガスが出るだけ・・

なので、両手で持って、両方の親指で必死に押さなければならない始末で、その姿勢で強引に点火すると、指先をやけどする恐れもあります。
これじゃもう、ライターとして普通に使うことなんかできません。

私でそうなのですから、もう、女性やお年寄りには全く使えるシロモノではないでしょうなぁ。


確かに、子供のいたずら防止という趣旨は理解できるのですが、イタズラもできない代わり、使えもしないモノになってしまっており、なんだかなぁ~ という感じであります。


仕方がない・・やはりまた、マッチに戻すことにしましょう。


| | コメント (2)

2015年3月17日 (火)

こども用にも、お父さん用にも

お客様から写真をいただきましたので、ご紹介します。

20150315_001


折り畳み机と、丸いこども椅子のセットです。

丸いこども椅子は弊工房のベスト&ロングセラーで、マイナーチェンジを繰り返しながら10年以上作り続けています。
最初のオーナーは、おそらくはもう高校生かな??
時の流れを感じます。


折り畳み机も人気のあるアイテムで、折り脚金具を用いた簡素なものですが、機能性は抜群です。
2012082720012


折りたたむとこんな感じ。
壁付けに立てかけて保管できますので、便利ですよ~

こども机は欲しいけど、ちょっとじゃまになるよね~
と、お悩みの皆様、是非お問い合わせください♪


ちなみに、ご成長後はお父さん用のちゃぶ台としてもお使いいただけますヨ。
お酒とツマミで一杯、、と言うのもいいかもbottle

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

沈丁花

ちょっと暖かくなりました。

先日ウォーキングをしていたら、どこからか良い香りが・・・

そう、沈丁花です。
ああ、沈丁花 (*´∀`*)

この香りを嗅ぐと、春が近いなぁ~ と思うんですよね。
(ちなみに、秋は金木犀ですな)

梅は終わり、いよいよ次は桜です。

三寒四温ではありますが、春は間近。
ちょっと、気分もウキウキしている今日このごろです。

さあ、今週も頑張りましょう。


オマケ


石川優子 沈丁花 投稿者 azukitoast

知ってる人は、知っている。

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

意志の貫き方

木工家志望の方がいらっしゃいました。
大学三年生、若い(羨)

将来的には自身で工房を構え、自営したいとの由。
そのために、就活で木工所へいくべきか? とのご相談です。

むろん、その意志が固いのであれば、できるだけ早く木工への道に進むほうが良いでしょうが、しかし、木工職人というのは総じて薄給で、将来的な独立を考えた場合、開業資金を貯めるという点でなかなか厳しいところがあるかも?

では、普通の会社に正社員として就職し、とにかく開業のための軍資金を貯めるほうが良いのか?
確かに、金銭面においてはそちらのほうが有利かもしれませんが、しかし、この間は木工とは全く無縁の生活となるわけで、技術的な進歩はありません。

訓練校に行けば良いのでは・・
そうなのですが、しかし、例えば今から10年後に木工の訓練校がどれほど残っているのか?

ここ10年ほどにおける、訓練校木工科の相次ぐ閉鎖を考えると、甚だ心もとない状況です。
木工を学びたいときに、その受け皿がない。。ということになってしまう事態も否定できません。

理想的なのは、木工技術も、デザインも、また、事業経営などについても学ぶことができて、給料も良い木工所への就職ですが、果たしてそのような企業があるのやら??

ともかく、今から就活戦線へ乗り出していくわけなので、よく情報を収集して、納得いくところを見つけるようアドバイスを差し上げたのですが、そんなことを言いながら、言葉が上滑りするような空疎感を感じました。


意志があれば、何でもできるし、何とでもなる。
なんて言葉をよく聞きますが、それは過去に日本が右肩上がりの成長を続けていた時代であったからこそ通用した文言で、それを現在にそのまま当てはめることはできません。

過去の自身の成功体験を、自身の意志の賜であると誇ることはいいのですが、しかし、その意志を貫くことができた古き良き時代の経済背景にまで考えが及ばず、したがって全く無自覚のうちに増長してしまっている「大人」が、後進に対して志の重要性を説く・・という構図は、傍から見ているとほとんど説得力を持たず、ボタンの掛け違いのような無力感を感じてしまうのです。

アベノミクスで経済が好転すればまた状況も変わっていくかもしれませんが、それでも高度成長期や、また、80年代のような再現はもはや無理と思われますので、自分なりに先を見越して、どこにチャンスがあり、どこを目指して、どのように意志を貫いていけばよいのか? ということを、それこそ死に物狂いで考えていかねば活路は開けてこないように思います。

まあ、これは木工だけのことではないですけどね。


異論があるのを承知で書いております。

ただ、手作り家具というニッチの世界で15年間やってきた素直な感想として、このような作品なり商品が求められる余裕は、やはり経済の下支えがあってこそのことと思っています。

この点において、今から木工を目指す若い人たちは、先達の成功体験に囚われることなく、是非独創的で画期的な創造をしていってほしいと願う次第であります。

いや、もちろん若い世代ばかりではなく、我々も常にそれを考え続けなければ、将来の展望は開けてこない・・

木工志望者と話をするたびに、いつもそう思うのであります。


H君、頑張ってね。

| | コメント (4)

2015年3月13日 (金)

リトルグリーモンスター 青春フォトグラフ

私は、いわゆるアイドルには全く興味のない男なのですが・・

いや、もちろん若い頃は好きでしたよ♪
山口百恵にはじまり、松田聖子、中森明菜・・等々(古いですなあ)  まあ、50歳前後の男はみなそうだったでしょうが。

でも、この歳になると、各人の個性が感じられないキャッチーなフレーズばかりを強調する曲には全く共感できず(アタリマエ) ラジオも、アイドル系の曲を選曲しないところを選んで聴いています。

それが、先日地元のAM局の番組を聴いていたところ、久しぶりにもう一度聞いてみたいと思う曲がかかりました。

ネットで調べてみたそれが、これ・・

リトルグリーモンスターというユニットの、「青春フォトグラフ」

ラジオのインタビューによると、中学生~高校生の女子ユニットらしい。
日本各地からオーディションで選ばれたらしく、グリーというユニット名からして、合唱をメインとした楽曲で売りだそうとしているのがよく分かります。

生放送でアカペラを披露していましたが、びっくりするほど・・上手い!
いや、もちろん、本場のものと比べてはいけませんが、しかし、私のような日本人の感性には、本場のパンチが効いたフレージングよりは、妙なひねりを加えずストレートに表現している彼女たちの歌声のほうが、より心地よく聞こえます。

リトルグリーモンスター・・略してリトグリと呼ばれているらしいのですが・すでに有名なのでしょうか??

私も全く情報を持ち得てないので、これからYouTubeなどで、少しずつその活動を追ってみたいと思っていますが、ご存じの方がいらっしゃいましたら、是非詳しいことを教えて下さい。


ひょっとすると・・・30年ぶりにアイドルにはまってしまうかもしれません。

(怖)

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

刺 その後

確定申告の書類も無事提出し、便秘が治った気分です。
さあ、作業も事務も再開・・張り切って行きましょう。

で、つまらない話題なのですが・・

指先に棘が刺さったという話を先日しましたが、その後日談です。

刺は中まで入って、抜けない。
どうすればよいのか悩んでいたところ、注射針の先端をカッターの代わりにして表面を切り開き、取り出せば良いとのアドバイスをコメント氏よりいただきました。

早速注射針を手配したのですが、そんなこんなしているうちに、傷口が塞がってしまいました。

そこで思ったのですが、このまま放っておくとどうなるのか?
ちょっとした興味があります。

異物が入った場合、人間の体はどのような生体反応を見せるのか? ちょっと興味があります。
経過観察してみました。

傷口は塞がりましたが、内部で炎症が起こっているようです。
それほど痛くはありませんが、なんとなく気持ちが悪い。

傷口部が少し膨らんできましたので、押すと、ちょっと膿が・・
やはり、中で化膿しているのでしょう。

やはり切開して・・と思いましたが、好奇心のほうが勝り、もうちょっと様子を見ることにしました。

このように、数日様子を見ていたのですが、特にひどくなる様子もなく、さりとて、治る様子もなく、現状維持というところ。
ただ、膿がたまるのは気持ちが悪いので、一日一回、傷口を押して膿を排出するということを繰り返していました。


すると・・あれ??
今まで内部に入り込んで全く見えなかった刺が、見えるようになってきました。

どうやら、内部で肉が盛り上がってきて、刺を外へ押し出そうとしているような気配です。
ただ、まだ取り出すことはできません。

そのような状態が続いてましたが、やがて、はっきりと刺が表皮近くまで押し出されてきました。
よし、と思い、爪を立てて剥がしてみると・・・


取れました (^^)

刺さってから、一週間ほど経った時のことでした。

そして今、傷周辺の腫れも少しずつ治まってきて、正常に戻りつつあります。


ちょっとした人体実験でしたが、人間の体というものは実に巧妙にできていると感心した出来事でありました。


ただ、やはり刺は刺さった時にすぐ抜く! というのが大事ですね。
小さな刺でも周囲を巻き込んで炎症が起こり、化膿するのですから、やはりそのようにならないよう、できるだけ早く処置したほうが良い、ということも身に沁みて分かりました。

今からは注射針を工房に常備して、しっかり備えたいと思います。

| | コメント (3)

2015年3月11日 (水)

確定申告

今日、午前中に終わる。
いや、終わらせる。

v( ̄Д ̄)v イエイ

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

いや~

週末に、確定申告の書類を作成する予定だったのですが、諸事情(仕事なのですが)でできず。

いや~ かなり切羽詰まってきました。

という訳で、今日は予定変更して伝票整理をします。

お問い合わせをいただいたお客様・・
大変恐縮ながら、お返事、、少しお待ちください。

(_^_)

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

ああ、めんどくさ

さあ、いい加減やらなければなりません。
それはなにか?

この時期、必ずやらなければならない極めて憂鬱なこと・・
それは?


そう、お分かりですよね 確定申告 (-_-;)

ああ、めんどくさ~


で、いつものとおり見て見ぬふりをしていたのですが、先日知り合いの木工家氏よりのメール中に、「明日申告するヨ♪」との文言。

あああ、先を越されてしまったぁ。
焦るぅ~

という訳で、この週末は確定申告一色に染まります。
昨年は入院手術したりしたので、医療費控除もできそうで、ここだけがちょっと楽しみかも ホ・ホ・ホ


同業者諸氏・・頑張って書類つくりましょう。

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

油断と違和感

トラブルというものは続くもので・・

座面を足に落下させてしばし悶絶した後、組立工程をやっていました。
足は痛むけど、まあ、たいしたことはありません。
静々と組み立てを進めていたのですが・・

うん?

なんかちょっとおかしい。

ホゾをクランプで締めながら入れていくのですが、なんだかしっくりこないんですよね。

なんというか、この。。
言葉にはできない微妙な違和感。

ひょっとして、パーツの寸法が間違っているのでは?

寸法と言っても、ホゾそのものの寸法ではありません。
そもそも、ホゾの寸法が間違っていたら、全く入らないか、もしくはスポスポになります。

ホゾそのものには異常がない。
しかし、この挿入感・・なんか変だ。

さては??

3つあるパーツを同時に組んでいるのですが、そのうちひとつのパーツだけ長さが異なる設計です。
このパーツの長さを間違えているのでは?

確証はありません。
また、組み立ての途中で、寸法の正否を確認する余裕もありません。
そんなことをしていると、接着剤が固まってにっちもさっちも行かなくなってしまいます。

どうする??

このまま組み立てを続行すべきか、それとも組み立てを中止し、分解して再確認すべきか?

もし寸法が間違っていた場合、組み立てを強引に続行することは自殺行為となります。
強引に組んでも、寸法違い構造では意味がなく、全パーツを廃棄せざるを得ません。

ならば分解すればよいのですが、分解にもリスクがつきもので、接着剤が硬化を始めている時に強引に分解すると、ホゾやホゾ穴にダメージが集中し、ここが破壊する可能性もあります。
そうなると、やはり全パーツ廃棄・・となってしまうのであります。

寸法が間違っているという確証はなく、正しいかもしれません。
にも関わらず、分解して、それを失敗すると(超汗)


どうするか?
判断をもたついている間にも接着剤は硬化が進みます。

やはり、分解しよう。
確証はないけど、組み立て時に感じた微妙な違和感・・それを放置すべきではない、と判断しました。

分解は、当て木をしてそれをハンマーで叩きながら、各パーツを均等に少しずつ抜いていくという作業です。
ハンマーを叩く力の入れ具合や、ハンマーを打ち下ろす角度を間違えると、部材に傷をつけたり、ホゾを破壊したりすることになりますので、慎重に! でも、かつ急いで!

苦闘することおそらく一分あまりだったでしょうが、結構長い時間に感じました。
低温下でも汗が出てきました。

分解は無事完了。
固まりかけていた接着剤をきれいに拭き取り、まずは一安心。

そして、寸法を調べると・・・

間違っていました  (*_*;

一つだけ長さの違うパーツ・・・その長さが2センチ間違っていました。

これが組み立て時の違和感になっていたのでしょう。


改めてホゾを切り直し、最組み立てして事なきを得ましたが、危ういところでした。

この構造は今まで幾度と無く手がけてきて、失敗の前例もなく、容易な構造であったために油断があったのでしょうか。
そう言えば、組み立て前の寸法再確認をやってなかったなぁ。


こんな基本的なことで寸法を間違えるとは、まだまだ経験が足りないということなのでしょうが、それでも組み立て時の微妙な違和感を感じたことは、これは経験からくるものだったように思います。

経験からくる油断と、経験がもたらした違和感。
どちらもリアルな木工現場の出来事でありました。

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

あっという間の出来事

昨日の作業中・・・
椅子の座面を仕上げようとしていた時のことです。

手が滑り・・座面が落下。

あああああっ と思った時は既に遅し。

弊工房の床は、モルタルの打ちっぱなし。
固い。

ここに落下すると座面の大きな傷は避けられず、最悪の場合破壊することもありえます。


あああああ っと思った次の瞬間。

イテてててて 痛

(>_<)

座面が落ちたのは、足の甲でした。

我が工房は、座面は全て板座で作っていて、結構重い。
これがまともに足の甲に落下したのですから、結構たまりませんわよ。
(>_<)

激痛のあとに、ちょっとしびれたような感じ。
恐る恐る足首を捻ったり、指先を動かしてみたりしたところ、特に異常はありません。

どうやら、骨折はしてない模様。
安全靴ではありませんが、スニーカーの靴紐がクッションになってくれたのかな?

だいぶ昔のこと・・
テーブル天板をまともに足の上に落とした人が、指先を骨折したのを目の当たりにしたことがあります。
ずっと忘れていたその光景がフラッシュバックしてきました。

しばらく経って靴下をめくってみると、特に腫れも痣もなく、鈍い痛みは残っているものの、異常なし。

良かったぁ~


そして、足がクッションになったため、座面も全くの無傷でした。

こちらも、良かったぁ~

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

3月が去る前に

1月が行き、2月が逃げ、3月になってしまいました。

3月は去る。
去ってしまう前に、あれこれあれこれやらなくてはね。

ちょっと寒さも緩んできたようですが、エンジン回転数を上げてやっていきましょう。

オウ♪

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »