« ウォールナットのレトロキャビネット2 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2014年3月22日 (土)

ウォールナットのレトロキャビネット3

レトロキャビネットの製作依頼。
それは、驚きであると同時に、なんとも言えない嬉しさを伴うものでした。

古い図面を引っ張りだしてしげしげと眺めていると、開業当時のがむしゃらだった日々がフラッシュバックされてくるようです。
図面端にある走り書き、計算の痕、修正された線、破れや染み・・・それら全てに当時が詰まっていました。


さて・・ノスタルジーに浸ってばかりではいられません。
この図面を元に、お客様のご要望のサイズや仕様に修正していかねば・・・

あれこれ頭をひねりながら、ある構造は当時のままに、そして、ある構造は新しい技法で・・など、一つずつ進めていきました。

変形六角形は寸法精度が極めて重要で、通常の家具では問題にならない誤差でも、全体の仕上がりに大きな支障をきたしてしまいます。
加工方法やジグも工夫しながらの製作は、大変ではありますが、やはり理屈抜きで作る喜びを感じさせてくれるものでありました。

20140228_004


改めて、レトロキャビネットです。
洋館の出窓をモチーフにした、大正レトロな雰囲気で仕上げました。

20140228_014


幾何学的な文様はアールデコの象徴。
これに、格子を加えた扉です。

20140228_005


左右には台形型の棚板が入ります。
いろいろなコレクションを飾るのにうってつけです。

20140228_007


もちろん、中央にも棚板。
容量もあり、いろいろな用途にお使いいただけます。

20140228_010


素材は総ウォールナット無垢板(格子中央の鏡板はメイプル)
その存在感は圧倒的です。


10年ぶりのレトロキャビネット、私にとってひときわ思い出深い作品となりました。
同様のものをご希望の方がいらっしゃいましたら、是非お問い合せください♪
(作るのは大変なんですけど・・・^^; )

お届先 福島県


<お知らせ>
諸事情により、3月25日(火)~4月6日(日)まで臨時休業します。
ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。

|

« ウォールナットのレトロキャビネット2 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォールナットのレトロキャビネット2 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »