« 苦闘は自己投資 | トップページ | 晴れ »

2014年8月30日 (土)

丸いスツール

新作のご紹介。
小ぶりのスツールです。

20140805_030


座面に脚を直接取り付けたタイプ。
手作り家具の世界ではよく見られる、ごくオーソドックスな構造です。

20140805_032


脚は座面を貫通させた上で、楔止め。
普通は楔は色違いにしてアクセントにするところですが、ここではあえて共材として、目立たなくしています。

よく見るタイプだけに、それぞれのパーツの細部の作りこみが印象を左右します。
お客さんのご要望をお聞きしながら、私の拙いCG技術を駆使して、デザインを絞り込んでいきました。

20140805_029


脚の作り込みが苦労したところで、ちょっと太めで、中央から下付近が若干太い、エンタシス構造としています。
脚の開き角度は8.5度、、微妙な角度であります。

実はこのタイプの構造は、開業当初はずいぶん作ったものですが、ちょっと思うところがあって、ここ10年ほどは意図的に製作するのを留保していました。
それが、このたびお客様たってのご要望にお応えすべく、長年の封印を破って製作に臨んだ次第です。

重い腰を上げての製作でしたが、作り始めると当時のことを思い出したりして、懐かしいやら、新鮮な思いがしました。
出来上がったものを改めて眺めると、、なかなか。。いいやん♪

20140805_036


さて、どうしよう?
今後は定番として、積極的に作っていくか?
それとも、やはり封印したままにするか?

実は今でも決めかねており、逡巡しているのでございまする。

というわけで、閲覧数が少ない土曜日にこっそりとご紹介するのでした。

お届け先 東京都

|

« 苦闘は自己投資 | トップページ | 晴れ »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦闘は自己投資 | トップページ | 晴れ »