« 灯油をどうする? | トップページ | スッキリ »

2013年3月11日 (月)

あれから2年

あの日から丸二年となりました。
ここ一週間は、各放送局とも震災絡みのドキュメントなどが連日放映されており、それらを見るに連れあの日のことが鮮明に思い出されます。

3月11日 その日はこちら九州は天気もよく、ほんわかと暖かい実に穏やかな日だったのですが、ラジオで震災の第一報を聞き、あわててつけたテレビから流れてきた映像に驚愕しました。

こちらの平穏さと画面の中の前代未聞の異常さとの対比が自分の中でうまく吸収できず、白日夢を見ているような、現実感のない奇妙な感覚に襲われたのを覚えています。

津波、そして、夕方過ぎからは原発の話。
いずれも情報が錯綜し、果たしていったい今何が起きているのか?
その全体像を把握することもままならないまま、映像は各地の惨状を流し続け、インターネットは数秒単位で莫大なつぶやきを送り続ける・・

放射能は、影響があるのかないのか?
専門家の評価もまっぷたつに別れ、一体何が正しくて、何が間違っているのか?

情報リテラシーなどと言う言葉をよく聞きますが、その重要さを切実に感じつつも、その限界を思い知らされたのもこの時でした。

あれから2年・・・
何が変わって、何が変わっていないのか?

いや、おそらくは、その本質は何も変わっていない。
混乱が収束に向かい、若干余裕が出てきた分だけ利害計算が働き、様々な情報がより巧妙に操作されるようになっただけのことではないか?

この国をどうしたいのか?
あるべき姿とは?

自分なりにそれを考え続けてはいるのですが、依って立つ軸のようなものが見つからない。
このような浮遊感を抱えている人も多いのではないかなぁ?

様々に不安定な時代。
どこに自分の軸足を置き、価値観を確たるものにするのか?

不安定な時代・・・難しい時代になりました。

|

« 灯油をどうする? | トップページ | スッキリ »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灯油をどうする? | トップページ | スッキリ »