« 電動シェーバー | トップページ | スマホ騒動 »

2013年5月23日 (木)

洗濯機、その後

新しい洗濯機が来てから10日あまり、快適に洗濯しております。
脱水できるって、幸せ(*´∀`*)

我が家にとっては、四半世紀弱ぶりの洗濯機なのですが、やはり進化していますね。
洗濯機なんて、、特に従来型の洗濯機なんて、ただ洗濯槽を回すだけのことなのに、あれこれと工夫して細かな改良を加え、快適なものにしているのはやはり日本人ならでは・・ と感心してます。

特に感心するのは、水量の自動計算機能。
スイッチボタンを押すと、数秒何やら音がして、必要となる水量が表示される仕組み。

そして、それに合わせて液体洗剤を入れるのですが、これも専用の注入スロットがあり、そこを開いて入れればOK。

また、ごみ収集カートリッジもメンテナンスしやすい形になってるし・・
そして、なんといっても風呂の残り水を利用できるメリットは大きい。
節水 節水。


と・・・おそらくこれを読んでいる主婦の方(がいらっしゃるかはわかりませんが・・)にとっては、いまどき何を感心しているのか? などとお思いのことと拝察しますが、私にとっては20年以上ぶりに最新の洗濯機事情に触れたため、毎日が感動なのでございます。
(幸せな男ですな・・)


ただ、難点も・・・

とにかく、取扱説明書が読みにくい、そして、くどい。
わざと読みにくくしているんじゃないかと訝しくなるほどで、これ、お年寄りには絶対に理解不能だよ。

取説の分かりにくさについては、洗濯機にかぎらず家電業界全体に対してもう20年以上も前から指摘があり、これを改善するための業界的試みとして、マニュアルコンテストなるものも開催されていたのですが、その後、どうなったのかなぁ?

ちなみに、分かりにくさに拍車をかけているのが製造物責任法、通称PL法と呼ばれる法律で、これが制定されて以降、企業側の自己防衛が過剰に肥大化し、あらゆる禁止事項の羅列が増え、これが取説をさらに読みにくいものにしてしまいました。

この点は、今でも全く改善はされていないようです。
取説にもこれでもかというくらいの禁止事項が並び、それはステッカーにもなって洗濯機本体のあちこちにベタベタと貼られる始末。

素敵な工業デザインも、これで台無しです。


と、苦言も呈しましたが、しかし全体的な性能には十分満足しています。
毎日快適に洗濯しておりますよ~

でも・・

・・

あの、風乾燥・・は、いただけませんなぁ

|

« 電動シェーバー | トップページ | スマホ騒動 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電動シェーバー | トップページ | スマホ騒動 »