« やりたいことをやろう | トップページ | 八角形の時計 »

2014年2月 6日 (木)

とんだ詐話師

びっくりしましたね・・佐村河内守のゴーストライター問題。
いやいや、かく言う私もすっかり騙されていました。

見たのは昨年のNHKスペシャル。 魂の旋律~音を失った作曲家

30代で全聾となってしまった佐村河内氏、今も続く轟音のような耳鳴りに悩まされ続け、多量の薬が手放せない。
死を選びそうになったこともある。
しかし、その絶望的な状況の中でも、音を作り出すことが一筋の光となり、曲作りを続けてきた。

広島出身、被爆者二世である氏は、やがて原爆を題材にした交響曲第一番「HIROSHIMA」を作曲。
絶望の中からやがて希望が現れてくる曲の構成は、まさに氏の人生とオーバーラップするもので、その美しい旋律と相まって、それは感動する響きとなり、聴衆の感動と涙を誘っていた。

とまあ、このような内容で、私もいたく感動し、思わずCDを買いそうになりました。
^^;

ところが・・・

氏の曲は、じつは18年にわたってゴーストライターが書いていた・・というオチ。

(@_@。


どういうこと??
まあ、詳しくは今週の週刊文春を読むこととして、察するに、クラッシックでセールスを上げ一稼ぎするためには、その曲の出自に感動的な背景を塗りつけるのが得策と考えたのでしょうな。

ひところ、演歌歌手の過去が、大なり小なり悲哀に満ちていたということと同じようなものでしょう。

ついては、この一大詐話師に、天下のNHKをはじめ、多くの音楽評論家が絶賛の声をあげていたということの滑稽さについて、今後、どなたかが詳細なルポ記事などを書いてくれることを期待しています。
(なんせ、あのオーム真理教について、あれは立派な仏教であると言ってた高名な宗教学者もいたくらいですからね)


とんだお騒がせでしたが、この騒動で逆に曲が聞きたくなり、Amazonへアクセスしてみたところ、もうすでにプレミア価格になっていました。
考えることは皆同じですな~ (-_-;)


|

« やりたいことをやろう | トップページ | 八角形の時計 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やりたいことをやろう | トップページ | 八角形の時計 »