« 古い家に住んでいると | トップページ | チェリーのダイニングセット »

2015年1月14日 (水)

修理完了

水道管、修理完了しました。

これで、水が使えます(^^)

皆様には、多大なご心配をおかけいたしました(_ _)

えっ 誰も心配していないって??

|

« 古い家に住んでいると | トップページ | チェリーのダイニングセット »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
新年早々の災難でしたが、大事な材木が濡れず、一日で復旧したのは幸いでしたね。

ひとつ気になったのですが、

>止水栓手前の引込管からの漏水

これは修理費用は行政の負担だったという事でしょうか?

投稿: Midway | 2015年1月14日 (水) 22:51

コメントありがとうございます。
迅速に対応してもらい、水道局には感謝しています。

上水なので水圧も高く、地面の隙間から噴き出している状態でしたので、早く直ってホッとしているところです。

また、費用については、量水器手前側は行政側の区分となるため、無料でした。

ありがたい話で、今年は住民税も気持ちよく納めることができそうです。

投稿: 栗原@simple | 2015年1月15日 (木) 10:33

なるほど。

実は先日NHKで「空き家列島」というテーマの討論番組があり、その中で水道管のメンテについても取り上げられていました。
いろいろと考えさせられたところに、今回のブログ記事を拝見し、なんともタイムリーな話題(失礼)となりました。

ご覧になられたかもしれませんが、空き家率が18.7%の埼玉県秩父市の場合、税収不足で、年間700件もの水道事故について、水道管を取り替えるといった根本的な修理が出来ず、応急処置でしのいでるとの事でした。

私も栗原さんと同じく北九州市在住ですが、財政赤字と人口減少が続く市の現状を思うと、とても将来、他人事とは思えませんでした。

6万人程度の秩父市と96万人の北九州市では単純には当てはめられませんが、人口が多くて宅地が広い分、将来は秩父市よりも大変な事になるかもしれません。
今回の水道管の寿命が来る20~30年後、また無事に修理が出来る事を願っています。

投稿: Midway | 2015年1月16日 (金) 04:12

その番組は見ていませんが、確かに自治体にとっては深刻な問題かもしれませんね。

我が家の水道管も、埋設してから40年ほどになると思います。
実は、10年ほども前にも同じように水漏れがあり、今回はそれとは別の場所に穴が開いていました。

我が家は、表通りから10メートルほど路地を入ったところにありますので、引込管も同じ長さがあります。

万全を期すならば、この10メートルを掘り返し、新たに埋設したほうが良いかもしれませんね・・という話を業者さんとしたのですが、とりあえず、もう一度は様子を見ることで決着しました。

なので、またいつ漏水してもおかしくない・・という綱渡り状況が今後も続く次第です。

我が家の状況はおそらく氷山の一角でしょうから、今後は市政の重い負担になってくるかもしれませんね。

投稿: 栗原@simple | 2015年1月16日 (金) 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い家に住んでいると | トップページ | チェリーのダイニングセット »