« おかしいぞ、こいつ | トップページ | チェリーのキッチンカウンター もしくは キャビネット »

2013年10月 1日 (火)

白い巨塔 巨星墜つ

山崎豊子さんが亡くなりました。

言うまでもなく、社会派作家の大御所で、白い巨塔、沈まぬ太陽、不毛地帯、華麗なる一族などなど、数多くの長編小説を著してきた作家です。

組織や世にはびこる暗部から目をそらさず、時に暴走か?とも思える筆致で描く世界は、もちろんエンターテーメントとしても素晴らしいのですが、同時に様々なことを考えさせられ、特有の読後感を感じたものでした。

重いテーマを扱いつつも文体は平易で、ことさら凝った表現や修飾過多などもないため、読みやすいのがありがたかったなぁ。
おかげで、寝不足になってしまったことも多々ありましたが・・

作品は多数映像化もされました。
その中でも、やはり白い巨塔の田宮二郎版は圧巻で、あの鬼気迫るような演技と相まって、ドラマの世界にどっぷりと引き込まれたことを覚えています。

余談ながら、田宮二郎は白い巨塔の撮影終了後に猟銃自殺を遂げるのですが、これは華麗なる一族で主人公がやはり猟銃を使って自らの命を断つというくだりが影響を与えたのではないかと言われています。


ところで、本日の新聞によると、新たな連載小説を執筆中だったとの由・・
それが絶筆になってしまったのが惜しまれます。

ただ、幸いな事に氏の作品は比較的多く、まだまだ読んでいない作品も多数ありますので、これから折りにふれ楽しんでいこうと思っています。

ご冥福をお祈りします。

|

« おかしいぞ、こいつ | トップページ | チェリーのキッチンカウンター もしくは キャビネット »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかしいぞ、こいつ | トップページ | チェリーのキッチンカウンター もしくは キャビネット »