« 筍 | トップページ | 木工のコンビニ »

2013年4月25日 (木)

やっちゃった

あ~あ やっちゃった という話。

昨日のこと、アジャスターカッターを昇降盤にセットしていました。
これは溝をつくカッターで、二枚のチップソーを組み合わせて使う仕組みになっています。
チップソーの間に適当な厚みのスペーサーを取り付けることで、溝幅が3.9~7.2ミリまで調整できるすぐれものです。

これをセットして、固定ボルトを閉め込んでいるところでタイミング良く(悪く?)電話がなりました。

要件が終わり、電話を切って作業再開。
昇降盤のスイッチを入れたのですが・・・カッターが回転しない。
軸が空転するのみです。

(@_@)

しまった~   

原因は明らか、ボルトの固定が甘かったためのことです。
あわててスイッチを切りました。

しかし、本当の怖さはこれからです。
今までに何度か回転軸の空転を経験したことがあるのですが、スイッチを切ってもしばらくは軸の回転は収まりません。
この間に、何かのタイミングで軸の回転がチップソーに伝達され、突然回りだしたりすることもあるのです。

果たして・・今回も起こりました。
突然、チップソーが暴れるように回転をはじめました。
チップソーが一枚の場合であれば、たとえ回転が始まってもそのまま放置しておけばやがて回転は収まっていきますが、悪いことに、今回は2枚!

嫌な予感を感じていたところ、バチっという大きな音・・・
いや~

さらに、ピシっとか、カシャンとか・・
もうやめて~

止まってから確認してみると、やはり・・所々チップに欠けが入っておりました。

そうです、二枚のチップソーがそれぞれ勝手な速度で回転したため、お互いがぶつかり合い、チップを欠けさせてしまったという顛末デス。

がっかり。
だって、このカッター・・まだまだ新品同様でバリバリに切れていたのに。

はぁ~

思い返せば、あの電話・・
ボルトを締めているところでタイミング良くかかって来たので、焦ってボルトの締め込みが不十分だったんでしょうね。
その後確認すればよかったんですが、締め込んでいるという思い込みが仇となりました。

くそー あの電話。

えっ 誰からの電話だって?
間違い電話ですよ プンプン

間違い電話で数万円の損失・・・最悪の出来事でございました。

|

« 筍 | トップページ | 木工のコンビニ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筍 | トップページ | 木工のコンビニ »