« 二世帯ラック | トップページ | 解体進む »

2013年10月25日 (金)

こどもとスマホ

先日納品へ行った時、お客様との雑談で、話題はこどもとスマホの話になりました。

今、子どもたちの間でスマホ依存症が急速に広がっている模様で、こどもを持つ親の身としてはまさに他人事ではなく、正面から向き合わなければならない頭の痛い問題です。

問題になっているのはSNSで、その中でも特にLINEの影響が深刻なのだそうです。

だそうです・・・と言うのは、私がスマホを持ってないのでよく分からないためなのですが・・・
LINEとは、つまりはグループ間で行うチャットのようなもので、表示されるメッセージを読むと、既読という表示がされるらしい・・・

なので、自分のメッセージを相手が読んだかどうかがその場ですぐ分かるため、それに対する返信がないと、自分が無視されたような感覚になり、それが疑心を産み、仲間はずれやいじめなどの問題に発展することがあるらしい・・・

それで、返信が返信を生む果てしない連鎖となり、いつしか四六時中スマホが手放せない体質になってしまうのですな。

厄介なことで・・・


そういえば先日のこと・・・
デパートのエレベーターに乗ったら、私以外の人(7人くらいだった)は、全てスマホをいじってました。

大人ばかりだったのに、この光景。
しかし、このような光景もいつしか当たり前になってしまいましたね。

大人でもこうなので、ましてやこどものこと・・・
学校などの現実の世界で、人と人とのぶつかり合いの中で強固なコミュニケーション能力を築きあげなければならないのが小中高の時期であるはずなのに、その能力が未熟な時にネット空間という仮想世界に入り込んでしまうと、そりゃいびつな事になりますよ。

頭がいたいことで・・・

ちょっと前は、いつ子供にゲーム機を与えるかで頭を抱えていましたが、スマホ問題はそれよりもはるかに大きな難問となって親の前に立ちはだかっているようです。

ゲームは自分一人の世界で済みますが、スマホは他とつながるだけに問題の深刻度は桁違い。

いや、しかし・・・
最近ではゲーム機にも通信機能が装備されているため、問題の根っこはスマホと同等になっている模様。


知らぬは・・親ばかり(汗)

スマホ問題。
現代において避けては通れない問題です。

さて・・・どうしたものかなぁ~

|

« 二世帯ラック | トップページ | 解体進む »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

 以前に子どもの机などを作っていただいた者です。
 その娘も中学生となり、周囲は半分以上が携帯を持っていて、ラインで時間を決めて(夜9時に集合など)チャットを楽しんでいるようです。(夜中の12時頃までやっているとか)
 娘の仲良しも持っているので、せめて携帯が無理なら、ipodを買ってほしい(ラインをインストールできる)とせがまれています。
 が、買うつもりはありません。
 車の運転免許も持たない人に、運転させるようなものだと、警察の保護者講演会で聞いたからでもあります。
 車の運転免許を持っている人でも事故を起こすのに、(店員が冷蔵庫に入っている自分の姿を撮影し、SNSに投稿するなど)ましてや、運転免許ももたない人に運転などさせたらどうなるか。
 分かりすぎているからです。
 ラインができなければ友達でないのなら、それはそれで仕方がないでしょう。
 親の良識が問われる時代になりましたね。

投稿: シナモン | 2013年10月26日 (土) 08:24

シナモンさん
ご無沙汰しております、コメントありがとうございます。

車の運転免許を持たない人に、運転させるようなものだ・・

なるほど! 明快な例えですね。
小中高時代は、集団の中で人を傷つけたり、あるいは傷つけられたりしながら、たくましい人格と個性を身につけていく貴重な時だと思います。

その時に、なんともったいない! と思うのですが・・・

私の息子たち(共に高校生)も未だにスマホを持っていませんが、もはや絶滅危惧種の希少生物のような感があります。

今では、部活の連絡もLINEで行われている模様で、リアルタイムで情報が届かず苦労しているようですが、それでも、無ければ無いなりに工夫して、それなりに楽しくやってますので、それでいいと私も思っています。

まずはリアルなコミュニケーションができること。
その上で、スマホはあくまでも道具。
補助ツールとして文字通りスマートに使っていきたいものですね。

与えない親の覚悟。
共に孤塁を守っていきましょう。

投稿: 栗原@simple | 2013年10月26日 (土) 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二世帯ラック | トップページ | 解体進む »