« 便利なんだか 厄介なんだか | トップページ | 残念な桜 »

2013年3月30日 (土)

因果応報

ホームページ更新しました → 木工房シンプル

急いで、焦ってはいけない という話。

今日は良い天気になるようでしたので、花見をするために金曜日までに一段落させておこうと思ったんです。
それで、ちょっと急いで加工をしておりました。

仕上げの鉋がけをして、その後にサンディングをして組立へと進めていくのですが、サンディングは日が傾いてくると仕上がりがわかりにくくなりますので、なんとしても明るいうちにサンディングまでもって行きたいと思っていたのです。

各部の成形をして、工程は順調。
花見をするためなら、頑張っちゃいますよ~♪

そして、鉋がけ前に各部の面取り。
ここで・・・やっちまった。

ルーターで大きめの坊主面をとっていたのですが、削り終わりが木口になるという、切削工程で最も緊張するケースです。
木工をやっている方ならお分かりの通り、木口の面取りはその最終端に欠けが出やすくなるという問題があります。

なので、用心のために削り終りの部分にブロック片を固定して、角が欠けるのを防止したりします。
そうなんです、そうすべきでした。

しかし、急いで横着をしてしまったんですね~
このルータービットは、手持ちの中でも最も切れの良いビットで、以前も欠け防止処置なしで加工したこともあるのですが、ダウンカットで削れば全く問題はありませんでした。

なので、今回もそのように・・・・静かに角に刃を当て、ダウンカットで・・と思い、そろ~と当てたその瞬間!
パチッ という音とともに、見事に角が飛びました。

(・_・;)

いや、角だけではなく、おそらくはこの辺りにマイクロクラックや、木の繊維の微妙な断裂などがあったのでしょうか、角を含めて数センチほどが吹っ飛んで行きました。

ひゃ~

この茫然自失するような感覚は、木工人ならば分かっていただけることと思いますが、床にへたり込みそうになりました。

いや、へたり込んでいる場合ではい。
破片を探して、うまくすれば接着で修復出来ます。

目を皿のようにして探しました が ない。
おそらく、木っ端のようになって四散してしまったんでしょう。

さてどうする?
部材を取り直すことも考えましたが、このパーツは嵌合部品で相手パーツに現物合わせで作っているため、代替品の製作は極めて困難。

なので、欠けた部分を綺麗に削りとり、共材を接着して修復することとしました。
(共材は、木取りの時に出る端材です このような時のために捨てずにとっています)

で、接着剤の乾燥まで一晩養生しなければなりません。
この時点で、花見の計画は崩れ去りました  ああああ

そんなわけで、快晴の空の下、薄暗い工房で今日も作業に励んでいる次第です。


急いで、焦ってはならない。
もちろん、横着なんて論外・・・わかってるんだけどね~
わかったつもりだったんだよね~

因果応報というお話でした。

|

« 便利なんだか 厄介なんだか | トップページ | 残念な桜 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便利なんだか 厄介なんだか | トップページ | 残念な桜 »