« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 九州電力の保安の方さん »

2013年10月31日 (木)

川上哲治と巨人軍

川上哲治氏が亡くなりました。
もうだいぶご高齢だったので、大往生といえるのかもしれませんが、やはり獏とした喪失感のようなものがありますね。

私にとっての川上といえば、現役時代ではなく、巨人軍の監督として、あの日本一9連覇を達成した川上監督として強烈に記憶されています。

物心ついて、野球に興味を持ち始めた頃はまさにジャイアンツ全盛期で、もちろんアイドルは王と長嶋です。
圧倒的なスーパースターに加え、V9を支えたいぶし銀のような選手が揃っており、チーム全体がそりゃ魅力的でした。

巨人も、今では東京のローカル球団のようになってしまって、こちら地方ではほとんど巨人戦の中継も無くなってしまいましたが、その当時は毎日ゴールデンタイムにやってましたよね。

漫画では巨人の星は言うまでもありませんが、その他にも侍ジャイアンツなど、実在の選手が登場する漫画も多く生まれ、巨人とともに小学校期を過ごしたような気がします。

余談ながら、漫画で巨人といえば、今では進撃の巨人のことですなぁ・・・
(読んでないけど)


話を戻して・・
あまり巨人が強いので、そうなるとアンチ巨人も生まれてきます。

学校でも、巨人派とアンチ巨人派に分かれて論争したことも楽しい思い出です。
でもね・・アンチ巨人派ほど、巨人に詳しいんですよね。
(私のことですわ・・・)


V9の翌年・・ セ・リーグ優勝を逃して川上は引退しました。
それからはほとんど表舞台に出てくることはなかったように思います。

引き際の見事さを感じた人物でありました。

川上の引退とともに、私の興味は少しずつ巨人から去り、そして、プロ野球からも去って行きました。

野球中継を見ることも、聞くこともなくなり、野球なしの生活がしばらく続いたものです。
それから数十年後・・・
南海ホークスが、ダイエーホークスと名を変え、福岡に来るまでは!

もちろん、今ではソフトバンクホークスファン。
レギュラーシーズンは、その勝敗に一喜一憂しているのであります。

そう、あの遠い日、巨人の勝敗に一喜一憂したように。


私の野球の原体験は、川上率いる常勝巨人軍の活躍にありました。
巨星 墜つ。

何かひとつのことが、終わったような気がします。

合掌

|

« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 九州電力の保安の方さん »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 九州電力の保安の方さん »