« 胃カメラ初体験2 | トップページ | 若い木工志願者 »

2014年9月 8日 (月)

胃カメラ初体験3

鎮静剤には睡眠効果があります。
でも、私の場合はちょっと頭がボーっとするくらいで、一向に眠くはなりません。

これは、大腸内視鏡検査の時もそうでした。
あの時も鎮静剤を打たれ、寝ちゃってもいいですよ~と言われたのですが、全く眠くならず、目の前のモニター画面を食い入る様に眺めていたものです。

果たして、今回も同じ。
寝ちゃえば楽なのにな~と思いながら、頭は冴えたまま。

では、入れていきますね~


口にはめたマウスピースを介して、入ってきました。
直径1センチほどのファイバースコープ!!

まず最初に当たったのは喉の奥。
思った以上に・・・固い。

でも、オエーッとなるような、嘔吐反応はなく、ただその異物感を感じるのみ。

そして、少しずつ食道から下へスコープが降りていくのが感じられます。
先端がのどの奥を通りすぎてしまえば、違和感はありつつも、苦痛は感じません。

あれよあれよという間に、胃に到達したようです。
内部をあれこれと観察しているのが伝わってきます。

モニター画面を見ようと思っていたのですが、角度が悪く、おまけに近視のためによく分からず。

もう、まな板の上の鯉。
全てあなたにお任せしますわheart02


そして、胃から十二指腸へ入ったようです。
時々撮影をしたりしているようです。

あ~きれいですね。
特に問題はないようですよ。

ε-(´∀`*)ホッ


最後に、スコープを抜きながら食道を観察。
そして、終わりました。

ここまでで、5分程度かな?

第一印象は、楽勝♪ という感じです。
苦しいとか、痛いとか、もう絶対にやりたくないなど・・経験者や、またネット上でもそのような意見が多く聞かれますが、全然そんなことはありません。

カメラが入るときの異物感が気持ち悪いくらいで、苦しくも痛くもありません。
これなら、胃透視のバリウム検査のほうがよほど大変ですわ。


一時間ほどベッドで休んで、診察室へ・・・結果を聞きます。

先生曰く、まあ、問題はないようです。
ここ・・(と画像を示す) ここにうっすらと赤い筋が3本ありますよね、これはごく軽い胃炎ですね。
十二指腸と食道はとてもきれいで問題ありません。

また、ピロリ菌は陰性です。

とのこと・・・


処置として、もうしばらく胃酸抑制剤を飲んで様子を見ましょう。


まあ、とりあえず、一安心です。


3月の手術以降、自身の体に対してかなり神経質になっていましたので、この結果には安堵しました。
今回の不調も、ひょっとするとあれこれ気にしすぎたためにストレスがかかったのが原因かも?

お医者さんからも、できるだけストレスがない生活を心がけてください・・とのお言葉を頂きました。


以上が、胃カメラ顛末です。
50歳を過ぎたら、注意したほうが良いですよ・・とは、ちょっと前にお客さんから頂いたアドバイス。

今年は、そのことを心の底から実感する年でもありました。

これを読んでいる50過ぎの方々・・
毎年の検診は、まじめに受けましょう。

そして、たまには内視鏡検査(大腸、胃)を・・
個人差や、先生の技術差もあるのでしょうが、今年2つの内視鏡を経験した私としては、そのいずれも楽勝! といってよいほどでした。

50歳過ぎたら、ご用心。
お互いに気をつけましょう。

|

« 胃カメラ初体験2 | トップページ | 若い木工志願者 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

50は過ぎてませんが、
僕もこの春、初カメラを体験しましたよ。(軽い胃潰瘍でした(>_<))
鎮静剤の代わりにおばちゃん看護婦さんがずっと背中をさすってくれるだけでしたのでかなりきつかったです(・・;)
次は鎮静剤使用の有無を要チェックです!

投稿: coro☆ | 2014年9月 8日 (月) 14:19

おお、胃カメラ仲間ですね。

鎮静剤を使うか? については、医師それぞれの考えがあるようですが、私の場合は、大腸カメラの時も、胃カメラの時も、標準で鎮静剤ありでした。

苦痛は全くなく、やっぱり、鎮静剤の効果が大きかったのでしょうね。

ところで、胃潰瘍とは・・やはりストレスでしょうか?
私も、健康管理のために、最近は仕事量を減らして、無理の無い範囲に収めるようにしています。

お互い気をつけましょうね。

投稿: 栗原@simple | 2014年9月 9日 (火) 09:54

お疲れさまです。
僕の胃痛の原因は、子供でしょうか?
言うこと聞かないし、勉強しないし・・・
↑文字にすると普通のコドモですね。

すこしご意見をお伺いしたいことなどがあるのですが、久しぶりに一緒に温泉などどうですか?

投稿: coro☆ | 2014年9月10日 (水) 13:28

いいですね~
行きましょう、温泉。

詳しくは、メールで。

投稿: 栗原@simple | 2014年9月10日 (水) 18:55

おおっ、ついに胃カメラ飲みましたか。
辛くなかったとはラッキーやったね。
何はともあれ、異常がなかったようなので
良かったですな。メデタシめでたし。

俺も入院している間に飲んだけど、それは
それは辛くて、もう二度とイヤヤーって
思うほどしんどかったゾ。大病院では
喉の麻酔だけで、鎮静剤なんぞ頼んでも
使ってくれんかった。それに比べれば
大腸内視鏡検査のほうが100倍楽だった。
病院は選ばんといけんよ。ホント。
何も問題なかったのがせめてもの救いか。

投稿: kuma | 2014年9月10日 (水) 23:27

今年中には胃カメラ入れようと思っていたので、良い機会でありました。

やっぱり、鎮静剤の威力ってすごいのかな?
胃カメラと大腸カメラは別々の病院で処方されたんだけど、そのいずれも鎮静剤が標準仕様でやんした。

ただ、その両方の医師から「眠りますよ」って言われたものだけど、いずれも眠くならず、ちょっと目の前がボーっとするくらいで、特に変化なし。

効きにくい体質なのかも?

なので、眠くて苦痛を感じなかったというよりも、鎮静剤の効果で体がリラックスしていたために、カメラが通りやすくなったのが良かったのではないかと、勝手に自己分析してますな。

それとも、たまたま両医師とも、カメラの名手だったのかも?

ところで、貴君はその後いかがですか?
コメント見る限りは、もうすっかり回復しているようで、祝着でございます。

図らずも、同時期に思わぬところでつまづきましたね。
これを奇貨として、共に健康には留意していきましょう。

酒はほどほどに・・

投稿: 栗原@simple | 2014年9月11日 (木) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃カメラ初体験2 | トップページ | 若い木工志願者 »