« 待望の機械 | トップページ | 塩あずき »

2014年12月15日 (月)

出口調査

昨日は寒風吹きすさぶ中、選挙へ行ってきました。
投票を終えて玄関を出ると、何やら一人の男性が近づいてきました。

「朝日新聞ですが、出口調査やってます。 アンケートにご協力いただけますか?」

おおおお・・これが噂の出口調査か!
長年選挙に行ってるけど、出口調査に当たったのは、多分これが初めて。

どんなことを聞かれるのだろう? と、ちょっとドキドキしましたが、内容は簡単な選択式アンケートに◯印をつけるだけのもの。

う~ん、これだけじゃちょっと、どうなんだろう?
と思いながらも、ちゃっちゃっと書いて提出。


今回の選挙はいまいち盛り上がらず、また、結果も予想通りで不完全燃焼の感がありましたが、個人的には出口調査に当たったということだけで、ほんの一瞬盛り上がったイベントでありました。

この調子で、年末ジャンボも当たると・・・ムフフフフフ 

(ΦωΦ)フフフ…


さて、仕事しよ

|

« 待望の機械 | トップページ | 塩あずき »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

私も出口調査の声掛けられました。
テレビ局でした。

選挙行って思ったのは若者が全然いなかったことです。
退職者の老人しかいなかったことです。
これじゃ民意がちゃんと反映されているとは思わないですし、若者や労働者にとっては不利ですね。

政治家の思う壺にしかならないとおもいした。
選挙の有り方を変えるには学校教育や選挙制度の有り方を変えないとどうにもなりそうなないですね。

投稿: お世話になってます。 | 2014年12月16日 (火) 11:59

コメントありがとうございます。
どうも、私の選挙区は自民と民主が拮抗してたようで、そのための出口調査だったようです。

若い人が選挙に足を運ばないのは本当に問題だと思います。

年寄りほど投票率が高いので、候補者の政策も自ずから年寄り向けに偏ったものになっていくのは必定です。

香港ではあれだけ若者が声を上げているのに・・

おっしゃるように、学校教育や、それ以前の家庭教育において、投票の権利と義務についてもっと子どもたちに伝えていくことが必要でしょうね。

投稿: 栗原@simple | 2014年12月17日 (水) 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待望の機械 | トップページ | 塩あずき »