« イボ再発 | トップページ | 7分袖シャツの思わぬ効用 »

2014年7月24日 (木)

ミシュランガイド

先日本屋に行った時のこと、ミシュランガイド(福岡・佐賀版)が平積みされていたので、立ち読みしてきました。

どれどれ・・・興味津々で開いてみると、おおお、意外と庶民的な店も載せているのね。
へ~

近所の寿司屋や、ラーメン屋まで載っており、こんなところまで調査しているんだと感心。
でも、この店が載るならあの店は?
だって、あの店のほうがはるかに・・・ など、その選択の基準は地元の事情に通じているほど不可解な思いが募りますな。


そんなこんなで、意外と庶民的なミシュランですが、しかし、星が付く店となると俄然評価が厳しくなるようで、福岡・佐賀版で三ツ星となった店はわずか2軒のみ。

1つ星まで範囲を広げても、北九州地区に限ると数軒しかなく、そのいずれの店にも行ったことがない(汗)
星がつくクラスになると、さすがに我々一般町人には敷居が高い店ばかりとなるようです。

jまあ、このような店は、いずれ木工で一山当てた時に行くとして(そんな時が来るのか??) 普段は星なしの店でも十分満足。

とりあえず、今度の法事では、掲載されている近所のお寿司屋さんから仕出しでも頼むことにしましょうか。

しかし、飲食店はミシュランで評価され、食べログで評価され、個人の食通ブロガーにあれこれ書かれ、大変なことでしょうね。
以前、知り合いの喫茶店オーナーに聞いたところ、料理の写真を撮られるのはもう稀なことではないとのこと・・
知らないところで色々書かれることにも慣れてしまった・・と諦観模様です。

木工ミシュランがなくてよかった・・などと胸をなでおろして本屋を後にしたのでした。

|

« イボ再発 | トップページ | 7分袖シャツの思わぬ効用 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

ミシュランってフランス人だかドイツ人が自分達の基準で選んでいるんだよね?
だから我々日本人の基準とかなりズレているし、外人って意外と味音痴だから繊細な日本食が判るとは思えない。
実際東京でミシュランの審査員が、A5の肉だと騙されて、集成肉を食って五つ星を付けて大恥掻いた事件があったからな?
ミシュランの審査員と言ってもそんな事も見抜けないって言う程度なんだよ。

PS:ツイッター看て貰えました?凄いお宝でしょ?

投稿: 酔仙 | 2014年7月24日 (木) 17:17

そうですね。
ミシュランも、そして食べログも、結局はその店に行ってみないと分からないと思います。

味覚や雰囲気も、その店との相性というものがあるでしょうから、自分の足で、自分にあった店を探すのが一番ですね。

ツイッター、拝見しました。
こんなお宝が落ちているのですね。

私も、散歩するときは下を見て歩くことにします。

投稿: 栗原@simple | 2014年7月26日 (土) 08:28

落ちているんですよ、この辺り白瑪瑙はそんなに珍しくありません、元々アルカンサスは石英と瑪瑙が混じってますからね?
で、あの瑪瑙はまだ小さい方です。
実は瑪瑙は真ん中に空洞がで来た繭状の岩として鉱脈に存在しているんです。
あの石の大きさから推定するに、割れる前は直径40センチ以上有ったはず。
まだ川の何処かに他の破片が落ちているはずなので、これからも探して歩こうかと思います。

投稿: 酔仙 | 2014年7月26日 (土) 15:11

コメントありがとうございます。

新しいお宝が見つかりましたら、またご紹介下さい。

投稿: 栗原@simple | 2014年7月28日 (月) 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イボ再発 | トップページ | 7分袖シャツの思わぬ効用 »