« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

人類は麺類

最近ハマっているもの。

Nl_picture530fee9123131


マルちゃん正麺 ごまだれ冷し

昨日も食べました。
ビールと一緒で、もう最高!


もひとつ・・
Img02_06


どん兵衛 生そば食感

これがめっぽう美味しい。
蕎麦の風味もするんですよね。

また、出汁が九州向けの甘出汁で、これに焼きネギを加えて一味を振るとたまりません。

最近のインスタント麺の進化は眼を見張るものがありますね。
さて、今日は何を食べようか?

ツルツルツル  noodle

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

真夏日

暑くなりましたね~

昨日は屋外で30℃ 工房内は32℃
今年はじめての真夏日です。

真夏日?? 5月だぞい。

まだ熱順応していないので無理は禁物。
ポカリスエットを常備しての製作です。

それでも、湿度が低いのが幸いで、木陰に風が吹くと心地よい。
ずっとこんな日が続くとありがたいんですけどね。


梅雨前の貴重な時間です。
さて、今日も頑張りましょう。

| | コメント (0)

2014年5月28日 (水)

フラリと門司港へ

先の休日、午後から仕事を休みにしてぶらりと門司港へ出かけました。
と、みなと祭の最中で、イベントの一環としてなんと日本丸が寄港してました。

しかも、船内立ち入りOKとのこと。
ラッキー。

640pxnippon_maru_ii_in_yokohama_200


日本丸。
美しい帆船です。

甲板も、船内も、とても綺麗で整理整頓が行き届いておりました。
船内には練習生の姿もあり、その礼儀正しいし姿勢には感心しました。

また、日本丸の横には、なぜか海自の練習艦が停泊。
Main_3513


こちらも乗船できたらしいのですが、あいにく開放時間帯を過ぎていたのでかなわず、岸壁から見るのみでした。

それでも、このような情勢ですので、見上げる練習艦(と言っても、装備は護衛艦と同じ)はとても頼もしく思えました。


その後、ブラブラと歩き、三宜楼へ。
ここは、その昔、門司港が外国航路の起点として最も華やかだった時代に作られた、大きな料亭です。
1622640_459269880841031_1989961751_


長く廃墟となっており、倒壊の危険があるため取り壊しが検討されていたのですが、地元住民を始めとした保存運動が盛り上がり、北九州市が改修、保存、そしてこの度一般開放となったものです。

Sankirou_main

内部はご覧のとおりで、リアル千と千尋の神隠しであります。
湯婆婆が出てきそう。

ちなみに、料亭としても営業を再開しており、ランチや、予約すれば夜の宴会や結婚披露宴などもできるそうです。

門司港はレトロ地区が有名ですが、しかし、本当の当時の風景は、この三宜楼を起点とする清滝地区がその名残を濃厚にとどめており、お勧めです。


久しぶりの門司港、なかなか楽しめました。
今度は、三宜楼でランチと、昼酒を楽しもうかな?

ちょっと、優雅な昼下がりになりそうですね。

| | コメント (3)

2014年5月26日 (月)

いつの間にか 気がつけば

裏庭の草むしりをしました。
いつの間にか、気がつけば雑草が伸び放題。

びっくりデス。

昨年までは、同居していた母が折に触れ抜いていてくれていたのですが、昨年9月に亡くなってから、そのまま放置した状態でした。

最近は、玄関脇や表の引き込み路地に雑草が目立つようになり、仕事合間に抜いていたのですが、ふと気が付きました。

そうだ・・
裏庭!

まあ、庭・・というほどの面積はありませんが、ともかくここは盲点でした。
さっそく裏庭を確認してみると。

びっくりデス。

それこそ、一面雑草だらけ。
いや~まいった。

しかし、丈はまだ膝くらいまでなので、今やればなんとかなる。
このまま放置し、梅雨を迎えてしまうと手が付けられなくなる可能性大です。

で、仕事を返上して、休みだった長男を引き連れ、せっせと草むしり。
まあ、なんとか、地面が見えるくらいにはなりました。


しかし、あまりのことに、根こそぎ抜くことまではできませんでしたので、このままにしておくと、また同じ状況になるのは必至。

う~ん。

やはり・・除草剤か?


梅雨入り前に、何かと思案の今日このごろです。

| | コメント (2)

2014年5月23日 (金)

ウッドデジタルフレーム

小物のご紹介。
ウォールナットのフレームです。

20140521_012


実はこれ、デジタルフォトフレームで、液晶部分も木で作っているんです・・

・・・というのは真っ赤なウソで、液晶を囲む枠を作り、取り付けたものです。

もとはこんな商品。
20140521_007

まあ、よく見る商品ですね。


で、ふと気が付きました。
デジタルフレームで、木製のものは見たことがありません。
ならば、木製フレームを取り付けて売りだせば、これは一儲けできるかも?

これぞ、マーケティングで言う、ニッチ商品ではないか。

(ΦωΦ)フフフ…


というのもウソで、お客さんからのご依頼ですね。

お電話でお話をいただいたのですが、幸いご近所のため、工房においでいただいてお話を・・
聞くと、ご自身の結婚式の折、双方のご両親へのプレゼントとして考えている由。

短納期だったのですが、これはなんとかして差し上げなければ。

というわけで、急ピッチで製作したものであります。
ちなみに、丸い穴はリモコンの信号を透過させるためのもの。
デザイン上の良いアクセントにもなってます。

20140521_020


いい感じです。
デジタル機器でも、木と組み合わせることで更に魅力が増しますね。

やはり。。。一儲けできるかな?
(ΦωΦ)フフフ…

ご希望の方、お問い合わせくださいませ♪

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

突板も使うよ

弊工房では、基本的に無垢材を用いて製作をしていますが、時々突板も使います。

時々・・というか、稀に・・と言ったほうが良いかな?

稀・・・ですので、使い方や、加工の際の勘所を忘れてしまい、都度思い出しながらの作業となってしまいますな。
で、今日はその突板を使う工程で、今、それら勘所を思い出しながらこのブログを書いております。

あ・・・
そうだった。

接着剤が・・ない。

突板にしか使わない接着剤。
買いに行かねば。

というわけで、今からホームセンターへ行ってきます。

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

管理が大変

夏日になったと思ったら、雨が降って寒かったり・・
体調管理が大変。

いや、それよりも、材の管理も大変です。
湿気と熱は材の大敵。
ちょっと油断すると、反ったりしますので目が離せません。

さて、今日からはしばらく天気が安定するようで、どのアイテムの、どの工程を進めるべきか。
綿密な戦略が必要です。

(。・_・。)

とにかく、梅雨入り前に一仕事。
いや、二仕事。

冷静沈着に・・進めます。

| | コメント (0)

2014年5月20日 (火)

やりやがったな

砥石の話。

使い古した砥石のことですが、捨てるのももったいないので、研ぎ場の横に立てかけています。
鉋の刃を研ぐには難しいのですが、白書きや、刳り小刀など、小さな刃物を研ぐにはこれで十分。

そんな砥石が10枚ほどはあるでしょうか?

さて、昨日のこと。
ふと気づくと、立てかけていた砥石が皆倒れています。

拾い上げてみると、その数枚がまっぷたつに。

( ̄□ ̄;)!!

どうして?


よ~くみると・・・ありました。

猫の足跡cat


やりやがったな!!

そう言えば、なんだか猫の声がうるさかったような。
喧嘩か? それともさかりか?

工房周辺は猫が多く、しかも、闇に紛れてどうやら餌を与えている輩がいるようで、ネコの徘徊が絶えません。
工房や母屋にも時々侵入し、なにやら悪さをしている始末であります。

くそ~ と思っても、あとの祭り。

割れて木っ端になってしまった砥石。
この際、処分するか?


いや・・・それでも、毛引きの刃なら研ぐことができるかな???

| | コメント (4)

2014年5月18日 (日)

それじゃダメだよ

何度も書いていますが、様々な勧誘電話がかかってきます。
その中でも、最近特に多くなったのは、ネット販売のお手伝いをするというたぐいのもの。

この手のものは、カタカナの社名でかかってきますので、第一声を聞いた瞬間にそれと分かります。
先日もかかってきました。

「SEOソリューションパートナーの鬼瓦(仮名)と言います」

女性です。
女性というのは珍しいので、ちょっと聞いてみることにしました。

この手の電話・・・おそらくいろいろなオペレーターが同時に電話をかけているためでしょう、それらが応対する声が音声に入り込んでうるさいのが特徴です。

ともあれ、拝聴。

すると、この女性オペレーター・・・しゃべり方がどうもいけません。
いわゆる、語尾上げのしゃべり方で、一応丁寧語や敬語は使っているのですが、それでも友達に話しているような馴れ馴れしさが耳につきます。

不快・・というより、なんだか笑いがこみ上げてきました。

で、内容はというと・・

「家具作りの応援をしたいんですよ~」 とのこと。

「そちらでは、注文によって家具を作ってくれたりするんですか~?」 とのこと。

あの、この電話、私のHPを見てかけてきているのではありませんか?

「そ~ですけど~」

ならば、うちが注文家具屋で、全て受注での家具作りをしていることはお分かりですよね。

「あ、あ~あ、そうなんですね~」

あまり詳しくご覧になってはいないようですね。
そのような方に、仕事のお手伝いをしてもらうつもりはありません。 悪しからず。

受話器を置きました。


鬼瓦さん、それじゃダメだよ。
勧誘するならば、まずは相手のことをしっかり調べて、研究しないと・・ネ。

いつもかかってくる勧誘電話。
しかし、内容は総じてこの程度のものばかりです。

一度、こちらを唸らせるような、思わず契約を結びたくなるような・・
そのようなプロの勧誘を受けてみたいものです。

| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

便利なようで

最近では、金具類もほとんどネット通販で仕入れるようになりました。

昨日もスライドレール購入のため、手続きを・・
購入する店は決まってますので、サイトを開いてポチポチ。

ところが・・・

IDとパスワードの要求に対して、ハテ? なんだっけ??

そうなんです、ネット通販の悩み事、IDとパスワード。
今ではかれこれ10箇所程度の通販サイトに登録しており、それぞれにIDとパスワードを登録しています。

できるだけ統一するようにしているのですが、でも、通販サイトによっては最低限文字数の決まりがあったり、また、IDはメールアドレスと同じにしなければならないなどの制約があったりして、その都度違うものを設定しなければなりません。

なもので、忘れるんですよね。

ハテ、このサイトはなんだっけ???

いくつか試してみるも、受け付けられず。
そうこうしているうちに、アクセス制限となり、再度ワンタイムパスワードの発行を要求しなければならないといった状況になってしまいました。

メンドクサ~

(ーー゛)

そんなこんなで、注文するのに10分ほどもかかってしまい、疲れました。

便利なようで、さほど便利でもない通販。
でも、以前は金具を買いに片道80キロ走っていたことを考えると、やはり便利かな?

まあ、IDを何処かに書き留めておけば済む話なんですがね・・

皆さんは、どうしていますか?

| | コメント (2)

2014年5月15日 (木)

気を遣う

雨が降ったりやんだり。
梅雨の走りなのかな?

例年ならば、梅雨の入りは6月初旬頃なので、まだ大丈夫とは思うのですが・・
精密さが必要な加工も控えているので、高湿度は大敵です。

今からは、天気予報と、そして湿度計とにらめっこしながらの製作を強いられる、梅雨モードにシフトしていかねばなりませんな。

毎年のこととはいえ、気を遣う季節になってきました。

木を使うだけに、気を遣うって?
失礼しました。

^^;

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

リフォームのダイニングテーブル

最近の納品からご紹介。

20140426_001


ダイニングテーブルです。
ただ、これ、完全な新作ではなく、従来のテーブルをリフォーム(あるいはリメイク)したものです。

今使っているローテーブルを、ダイニングテーブルにリフォームできないだろうか? とのご相談をいただきました。
弊工房では、原則として修理やリフォーム、リメイクについてはお引き受けをしていないのですが、写真を拝見したところ、天板が立派な無垢材であることと、お住いが車で30分ほどの近距離であり、現品の確認や直接の打ち合わせが可能であることなどより、お引き受けすることにいたしました。


ちなみに、弊工房がどうして修理やリファームなどを原則引き受けないようにしているのか? という理由についてですが・・

修理やリフォームには、家具を新たに製作するのとは異なる技術や設備が必要であることに加え、特別な美的センスが欠かせないことによります。

特別な美的センスとは・・・従来の家具の特性を生かしつつ、それに染み付いたお客様の思いを損なうことなく、いや、さらに増し、より魅力的なものに作り変えることができる・・そのようなセンスです。

私見ながら、新たな家具作りのセンスと、リフォームのセンスは、そのベクトルは全く異なるものだと思っています。
どれほど家具を作っても、リフォームのセンスは磨かれることはない!
と断言してもよいほどで、その根拠としては過去の苦い思い出がベースとなっているのですが、長くなるのでそれに触れることはやめておきます。

これらについては、もちろん反論や異論もあることでしょう。
、よろしければコメントなどお寄せいただければと思っていますが、とにかく私としては、頑なにそう考えているのでございます。

今回のご依頼についても逡巡しましたが、写真で見る天板があまりにも見事であったことより、これを活かさないのは極めて惜しい、、との思いがムクムクと湧き上がり、お引き受けした次第です。

ちなみに、いただいた写真はこれです。

20130422_222637


立派なオークの天板で、表面はなぐり仕上げでしょうか? 刃物跡を残した力強い仕上がりです。
天板厚みは3センチほどもある重厚なもので、ローテーブルとして長年使い込んだことにより、エージングされた味も感じられます。

いいな~この天板。

実物を拝見すると、反りも殆ど無く、目切れなども出ておらず、まだまだ数十年は立派に使えるものでした。
一旦お引取りをし、脚部を製作して組み合わせ、納品に至った次第です。

20140426_004


デザインは、当初のイメージを踏襲しつつ、ダイニングテーブルとして使いやすい形を目指しました。

20140426_007


脚は斜めに、そして、重厚な天板を支えるために、少々太め。

20140426_003


脚に丸みをつけたのはお客様のご要望をお受けしてのこと。
変形楕円といった形で、曲率が一定ではないため機械での加工は不可能。
一本ずつ、手鉋で削って仕上げました(疲れた~)

天板サイズは1550×900ミリほどで、立派な6人掛けのダイニングテーブルになりました。
これから数十年、、リビングの主役としてご活用いただければ嬉しいですね♪

それにしても、改めて思いました。
無垢の天板って、使い込まれた天板って、いいもんですね~


お届先 福岡県

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

あっという間の30年

先日のこと、実に30年数年ぶりの同窓会に行ってきました。
高校時代の部活(吹奏楽部)の同期会で、卒業後数年ほどは定期的に行われていたのですが、その後ぱったりとなくなり、気がつけばはや30数年・・・

それが先日、誘いの電話があり、大変驚いたことでした。
聞くと、恩師も出席されるとのこと・・F先生、、その名前を聞いただけで涙腺が緩んでくるようです。

誰もがそうだと思いますが、高校時代は最も多感な時代です。
様々な悩みを抱えていたあの頃、先生には公私にわたってそれはお世話になりました。

その後、恩返しのできぬまま年月だけが過ぎ去り、全くもって不義理な生徒でありました。

会場に向かう時は、嬉しいやら、怖いやら。。
初デートに向かう中学生のような、ドキドキした心境で歩いていました。

そして、再会。
30年の時は、それぞれに否応なくその歳月を刻みつけており、それぞれの現状を理解するまでに少し時間がかかりました。

だって、私も含めて、皆の時計は二十歳の頃で止まっているわけですからね。
それが、突然目の前に五十過ぎの面々が現れるわけですから、そりゃ面食らうわね。

しかし、それもちょっとのこと・・
少し話すと、やはり皆あの時のままです。
空気が一気に当時に戻り、懐かしさとともに、皆元気でいることの嬉しさを感じたことでした。

先生もお元気そうで何より。
8年ほど前に、手術で胃を全摘出したけれど、その後は至って元気だとの由。
最近では、料理という新しい趣味もはじめて、ますます意気軒昂とのこと。 
私も、かくありたいものです。

3時間はあっという間。
その後の2次会には、まだ体調万全ではないため出席を遠慮しましたが、来年以降定期的に開催しようとの合意もしたので、その時を楽しみに待ちたいと思っています。


それにしても、改めて気がつけばあっという間の30数年。
そしておそらく、これからもあっという間に時は過ぎて行くことでしょう。

貴重な時間を無為に過ごさないように・・さらに日々を充実させていかねばと思ったことでした。

さ・・仕事しよ!

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

二度と縁がないように

診断書作成依頼のため、三週間ぶりに病院へ行ってきました。

10日間入院し、その前後も外来で毎日のように通った病院で、勝手知ったる場所ではありますが、診察以外の用事で行くと、院内の風景も違って見えますね。

あの時、術前検査の時は、この同じ廊下をそれは暗い顔をして歩いていました。
あまりの暗い表情のため、看護師さんが心配してくれたのでしょう・・「不安なことがあれば、どんなことでも言ってくださいね」と声をかけてくれたことなど、思い出しました。

ちょっと外来を覗いて、挨拶でも・・と思いましたが、やはり皆さん超忙しそうにしていたので、軽く会釈したのみで通り過ぎ、医事課へ。
手続きは、申請書を書くだけの簡単なもの・・ 一週間ほどでできる由。
料金、5,400円なり(高いのか安いのか??)

用事はこれで、5分ほどで終わり。
その後、外来棟を一周し、売店をひやかして帰宅しました。

患者として通っていた頃は、できるだけ来たくない場所でしたが、過ぎ去ってみると妙に懐かしく思えるのも不思議なものです。

一週間後に、診断書を受け取りにもう一度来る予定ですが、やはりその後は再びお世話になることがないよう願いたいものですね。


ところで、昨日、莫大な医療保険が振り込まれる夢を見ました。
保険成金 (ΦωΦ)フフフ…

・・・って、そんな訳ないけどね・・・

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

この体たらく

なんだかんだで、HPの更新が全く出来ていませんでしたが、先ほどようやく、久しぶりに更新しました。

木工房シンプルHP

新作アップということなのですが、その新作はナント去年の2月にお届けしたもの。
超汗 ^^;


本物の(?)新作は、ブログでリアルタイムにアップしているのですが、それにかまけて本家のHPの更新が遅れに遅れているという体たらく。

何とかせにゃいかんね~


これも含めて、やらなければならないことは山ほどあるのですが、手が回らない状況が相変わらずでございます。

近所にネコはたくさんいるので、この際、ネコの手でも?
などと目論んでいる、今日このごろです。

大丈夫か??

cat

| | コメント (0)

2014年5月 8日 (木)

ホワイトオークの本棚(プラス・ワン)

諸々の事で滞っておりましたが、久しぶりの新作紹介。

20140323_003


ホワイトオークの大きな本棚です。
階段横の壁に設置しました。

新築の瀟洒なお宅で、実際の設置場所を拝見してお話をさせていただきました。

20140323_005


設置場所は階段を降りたところ、ユーティリティールームとでも言うのでしょうか・・
リビングの隣に面したお部屋で、様々な用途に使えるお部屋です。

ここに本棚を置くことは新築時に決めており、市販品も探したけれども納得いくものがない・・
ということで、弊工房にお話をいただいた次第です。
ありがとうございます。

20140323_007


使い方は、本棚としての用途が主だけれど、ランドセルや、その他様々な物も収納したい。
また、飾り棚としての使い方ができると面白い・・・ということで、このような形になりました。

下段の奥行きは400ミリもありますので、およそどのようなものでも収納可能です。
上段は、本棚としての使い方ができるように・・・そして、飾り棚としても活用できるよう、横幅いっぱいのフリースペースを設けました。

20140323_021


20140323_004


素材はホワイトオーク。
堅牢さでは、ピカイチです♪

本棚として、そして、ご家族全員の収納として、存分にご活用下さい。


お届先 福岡県

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

業務再開しました

業務再開しました。

連休後半はゆっくりするつもりだったのですが、好天に誘われ、フラフラとあちこち出歩いておりました。

美味しい物もたくさん食べて、4キロほども落ちていた体重もすっかり元通り。
(-_-;)

さて、今日から製作再開です。
休養十分で、ペースも上がりそうな感じ。

梅雨前の貴重な時間、有効に使いたいと思います。

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

連休休みについて

5月3日~6日までお休みします。

この間にいただいたお問い合わせについては、7日以降にお返事をさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解を賜りますようお願い致します。


先月は、不測の事態によりめまぐるしい日々で、上を下への大騒ぎといった様相でした。
色々と考えさせられることもあり、その中で、無理をすることの危険性も身に沁みました。

まあ、今までさんざん無理をしてきて、それが当たり前の日常になっていたところがあります。
今でも、気持ちとしては以前と変わらず、意欲もあるのですが、頭で思うこととは裏腹に、体の方は無理がきかない年齢に少しずつ足を踏み入れているようです。

寂しいことではありますが、この度の経験で、この点については謙虚に認めなければならないと思ってます。
(痛い目にあうと、楽天家の私でも少しは進歩するようです)

連休もどうしようかと思いましたが、後半については休みをとり、体力の回復に努めるようにいたします。
連休明けは、8~9割程度で製作できるよう、しっかりと養生します。

工程遅れのため、ご迷惑をお掛けしますが、今しばらく我儘を通させていただければ幸いです。

| | コメント (1)

2014年5月 1日 (木)

怒涛の

連休前に、怒涛の木取りをしようと現在格闘中です。

疲れるわ~

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »