« さて、どうする | トップページ | アナログ人間の憂鬱 »

2014年6月27日 (金)

断捨離

昨日のこと、お客さんとの打ち合わせの中で、断捨離の話題になりました。
ちょっと前に流行りましたよね・・・断捨離。

まあ、要するに物を処分してスッキリしましょう・・ということですね。

日本人は、「もったいない」気質がありますので、物の処分には罪悪感がつきまといます。
断捨離という言葉は、その罪悪感をうまく包み隠す効果があるようで、それが受けたのでしょうね。

ちなみに、断捨離が流行る前には、捨てる技術という本がベストセラーになったこともあり、物を処分することは、日本人にとってはなかなか難しい普遍的な問題なのかもしれません。

で、私のことです・・・
ちょっと前に、機械を譲り受けるという話をブログに書きましたが、その際に問題になるのが端材。

家具を作るときには大量の切り余り材が出ます。
小さいものであれば都度処分をしていますが、ある程度の大きさのものになると、何かに使えるだろう・・・ということで保管をしており、これが溜まって結構な量になっているんですね。

何かに使えるだろう・・・
確かに使える時もあるのですが、しかし、冷静に総括してみると使える割合は決して高くはなく、その多くは不動在庫のようになって工房面積を圧迫しているのであります。

端材がなくなれば、機械が置けるかも?

そうだ、今こそ、断捨離しなければ。


という訳で、選別をはじめました。
端材の中から、さすがにこれは使えるだろう、使えそうだ、使えるかもしれない、使えば、使うとき、使え・・と、何を言っているのか意味不明ですが、ともかくも分類をしているのですが・・・遅々として進まず。

(-_-;)


さて、どうするか?

断捨離への道は、果てしなく遠く、難しそうです。

|

« さて、どうする | トップページ | アナログ人間の憂鬱 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

栗原さんこんにちは。

いやいやお気持ちはよ~くわかります。

端材の扱いには本当に頭を抱えます。
いざ処分となると
妙に未練がましくなって困ります。
残しておいてよかった!
なんてこともあったりしますからね~。

私も先月思い切って処分しました。

ベルトサンダー置けるといいですね!

投稿: やまね | 2014年6月27日 (金) 17:42

やまねさん こんにちは。

やはり身銭を切った材ですから、端材といえども簡単に処分はできませんよね~

でも、温存していると溜まる一方ですので、今回の選別になった次第ですが、そもそも選別している時点で断捨離じゃありませんね ^^;

ベルトサンダー 置けるように頑張ります。

投稿: 栗原@simple | 2014年6月29日 (日) 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて、どうする | トップページ | アナログ人間の憂鬱 »