« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

危うい空地

隣家が解体されて空地になってます。
ここに、今日、配達のトラックが入ってきました。

弊工房は路地の奥へ10メートルほど入らなければならないのですが、空き地に止めれば入り口はすぐそこなので、それで入ってきたのでしょう。

ところが・・・

この空地はちょっとクセモノなのであります。

地盤が弱いところがあり、そこに砂を入れて平らにはしているのですが、踏むとズブズブと足が埋まってしまう。
私の息子も含めて、何人かがこの罠にハマったものでございます。

で、ここにトラックが入ってきたので、ひとたまりもありません。
前輪が完全に埋まり込み、立ち往生。


ありゃ~

材を持ってきてくれたトラックなので、ちょっと私も責任の一端を感じ、タイヤにかます材木などを提供したりしたのですが、出ず。

もがくほどに、さらに埋まり込んでいく最悪の事態となりました。


トラックなんで、人力で押しても全くダメ。

結局、運送会社の別のトラックに救援に来てもらい、牽引して脱出しましたが、雨の中ヒヤヒヤした出来事でありました。


明日もまた材木のトラックが到着する予定となっていますので、立入禁止などの立て看板を立てるべきか?

隣の空地・・・うかつに踏み込むと危ういよ~
運転手さん、気をつけて・・・ 

読んでるわけ・・ないよね。


看板、つくろうかなあ?

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

一人工房のキモ

冬の雨は気が滅入りますね~

昨日は午前中から雨・・・そして、風。
おまけに、気温は低いし。

雨だけならまだいいのですが、風がふくと材が濡れないようにシートを被せたりしなければならず、雨に濡れながらのそれらの作業は、さながら修行僧のようでございます。

で、すっかり気持ちが萎えてしまい、制作意欲も減退。
プロのくせにそんなことじゃいかんのですが、このような時は気分を変えるために、あえて別作業をするのもひとつの解決策。

なので、来月制作する予定のアイテムについて、その木取りをすることにしました。

が、雨、雨・・風。


いや~

材が濡れないように急いで木を選び、工房に運び入れて一思案。
急いで・・と言っても、木取りは慎重にやらねばなりません。

あれこれ悩んでいるうちに、気分も変わり、製作意欲も戻ってきました。


一人作業の場合、その製作効率を高めるためには自身の気分のコントロールが大事なキモとなります。
なんせ、サボろうが寝ようが、温泉に行こうが・・・誰からも怒られませんものね♪

さて、今日も外は雨。
そして、気温はこの冬一番の寒さ。

ああ、このまま温泉に行きたい~


いやいや、それはいかん。
気分を高めるために、今日の昼食は鍋焼きうどんにしよう。


そうだ、それを楽しみに作業を始めるのだ!!


気分のコントロール。
一人工房で、最も大事な仕事であります。

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

湯たんぽフェチ

寒くなりましたね~

あの殺人的に暑かった夏が懐かしく思えるほど、人間とは現金なものですなぁ

さて、この時期の私にとっての必需品。
それは・・・


湯たんぽ

押し入れから引っ張り出してきました。


湯たんぽは、先の冬にホームセンターでふと目に止まり、試しに買ってみたのが始まりでした。
使ってみると、これがいい!!!

布団の中で、一番温まりにくいのが足先です。
さらに、年令を重ねるほどに末端冷え性とでも言えるような状態になったみたいで、どれほど毛布を追加しても足先が冷たく、それが快適な睡眠を妨げていたのであります。

厚めの靴下を履いても、イマイチ。

そんなとき、目にした湯たんぽ。
これが劇的に良かったんですよね~

湯たんぽは、ほんのり温かく、優しく足元を温めてくれます。
そして、朝起きた時、まだほんのりとしたぬくもりが残っており、このほんのり感がたまらなくいい♪
(湯たんぽフェチ)

ぐっすり快眠できて、今日も元気。
冬場の我が工房は、湯たんぽが支えていると言っても過言ではありません。

足元寒さでお悩みの皆様・・
是非お試しくださいませ。

| | コメント (2)

2013年11月26日 (火)

恒例

さて、月末恒例の発送業務。

今からダンボールと新聞紙とプチプチとガムテープと戯れてきます。

という訳で、今日はそんなとこ・・

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

喪失感

先日のことです・・
近所で火事がありました。

高齢のご夫婦が室内で見つかり、救出されて病院に搬送されたのですが、甲斐なく亡くなられた由。

その時、私は所要で不在であったため、近所の騒ぎは全く知らず、帰宅後のニュースで知るところとなりました。
亡くなられたのはYさんというご夫婦。
消火の模様の映像が流れましたが、どこかで見たような・・・どこだったかな?

翌日の新聞。
戸畑区で火事があり、Yさんご夫妻が亡くなられた・・・
Yさんは○○町で材木屋を営んでおり・・・・

・・・・

・・・・

材木屋!

Yさん!

・・・・

Y材木店・・・ まさか!

あわてて確認に行ったところ、そこには間違いなく、半焼状態の建屋が残されていました。

なんということ。。。


Y材木店は建材屋さんです。
なので、家具用材として材木を求めることはありませんでしたが、開業当初、工房内の諸々の造作をするために杉や檜の角材を融通してもらうなど、当時ずいぶんお世話になったものです。

その後も、定期的にシナベニアを買いに行っており、そのうち顔も覚えてもらって、行けば世間話などを立ち話程度に交わす関係が10年ほども続いていました。

ご夫婦で経営している材木店で、親父さんも、おかみさんもとても親切・・
家具作ってるんやね~ など、我が工房にも興味を持ってくれていました。


その後、シナベニアも仕入先を変えたため、ここ一年ほどはご無沙汰でしたが、たまには顔を出してみようかなあ・・などと思っていたところでした。

ご夫妻とも高齢ではありましたが、親父さんは足腰も強く、ベニヤ数枚をひょいと持ち上げるほどで、おかみさんはその笑顔がとてもチャーミングでした。

出火の原因はわかりませんが、火は材木置場ではなく、母屋の住居部分から出たとのこと。
夕方のことで、眠っている時間帯ではなかったのですが・・・理由はわかりませんが、逃げ出すことはができなかったのでしょう。

今この記事を書きながら、なんとも言えない喪失感を感じています。

Yさん、今までありがとうございました。
安らかにおねむりください。

合掌

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

チェリーのダイニングテーブル

新作のご紹介

20131106_018


チェリーのダイニングテーブルです。

お近くにお住まいのお客様で、工房にお出でいただき、打ち合わせを行いました。

木工に詳しい方で、いろいろと専門的なご質問もいただきました。
お客さんに木や構造のことを詳しく説明する機会はなかなかありませんので、私としてもここぞとばかりにご説明をいたしました。

やはり、自分の手がけているもろもろのことを聞いていただけるのは嬉しいですね。
普段は客商売の営業目線を心がけていますが、この時ばかりは思わず技術者目線になってしまいました。
(昔を思い出しましたわよ)

20131106_026


デザインは四本脚のオーソドックスなものですが、脚や天板の面取り、また、ちょっとカーブした幕板など、細かいところにこだわりが満載されています。

神は細部に宿る・・・・のです。

20131106_041


素材はチェリー
木取りの時はお客様においでいただき、一緒に材料選定をしました。
このような機会はなかなか無く、お近くであるからこそできるイベントです。

20131107_008


そして完成。
無事納めることができました。

20131107_005


和室に設置。
畳や、曲げ木の椅子ともよくマッチして、昭和モダンのようなちょっと懐かしい雰囲気。

素敵でした♪


お届け先 福岡県

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

いなば ツナとタイカレー

カレー好きです。
週に一度は必ずカレー風味のものを食べてます。

自分でも作りますし(ルーを使うので、作るというほどではありませんが・・) 美味しい店があればわざわざ出かけていくこともあります。

先日は、材木を仕入れるために大川市まで行ったのですが、その時の昼食はカレー。
美味しいインドカレー屋があるんですよ♪


とまあ、カレーLoveな私ですが、なかなか食べられなかったカレーがあります。
それは、グリーンカレー。

その昔、東南アジア行きのシンガポール航空の機内食で出されたものが初体験で、ターメリックを使った普通のカレーとは違う、なんとも言えないスパイシーと言うか、エスニックというか、そのような香りと味に目を見張ったものです。

機内食で感動する安上がりな男です・・

その後、この機内食が楽しみだったのですが、退社して出張の機会もなくなってから、このグリーンカレーにありつくことができなくなりました。

巷のカレー屋でも、グリーンカレーを供する店は極めて少なく、あってもなんか違う。
あの独特の香りと、そしてこれが肝心なのですが、どこかチープな感じ漂う東南アジア庶民の味・・という感じがないのですなぁ

悶々とした日々を送っていたのですが、見つけましたflair

649a448c0d21fbdbb57f95197c85ff46


いなば ツナとタイカレー(グリーン)

ふとしたきっかけでネットで見つけ、近くのコンビニで購入。
湯煎してご飯の上にかけると・・・

うまい (*゚∀゚)

これこれ、この味。
香りが控えめなのがちょっと残念ですが、このチープ感漂う味はまさにあの機内食カレーを彷彿とさせます。

値段も100円ほど。
この値段で、この味は・・買いです。

これをベースに、季節の野菜などをトッピングすると更に良い感じになるだろうな~
と、妄想を働かせながらうっとりとしているのであります。


ちなみに、このシリーズ、レッドカレーもあるそうで、こちらも是非試してみたいところです。

いなば ツナとタイカレー。
お勧めです。

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

食の偽装が問題になっていますが・・

脂肪を注入した肉があるそうで、こうすると普通の赤身の肉が霜降り肉のようになり、また、臭みや固さもなくなって食感がはるかに向上するそうです。

すわ、偽装・・という感じがしますが、しかしこれは普通の肉をできるだけ美味しく食べてもらおうという、食肉業者の創意工夫から生み出された技術だということで、それ自体は悪いことではない。

ただ、問題は、客に提供する側がそれを霜降り肉と偽ったことであって、注入技術そのものが悪いわけではない・・

というような記事が、朝刊に載っていました。


と、なぜこのようなことを書いているのかというと、似たようなことが家具業界でも行われている・・いや、正確に言うと行われているのを見たことがある・・からです。

木はそれぞれ固有の色を持っていますが、着色を施すと風合いがガラリと変わり、地色のままではパッとしない木がとても素晴らしい表情に変わったりします。

なので、着色とは、それを施すことによって木の魅力を引き出そうという技術であって、それ自体もちろん悪いことではありません。

ただ、問題なのは、着色をすることで木の種別が分かりにくくなるのを利用して、それをあたかも別の木(有名木)であるように表示していることがままあることです。

これは、脂肪注入肉を霜降り肉と表示することと本質的に同じで、偽装と言われてもしかたのないことだと思います。

これを含め、家具業界は昔からおかしな風習、習慣があり、例えば、○○さくら・・というように、さくらと称される木が結構あります。
産地も種別も属腫も全く違うのに、なんとなく風合いが似ているというだけで、○○さくら との愛称がつき、そのうち「さくら」という名前だけが一人歩きをする・・・

お客さんが見ると、さくら と書かれていると、それは桜だと思いますよね。
産地が東南アジアであっても(汗)

同様のことは、さくら 以外にも見受けられます(詳しくは申しませんが)


このようなこと、最近の事情は知りませんが(偽装めいたことには興味ありませんので) 少なくとも10年ほど前にはあちこちでよく見かけました。

家具の紛らわしい材種表記。
古来からの悪習のようなものだと思いますが、もし今でも同様のことがあるのであれば、早々に改善をしていくべきと指摘しておきます。


今着色をしているテーブルはホワイトオークで作りました。
ホワイトオークです。
楢(ナラ)・・・では、ありません。

| | コメント (2)

2013年11月19日 (火)

日頃の行いは?

納品に行ってきました。
納品先は・・マンション。

マンションは、車の駐停車や搬入路やエントランスの広さ、構造などなど・・搬入に支障がある場合が多いのですが、幸いな事にこのマンションはいずれも条件がよく、問題なく搬入できます。

問題なく・・・そう、他に問題がなければ(汗)


昨日は夕方から小雨となり、さらにだんだん風が強くなってきました。
車を走らせながら、このままひどくならないことを願っていました。


ところが、マンション玄関に到着した瞬間に雨。
そして、激しい風。

・・・・・あちゃちゃ

エントランスに台車を置いて、その上に傷防止のバスタオルを引いて・・・
が、それが飛ばされてしまいます。

雨は小降りになってきたのですが、風は収まらず。

むむむむ

苦肉の策として、バスタオルの上に重石となる木片をおき、飛ばないようにします。
そして、車から家具(机)をおろし、台車の上まで運んできて、机を片手に持ち替え、もう片方の手で木片を取り除き、それらを同時にやりながら、他の人が見たら全く意味不明の姿勢を取りながら何とか台車に移し替えました。

と、それが終わると同時に激しい雨、そして、風。

危機一髪でありました。

やはり、日頃の行いが良いので、うまく行ったのでしょう。
イヒヒヒ♪


無事お部屋に運び入れ、さて帰ろう。

エントランスを出ると・・雨もなく、風もそよとも吹かず、極めておだやか。
わずか10分の間に・・・

日頃の行いが・・・・(滝汗)

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

グダグダの会

昨日は昼間から飲み会でした。

会社員時代の友人からのお誘いで、昼間から彼の家に当時の仲間が集まり、飲みながらグダグダとくだを巻くという、まあ実に非生産的な会であります。

昼間から酒を飲むなんて、正月でもないのに不謹慎なことですが、年に二回ほどのことですので大目に見てくださいませ・・・


まあしかし、気の置けない仲間と他愛もない話をしながらゆるゆると過ごすのもなかなか良いもので、ここのところいろいろなことが続いて溜まりに溜まっていたストレスが融けていくようなカタルシスを感じました。

会社の中も、相変わらず大変そう・・・
皆、様々なことを考えながら頑張っているのですなぁ。

次回の開催は・・・半年後か??

それを楽しみに、また頑張るとしましょう。

さてと・・まずは図面を仕上げなければ (^_^;)

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

丸い 白いこども椅子

先日お届けした丸いこども椅子、お客様から写真をいただきましたのでご紹介します。

Img_3059


Img_3075


白く着色したこども椅子です。

他の家具やフローリングとよくマッチして、とても素敵ですね。

ところで、お兄ちゃんは運転手??
ご兄妹、いつまでも仲良くしてくださいね (^^)


参考ページ 木工房シンプル 丸いこども椅子

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

蜜蝋ワックス

セールス電話はいつものことですが、それにもまして、セールスメールもしょっちゅう来ます。
そのほとんどが木工とは何の関係もない、ワケノワカランものばかりですが、ご~くたまに、これは? と思うような面白いものもあったりしますね。

先日、蜜蝋ワックスのセールスメールをもらいました。

蜜蝋は、蜂の巣から採られる天然のワックスで、自然派志向の人に人気がありますね。
ちなみに、私は特に自然派志向ではないのですが、蜜蝋は香りもよく、使いやすいので愛用しています。

ちょっと脱線しますが・・・
10年ほど前の住宅環境基準の改正時、随分と自然派という言葉が建築、木工界に蔓延したことがあります。

環境基準は、主にホルムアルデヒドに関するもので、当時問題になっていたシックハウス症候群対策のために設けられたものでした。

当時、マスコミ等に随分取り上げられたので、化学物質や化学製品に対する風当たりが強くなり、塗料や接着剤などに含まれる物質の中にわずかでも化学成分が含まれていると、即、悪 と決めつけられるような風潮があり、苦労しました。

その風潮に乗じて、様々なメーカーから自然派を謳う商品が多数発売され、自然オイルだの、天然ワックスだの、○○基準をクリアだの・・・それはそれはたくさんの文言が並び、一体何がどのように違うのか? ワケノワカラン混沌とした状況がしばらく続きました。

このため、あちこちから成分表を取り寄せ、いろいろと調べてみると・・・
いや、詳しくは申しませんが・・・・ 最近話題になっている食物偽装のような状況・・・ということでお察しくださいませ。


話を戻して・・・
蜜蝋ワックスのセールスメールですが・・・

紹介されていたHPを見たところ、これがよくわかりません??

製品の写真が載っており、しかも、安い。
そして、なんと量り売りにも対応してもらえるとのことで、これは画期的だぞ。

しかし、写真だけで、説明が全くないのですね。
どのような特徴があるのか、どのように作られているのか、そして、成分は何なのか?

もちろん、天然の蜜蝋であるには違いないでしょうが、溶剤などが添加されているのか、いないのか?

う~ん。

セールスするなら、そのあたりもうちょっときちんと書いていないとね、
と思う反面、これほど商売っ気がない、そっけないサイトならば、逆に信用できるのでは?

などと、疑心暗鬼に捕らわれております。

まずは成分表を取り寄せて・・・
って、あるのかいな? そんなもん。

(-_-;) う~ん

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

仏壇のこと

仏壇のことです。

二ヶ月前にお袋を亡くしてから、仏壇の守りをすることになりました。
毎朝お線香を上げて手を合わせるのが日課となりましたが、やってみるとなかなか良いものですね。

不思議と、その日一日を過ごす活力が生まれてくるような気がしますな。


さて、仏壇の事ですが・・・
これは一体いつから我が家にあるのか?

物心ついた時はすでにありましたから、少なくとも45年以上は経っています。
当時は曾祖父さんがおり、その後は曾祖母さん、それから私の両親を経て、今私が守をしているわけです。

当然のごとく、あちこち傷んでいます。
怖くて、扉の開閉ができないくらい・・・

先日、ご本尊である阿弥陀如来の掛け軸を掃除しようとしたら、突然剥がれ落ちて、ドキリとしました。
怖くて、不用意に触れません。

仏壇は、あちこちに透かし彫りが入った、仏壇としては一般的な造作ですが、扉や引き出しの建て付けなど、家具屋目線で見るとなかなか面白いところも多々あります。

一度機会を見つけて分解修理でもしようと思っているのですが、なかなか・・時間がとれませんナ。


ところで、仏壇といえば、新たに作ってくれというご要望も時々いただき、来月もひとつ製作する予定なのですが、仏壇は決まった様式があるようであり、無いようであり、今ひとつ判然としません。
仏壇屋さんに聞けばよいのでしょうが・・・

で、参考になるのは我が家の仏壇。

ここはどうなっているのか? と、懐中電灯で覗き見たりするのですが(怪しい) 不用意に触れると、親鸞の掛け軸がポロリ (@_@。

不用意に触れない。
緊張する仏壇でございます。

その中で、父母の写真が仲良く微笑んで並んでおります。
そのうち、修理するからネ♪

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

木工の季節

寒くなりましたが、木工にとってはちょうどよい気温です。
木の動きが緩慢になり、また、接着剤の乾燥時間も程よくなるので、材料の保管状態や板接ぎなどの気を遣う作業も比較的ゆっくりと、余裕をもって行うことができます。

塗料の乾燥もゆっくりになるので、塗装もやりやすい。
ちなみに、塗料はゆっくり乾燥させるほうが、心持ち仕上がりの品質が良いような気も??

ちょっと寒いけれど、ちょっと厚手のトレーナーなどを羽織れば問題なし。
ストーブを点けるほどではありません。

湿度も低く・・ああ、こんな日が一年中続いてくれないかなぁ・・・

そうなると、製作効率はきっと1.5倍ほどにもなって、利益ももうちょっと上がって、左うちわでウハハハハ なんてことに・・・・なるはずないわね。


ちなみに、これ以上気温が下がると、今度はすべてのスピードが遅くなりすぎて、それはそれで問題。

貴重な晩秋から初冬のこの時期。
有効に使いましょう。

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

(ΦωΦ)

隣家が解体されて更地になっています。
我が工房は表通りから奥に入り込んでおり、周囲を家に囲まれて薄暗い環境だったのですが、この左横の隣家解体で明るくなりました。

それはいいのですが、困った問題が・・・

ネコ  cat

隣家は2年ほど無人状態で、ここが猫達のねぐらとなっていました。
また、困ったことに夜陰に乗じて餌をやっている人がいるらしく、10匹ほどが住みついていたわけです。

全く、餌をやるなら自宅で飼うか、もしくは自分の家の前を餌場にしてくれればよいのに・・・


このような状態で二年ほどが過ぎたわけですが、この度の解体で猫屋敷が無くなってしまいました。
これで、猫達も何処かへ行くだろう・・・ と思っていたのですが・・・

どこかへ行った先が、どうやら我が工房の材木置場 (*_*;

まあ、以前からちょくちょくこちらへも来ていたのですが、その頻度が多くなったような・・・


今はまだ糞被害などは起こっていませんが、今後どうなることやら?
いまからは、このネコ対策も考えていかねばなりません。


ったく、年末に向けての多忙な時期に、またひとつ悩ましい問題がおきました。


どなたか・・・よい対策をご存じないでしょうか???

(ΦωΦ)

| | コメント (2)

2013年11月 9日 (土)

栗久里

先日、お客様からおみやげに頂いたお菓子があまりに美味しかったのでご紹介。

栗久里

Odmxm2u0ntrizgmz


羊羹のように見えますが、栗きんとんです。

栗きんとんなんて、正月のおせちくらいでしか食べる機会はありませんし、また、食べたとしてもあの甘さのために、そうそうたくさん食べられるもんじゃないですよね。

それがこの栗久里は・・・美味しい。

甘さは栗そのものの感じで、ちょっと砂糖が加えられているようですが、自然な甘さが絶妙。
歯ざわりは、きんとん特有のネットリした感じではなく、栗のホクホクさ加減をほどよく残しており、お茶うけとしては最適です。

宮崎の銘菓だそうで、能書きを見ると、高千穂・日之影産の栗を100%使用しているとのことです。


あまりに美味しいので、手に入れようとネットを探してみると・・
ありました・・楽天で一軒だけ扱っている店が。

(^^)


早速アクセスしてみると。

売り切れ

3~4ヶ月待ち

(>_<)


ああ、みな美味しい物は知ってるのね。


仕方がない、いただいたおみやげはまだ半分ほど残っているので、これをちびちびと食べていくことにしましょう。

秋の味覚、栗。
お菓子で堪能しています♪

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

チェリーの学習机

新作ではありませんが、先日お届けした作品のご紹介。

20131106_043


チェリーの学習机セットです。

4年前にお姉ちゃん用に・・
そして2年前にお兄ちゃん用に・・・
そして、この度、来年から小学生になる弟君用にお誂えをさせていただきました。

同じ材種、同じデザインで3セット。
まことにありがとうございます。

20131106_042


お届けに伺った日は、ちょうど来年一年生になるみんなの健康診断などがあった日でした。
学校に行って、気分が高揚していた時に届いた机ですので、弟君の喜びもまたひとしおだったように思います。

まだまだ勉強道具も教科書もありませんが、紛れも無く自分の城。
来年から勉強頑張ってね。

脱ゆとり世代の先駆者!
将来の日本を支えるために ガンバレ~  \(^o^)/

| | コメント (0)

2013年11月 7日 (木)

ウォールナット上がる

ウォールナットが値上がりしています。
まあ、ウォールナットに限らず、外材については円安の影響を受けて値が上がっているのですが、特にウォールナットの値上がりが顕著で、頭の痛いことでありますなぁ・・

(*_*;

ちなみに、外材価格というもの、円高の時には下がる気配はそよともないのに、円安になった途端に上昇するという、非常に腹立たしい価格推移を見せる厄介者ですが、四の五の文句を言ってみても所詮はごまめの歯ぎしりに過ぎません(無力感)

さて、話を戻してウォールナットなのですが、どういうわけかここのところ需要が膨れ上がっているらしく、需要過多になると値が上がるという極めて健全な市場原理が働いているとの由・・・

そう言えば、私の工房もここのところウォールナットでの問い合わせが増えており、何やらそのようなムーブメントでも起こっているのかなと首を傾げている次第です。

まったく、家具屋のくせに、このようなトレンドにはとんと疎いのでございます。


ともあれ、ウォールナット。
仕入れなければなりません。

で、昨日は木工家仲間で極秘の会合(密談)を近くの高級料理屋(居酒屋とも言う・・)でヒソヒソと交わし、共同購入などの策を弄しているところであります。


だんだん厳しくなる木材事情・・・
これからは樹種を広げる、あるいは絞るなどの策を早めにうっていく必要がありそうです。

価格転嫁(値上げ)は最終手段。
零細事業は、零細なりに頑張りますよ~

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

白いこども椅子

新作のご紹介。
・・・と言っても、我が工房ダントツのベスト&ロングセラーである、丸いこども椅子です。

20131030_002


その椅子を、白く着色しました。
別に珍しくないように思われるかもしれませんが、いえいえ、

この椅子はかれこれ9年ほども作り続けていますが、いままで着色したことは一度もなく、これが初めての事なのです。

考えてみると、驚くべきことです。

別に着色を忌避していたわけでもなく、ただ単純に着色のご依頼がなかったというだけのことなのですが、このような子供用のアイテムにおいて着色のご依頼がなかったというのも珍しいことです。

子供用以外の家具ではときどき着色もしているんですけどね・・


という訳で、当アイテム初めての着色。
しかも・・白。

・・・・(^_^;)

同じ着色でも、白は少々難しいのです。
色のノリ具合、色ムラなどなど・・・ 濃色よりもはるかに気を使わなければならず、結構大変。

以前に白を手がけたのははるか昔のことなので、そのノウハウも忘れてる(汗)
サンプルを作りながらの製作となりました。

木目を潰してしまわないようにしながらも、薄すぎてもダメ。
その按配が微妙です。


20131030_004


悪戦苦闘しましたが、無事完成。
最終仕上げは、その白さを活かすために無色のウレタンを採用しました。

完成品を眺めてみると、おお、なかなかいいじゃないですか(自画自賛)
天然木の色合いももちろん素晴らしいですが、着色を施すと、また独特の質感が味わえますね。

このように、着色も承っていますので、ご希望の方はぜひお問い合せください。


関連HP →丸いこども椅子

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

楽天 日本一おめでとう

楽天が日本一になりました。
いや~面白い日本シリーズでしたね。

不敗神話の田中が敗れて、これで流れは一気に巨人へ行くのか?
と思っていたのですが、小兵の美馬が踏ん張り、打線はレギュラーシーズンと変わらず一つ一つに気迫のこもった展開で、立ち上がりの悪い杉内を早い回で攻略出来たのがよかったですね。

中継ぎは則本。
そして、押さえは連投の田中と・・これまた最高に盛り上がる、そして泣かせる展開で、星野流の采配が存分に発揮された試合でした。

また、相手が王者巨人で、それも最終戦までもつれ込み、舞台がKスタ宮城とくれば、これ以上はないお膳立てで、両チームのファンならずとも興奮する、目が離せない試合であったことは誰もが感じたことでしょう。

そして、巨人には申し訳ありませんが、やはり判官贔屓的なところと、また、ホークスと同じパ・リーグということで、やはり今年は楽天に勝ってもらいたかった。
そう思いながら、熱戦を見守ったのでした。

直後の星野監督のインタビューは、その興奮と熱気がダイレクトに伝わってくるようでした。
チームとして、そして監督として初めての日本一に、心からおめでとうと申し上げます。


さて・・・これで、今年は終わり。
来年は・・・そう、来年はもちろん ホークスの年だわね!

楽天さん、悪いけど、来年は勝たせてもらいますわよ ホホホホ
(ホント、頑張れよ、ホークス)


余話ながら・・
楽天優勝セールが始まっており、これを機に金具など買っちゃおうかと思っていたのですが、そのあたりのアイテムは通常価格ばかり。

(-_-;)

家具金物業界・・冷静です(汗)

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

いつものことながら

世間は三連休らしいですが、まあ、いつものことながら工房の穴熊でございます。

(-_-;)

ただ、今日は雨!
予定していた塗装は・・・延期だなぁ。

で、今日は小物を進めるのと、放置しっぱなしのHPをメンテすることとしましょう。
ああ、今日も肩が凝りそうです トホホ

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

九州電力の保安の方さん

最近無いなぁ~ と思っていたら、久しぶりにかかってきました。
怪しい勧誘電話。

「お世話になります、九州電力の検針を担当している保安の方からお電話しているのですが・・」

?? 九州電力さんですか?

「九州電力の保安の方を担当しています」

では、九州電力保安の方さんですか?

「お世話になります」

どのようなご用件で?

「実は、来週火曜日からそちらのエリアを担当者が回ることになっていまして・・」

では、九州電力の保安の方さんから担当者が見えるのですね・・

「それでですね・・・・」

あっ、そのまえに、九州電力保安の方さんの住所と、担当者の名前、電話番号を教えて下さい。

「・・・あっ ではまた、改めてお電話します」

ハイハイ、どうも♪


これで何度目でしょうか?
電力が安くなるということで、高額の電力メーターを売りつけるという、全国的に有名な怪しげ商法。

九州電力の方・・と名乗るもの同じ手口で、九電の名前を出すと相手が信用すると思っているあたり、全く進歩していませんね。

迷惑な勧誘電話ですが、たまに来ると刺激があって愉快ですな。
ちょうどブログのネタに困っていたところでしたので、助かりました。

九州電力の保安の方さん、ありがとう。
また3ヶ月後くらいにお電話くださいませ。


| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »