« 欠点がありませんように | トップページ | 一番怖いもの »

2014年1月16日 (木)

無駄な抵抗?

まあ、しかたのないことですが、目が霞みますな・・
自覚症状がでたのは5年ほど前のこと、なんとなく新聞が読みづらい、ということでありました。

よもや?
と思いましたが、そうでした(哀)

それでも、明るいところや、パソコンのモニター画面については問題なく読めていたのですが、最近は画面も少し霞むような・・・

(・_・;)

その都度、画面の明るさを増してきたのですが、いまではそれも最大の設定となりました。

こうなったら、シニアグラス(最近は老眼鏡とは言わないwww)か?
いや、待て待て・・・それはちょっと抵抗あり(妙なプライド)

ちょっとメガネ(近眼用)を鼻の前にずらしてみたり・・

そんなことをしているうちに、気付きました。
クリアに見える時と、そうでない時がある。

どうやら、見え方にも波があるようですが、なんでだろう?

飲み過ぎた翌日がよく見えない?
というわけでもなさそうです。

自分の目ながら、不思議でありますな。

ただ、どうも体調によって見え方が異なるのは間違いがないように感じられますので、ちょっとその辺り掘り下げて、自分の体で色々と試してみようと思ってます。

えっ 無駄な抵抗だって??

い~んです。
どこまで抵抗できるか・・ やれるところまで、やりますよ~

|

« 欠点がありませんように | トップページ | 一番怖いもの »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

初期症状の一般的挙動ですね、経験から言うと。 寝床に横になって本なんか読んで無いでしょうね?確実に進行を早めますよ。PCの画面を長時間見るのも良くないですね。
しかし、良くなることはありませんので、諦めて早めに老眼鏡、じゃなかった、シニアグラスを買われた方が・・・・・。
楽ですよ!!

投稿: OYA-G | 2014年1月16日 (木) 10:49

こんにちは

わたしは、所謂シニアグラスに40代半ばからお世話になっています。

仕事柄、ディスプレィを見る時間が長いので、どうも早く老眼になったようです。

メガネ店でレンズをあつらえた時に、少し乱視が入ってますねと言われました。視力自体は、若いころと比べて特に落ちていないのですが、遠くのものが霞む時があるのはどうやら乱視の性らしいです。

シニアグラスをかけると、老眼が進むというのは嘘かなと思ってます。ただ、加齢が影響するだけだと。

一昨年、シニアグラスは新調しました。少し進んだ老眼に合わせました。でも、疲れていたりすると、とたんに手元が霞みますし、暗いとだめですね。

日常生活では、シニアグラスはほとんど遊んでますが、木工で墨を付けるとか、電子工作で半田付けをする、長時間パソコンで作業するときは、それがないと困るようになりました。

まあ、還暦も近くなってきましたし、諦めることにしてますけど、やせ我慢して本は裸眼で読んでます。

栗原さんの抵抗が無駄になりませんように。

P.S.
正月の2日に、沢見のロイヤルホストにいらっしゃいませんでしたか。

娘と、家内、その母の4人で、座っていた前の席に、ご夫婦とその息子さんという取り合わせ座っておられた方が、栗原さんに良く似ていらしたのですが??

投稿: 宮下 一万太 | 2014年1月16日 (木) 11:52

OYA-Gさん、
どきっ!!
やってました、寝床の読書。
ううむ、ひょっとしてこれが原因だったのでしょうか。

試しに、昨日は寝床読書をやめてみたのですが、今日は快調、よく見えてます。

シニアグラス・・
そうですよね、買ったほうが楽なのでしょうが、もうちょっと抵抗してみます。
(^^)

投稿: 栗原@simple | 2014年1月17日 (金) 11:06

宮下さん
私もなんだかんだとモニター画面を見ることが多いので、それがいけないのかもしれませんね。

まあ、それでもモニターや新聞は何とか読めているので大丈夫なんですが、肝心の木工で墨線がめっきり見えなくなったのが問題です。

今は、クリップ式のグラスをメガネに取り付けて凌いでいますが、これも度々フラップを上げたり下げたりしなければならないので、面倒で、しかも、シニアグラスよりもはるかにかっこ悪い (-_-;)

どうしようと思いつつも、まだ抵抗を続けています。


ところで、ロイヤルホストのこと。
やはり宮下さんでしたか!

実は私もひょっとしてと思っていたのですが、確信が持てず、お声をかけないまま失礼いたしました。

その時できなかった新年のご挨拶を改めて・・
今年もよろしくお願いします。

投稿: 栗原@simple | 2014年1月17日 (金) 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欠点がありませんように | トップページ | 一番怖いもの »