« アイドル好きではありませんが | トップページ | 連休だって?? »

2014年4月25日 (金)

地域貢献

修理に行ってきました。
家具ではなく、木製ホワイトボードです。

ホワイトボードといえば、会議室には無くてはならない物で、私も会社員時代にはずいぶんと活用したものですが、フレームが木製であるものは、社内外にかかわらず一度も見たことがありません。

珍しいな~


そもそもの発端は一本の電話から・・
ボード脚部が壊れていて、修理できないだろうかとの問い合わせでした。

弊工房は、原則として修理はお断りしているのですが、聞くとすぐのご近所様。
となると、地域貢献という使命もありますので、無碍にお断りするわけにも行かず、とりあえず一度拝見しましょうということで、出かけて行ったのでした。

場所は、近所にある地場企業の社屋。
その最上階にある大きなホールです。

案内されると、ありました。
大きなホワイトボード。
そして、確かにフレームは木製です。

これは珍しい。

聞くところによると、おそらく20年以上は使っているとのこと。
それが、このところ脚部にガタが出てきて、安定性が悪い。
木製のボードというのは珍しく、愛着もあるので、なんとか修理できないだろうか? とのこと。

見ると、左右のフレーム下部に接続している摺脚がガタついています。
ちょっと叩いてみると、外れました。

接続部の構造は。。やはり・・・ダボです。
8ミリ径のダボが四本立っており、これを相手側の穴に差し込み、接着剤で固定する方式。

ボードは畳一畳程もある大きなもので、重さもかなりあります。
このため、当然のことながら摺脚との連結部にも大きな荷重と、モーメントがかかります。

正直なところ、このような部位にダボを用いるのは適切とは言えず、量産品の割り切り方というものをまざまざと見せつけられたことでした。

さて、どうしたものか?
接着剤を塗り、組み直せば当面しのぐことはできますが、しかしこれは応急処置に過ぎず、やがてまた同様の状況になることは避けられないでしょう。

恒久対策を考えるならば、フレームと摺脚を新作し、ダボではなくほぞによる木組みで連結する必要がありますが、そうなると大きな修復となり、時間も費用もかかります。


ということをご説明し、検討をお願いしていたところ、応急処置でも良いのでお願いしますとのこと・・
というわけで、この度修理に出かけてきたのでした。

ガタも大きかったので、接着剤は2液性のエポキシを利用。
そして、補助的にアングル金具を取り付け、応急処置完了。

できるだけ丁寧に取り扱えば、これでしばらくは保つであろうことを説明して、修理完了しました。


木工人としては、十分な対応とは言えない仕事でありますが、それでもわずかばかりの地域貢献ができたのは良かったと思ってます。

また、修理をして大事に使いたいという企業さん側の思いも嬉しく、是非少しでも長く使ってもらえると嬉しいですね。
なんて、まるで自分の作品のように思ったりしたことでした。

やはり、木製の物って・・ いいですね!!

|

« アイドル好きではありませんが | トップページ | 連休だって?? »

木工 日常の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイドル好きではありませんが | トップページ | 連休だって?? »