« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

暖かくなっても

いや、昨日今日と、暖かいですね。
このまま一気に春になってほしいものですが、しかし、明日からはまた寒いそうで、三寒四温ということでしょう。

さて、暖かいのは良いのですが、問題は花粉。
大量に花粉が舞うとのことで、花粉症の人にとっては大変なことと思います。

ところで、私といえば・・
これがね、よくわからないのですよ。

なんとなく鼻が詰まるような感じがするのですが、でも、この時期特有というわけでもないし・・
目が少ししょぼしょぼするような感じもするのですが、単なる寝不足かもしれないし、年をとったせいかもしれないし(汗)

花粉症の症状と言えなくもないし、しかし、それにしてはたいしたことはないし。
たいしたことがないから、病院へもいかないし。
なので、毎年よく分からないまま過ごしております。

今年も変わりませんが、花粉より厄介なのはとなりのでっかい国からやって来るPM2.5とか言うヤツ。
そして、黄砂。

暖かくなっても、それを喜んでばかりいることもできませんな。
厄介な時代になったもんでございます。

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

乗っ取られた

巷ではSNS人口が増えているようですね。
ツイッターとか、フェイス・ブックとか・・

私も、とりあえず世の中についていくために、この両方共アカウントはとっているのですが、最近では全く開店休業状態です。
どうも、私はSNSが合わない体質のようです。

というわけで、両者とも放置状態なのですが、先日ツイッターのフォロワーさんからダイレクトメッセージが来ました。
見ると、あなたのアカウントで、妙なツイートが続いていますよ・・とのこと。

ええっ (@_@;)

そんなバカな、だって、ず~っと放置したままで、最近ではそれらの画面すら開いてないのに。
ともかく、慌ててみてみると・・・ありゃりゃりゃ  

私のアカウントで、変な英語ばかりのメッセージがツイートされています。
なんだこれ 気持ちわる。

それで、すぐ削除したのですが、しばらくするとまた現れる。
どうも、アカウントを乗っ取られたみたいです。

しかし、なぜ、いつ?

と思い返して・・・そうだ、あのとき!
思い当たるフシがありました。


それは数日前のこと、やはりフォロワーさんからダイレクトメッセージが届いたのですが、何やらファイルが添付されているようで、それを開かなければならない。
クリックすると、ツイッターの認証画面になり、アカウントとパスワードを入力するようになっていました。

そう、ここで気づけばよかったんです。

知っている人からのメッセージで、また、認証画面もツイッターのそれと全く同じ(ように感じた)だったので、迂闊にも疑うことなく入力してしまったのです。

即、パスワードを変更。
それ以降は、妙なツイートは止みました。

それにしても、このような詐欺には引っかからない自信があったんですが、見事にそれをくじかれてしまいました。
しかし、改めてセキュリティーの大事さを感じさせられたということでは、むしろ良い体験だったのかもしれません。


心配なのは・・
私の妙なツイートをきっかけに、同じような詐欺に引っかかった人がいないかということ?
知るすべはありませんが、せめてもの気持ちとして、このブログにてお詫びいたします。

皆様も、くれぐれもご注意ください。
知っている人からのメッセージも、要注意です。

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

ミス連発

組立の時に、誤って材を落としてしまいました。

がぁ~ 最悪の事態。
すでに接着剤を塗布しているので、この段階で材に傷が付くと致命的。

あわてて確認してみると・・・たいしたことはない(ホッ)
我が工房の床はモルタル打ちっぱなしなので固く、落ち方によっては修復できない傷が付くこともあるのですが、落ちた時の姿勢が良かったのと、下においてあったルーター収納箱のダンボールがクッションになったおかげで、たいした傷にはなっていませんでした。

ただ、面に細かな擦過傷のようなものが刻まれていたのですが、これは組んでからでも鉋がけで取り去ることができる・・・
というわけで、無事組立完了。

そして、傷を取り去るために鉋をかけたところ・・・

ガリッ という音。

(@_@)

やっちまった・・
そう、落ちた時に床にあった細かな石の破片などを噛んでいたのですね。
その上を鉋がけしたものだから、薄い刃はひとたまりもありません。

見事に欠けていました。

あ~あ

とにかく、鉋の刃が欠けることほど萎えることはありません。
400番の荒砥石て傷を取り去り、仕上げへ行こうと思ったのですが・・裏切れ間近。

で、この際なので、裏出しをして、裏押しをしてと、この辺り一般の方にはわからないことでしょうが、とかく力がいる作業をして、中仕上げをして、仕上げをして・・・

なんだかんだで、小一時間ほども鉋と格闘していました。

元はといえば、材を落としてしまった不注意、そして、傷の状態を確認せず鉋を引いてしまった怠慢。
10年以上やってても、まだ初心者のようなミスを連発しており、反省!

さて、気を取り直して、今から組立の続きを行います。
もちろん、ノーミスで♪

| | コメント (2)

2013年2月25日 (月)

タイミングベルトが・・

ホームページ更新しました→木工房シンプル

突然、バンドソーが動かなくなりました。
モーターは回っているのですが、ブレードが動かない。

いや~な予感。

ケーシングを開けて、内部を確認してみると・・
やはり・・・モーターと駆動プーリーをつなぐタイミングベルト(ドライブベルト)が脱落しています。

切れたんだな!
と、手にとって見ると・・切れてない。

???

さらによく見ると、ベルトの山が摩耗してなくなっています。
このため、山が駆動プーリー側の溝にかからず空転し、そして脱落してしまったのですね~


などど、感心している場合ではありません。
早急に手当をしないと、大変じゃわ。

とにかくこの商売、機械の故障は文字通り致命的で、お手上げ状態となります。

すぐに補修パーツを取り寄せなければならないのですが、ここでも嫌な予感が・・
私のバンドソーは、デルタという海外メーカーのものなのです。

なので、パーツが常備されているとは限らず、さらに悪いことに、デルタというブランドは身売りされて消滅し、さらにその身売り先でもすでに木工機械は生産をやめてしまったことを聞いていますので、補修パーツがある可能性は限りなく低いことが予想されるのです。

ともかくも・・・10年前にバンドソーを購入した先に電話してみました。

果たして・・・案の定・・・補修パーツはない! とのこと。
(*_*;

予想はしていたのですが・・・ショックです。

しかし、ここで諦める訳にはいかない。
どうにかならんか・・としばらく電話でやりとりしていくつかの解決策を見出すことができました。

デルタのバンドソーには、そのコピーとも言われる他社モデルがかつて存在しており、そのモデルであればパーツも共通なのではないか?
しかし、その他社モデルもすでに生産は中止されているので(こんなのばっか)パーツがあるか否か不透明だが、当たってみる価値はありそう・・

ネットで調べてみると、なんともありがたいことに、デルタと他社モデル(レクソン)との機構比較を写真付きで公開している奇特な方がいらっしゃって、その解析結果によると、タイミングベルトは共通だとのこと。

よぉっっっっし!!!

ならば、レクソンの補修パーツが手に入るか否かが勝負となります。
そこで、それを扱っているであろう代理店のHPにアクセスしてみると。

あっ ありました!!
在庫限り・・とのこと。

もう、間髪いれず、即効でゲット。

注文も問題なく通りましたので、今週中には手元に届きそうです。


とにかく、この商売、機械の故障は致命的。
なので、機械類は大型機械からハンドツールまで含めて全て日本製で揃えているのですが、唯一、このバンドソーだけが例外なのです。

開業時、節約のためにバンドソーだけ出資をけちってしまった・・と言うつけが回ってきたようです。
まあ、今回はこれで何とか収まりそうですが、数年後を目処に、やはりバンドソーも国産化しなければならないでしょうね。

今度、機械屋さんに聞いてみよう。

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

なんとかなるんじゃないか?

さてさて、ちょっと新しいデザインを考えています。

打ち合わせの時に勢いで引き受けたのは良いけれど、さて、どうやって作ろうか??

いい加減だとお思いでしょうが、しかし、100%確信できるデザインばかりを引き受けていたのでは先が広がりません。
やったことないけど、まあなんとかなるんじゃないか?
くらいであれば、思い切って引き受けるようにしているのでございます。

で、何とかなっているものですわよ、今までのところは ネ♪


話を戻して、さて、どうやって作ろうか?

頭でいくつかのアイデアを考え、実際に試作をしてみます。
その中で、実際の問題点が出てきますので、それを一つ一つ潰していく。
地道な作業ですが、新しいものは地道な確認作業によって生まれてくるものであります。

今、試作半ば・・
ゴールが見えて来ました。


まあなんとかなるんじゃないか?
うん、なんとか・・なりそうです。

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

どこに届くか

弊工房の場合です。
お問い合わせは、その大多数がメールで、次はお電話となっています。
また、少数ですが、直接工房を訪ねておいでになるお客様もいらっしゃいます。

そして、年に数度ほど、極めて少数ながら、葉書や手紙でのお問い合わせもいただくことがあります。
メールのような即応性はありませんが、これらによるお問い合わせは、お客様の思いがより伝わってくるようで、なかなか良いものであります。

ところで、私の工房は路地を入り込んだ奥にあり、また、玄関まわりもちょっと面倒なレイアウトとなっているので、郵便物が届けられる場所もまちまちになってます。

郵便物・・
郵便屋さん以外にも、宅急便、佐川急便、福山通運、日通、久留米運送、新聞屋さん、その他ダイレクトメールや、各種検針の結果表など、届く物品の種類やそれを持ってくる業者さんの数もなかなか多く、それらが届けられる場所もまちまちとなってます。

例えば、郵便やさんの場合、人によっては工房の機械の上においていたり、椅子の上においていたり、母屋玄関の上がり框においていたり・・

新聞屋さんの場合、工房前においてある自転車の籠に入れていたり・・

ダイレクトメールを持ってくる軽運送業の方は、母屋玄関をそ~っと開けて、そこから差し込んでいたり・・

まるで、毎日宝探しをしているようでございます(困ったもんじゃね)

一応、郵便ポストはあるのですが、皆さん知ってか知らずか?
とにかく、ポストは無視して、その他のいろいろなところに投函(?)していくわけですな。

結果、郵便ポストに届けられることが一番頻度が少ないという、妙ちくりんな状況となっております。


しかし、頻度が少ないとはいえ、時々は何やら入っているので、3日に一度ほどは中を確認するようにしています。
でも、だいたい入っているのはどうでも良いダイレクトメールばかりですので、もうしばらくそのまま放置することも少なくありません。

で、昨日確認したところ、やはりDMばかり・・・
溜息をつきながら、ゴミ箱へ・・と、思って何気なくそれらを見ていると・・

なんと・・お客様からのお手紙が。
慌てて消印を見ると、5日ほど前。

(@_@)

すぐに中身を確認し、急いで検討、見積もりを行い、返信いたしました。


これ、持ってきたのは間違い無く郵便屋さんだよな。
でも、郵便やさんは、ポストに入れることはまずないのになぁ・・
その時だけ、他の人にシフトが変わったのかなぁ・・

ともかく、いろいろな場所に届く、いろいろなもの。
これらをどうにかせねばならんと、改めて頭を悩ませている今日このごろなのでございます。


つまらぬ話を、長々と書いてしまって、 ど~もスミマセン (_ _)

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

どうして・・・・

大変ショックな出来事で、まだ動転しています。

詳細を書くのは憚られますが、近しい人が若くしてこの世を去りました。
そして、彼のご母堂様も・・

最初はメールで一報が入り、それを見てもあまりのことに俄には信じられず・・
ニュース映像が流れてもやはり半信半疑。

しかし、テレビやラジオで繰り返されるニュースが、時間が経つごとに少しずつ詳しくなり、ついに実名が発表されるにいたって、それは認めざるをえない事実となって、重くのしかかってきました。

未明の出火。
原因は調査中。

時々うちに遊びに来ていた君・・・ どうして・・

今は、ただただその冥福を祈るのみです。

合掌

| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

絵本棚 メモリアルとして

新作をご紹介します。

20130206_003


絵本棚です。

このアイテムは、産婦人科医院からご依頼をいただきました。
お電話をいただき、打ち合わせに出かけて行きました。

20130206_010


応接してくださったのは、院長先生と婦長さん(最近では看護師長というのかな)です。
待合室に置く本棚とのご要望でした。

産婦人科という性格上、小さなお子様も多く来院します。
このため、子供が絵本を読んだり、ちょっと遊べるような待合があり、ここに置きたいとのことでした。

20130206_009


さらにお話を聞くと、悲しい物語がありました。

産婦人科は新しい命が誕生するところなので、おめでたい雰囲気にいつも包まれているような気がしますが、しかし、そればかりではない。

懸命の治療の甲斐なく、幼くして天に召されたお子様。
その子のことをいつまでも忘れないように、子の名前を記念として焼き付けてほしいということでした。

20130206_004


天板の奥、赤いチェリーの板を取り付け、ここに ○○ちゃんぶんこ と焼付を施しました。
(名前は画像処理でぼかしています、ご了承ください)

20130212_002


納品時の写真。
下の木馬と一緒にお届け。。。 小さな子の良いおもちゃになりそうです。


今までいろいろな家具を手掛けて来ましたが、その中でも特に印象深い家具となりました。
幼くして逝った命・・・ 私も決して忘れることはないでしょう。

| | コメント (1)

2013年2月18日 (月)

しがらみのない付き合い

ホームページ更新しました  → 木工房シンプルHP


飲み会続きですが、先日は旧知の方と近所の居酒屋で一杯やりました。

その昔、私が会社員だった時に取引があったメーカーの営業担当の方で、当時いろいろとお世話になった方です。
ビジネス上の付き合いと言えば、やはり営業上のしがらみ下での仮初めの付き合いといったことがほとんどで、接待する側、される側の間に予定調和といった感じの微妙な空気感が漂うのが一般的です。

もちろん、両者ともにそれを分かってやっているつきあいですので、それはそれでいいのですが、この方(Tさん)とはその一線を越え、プライベートなことまでも開陳しての付き合いをさせていただいた間柄で、ビジネス下にあって稀有なことでありました。

私が前職を辞した時もいろいろ心配をしてくださり、また、開業した時はわざわざ回り道をして工房まで様子を見に来られたこともありました。

その後、しばらく消息を聞くことはなかったのですが・・・
先日のこと・・突然携帯に着信あり。

なんと、10年ぶりくらいの懐かしい声です。

聞いてびっくり、いつの間にかすぐご近所さんになっておられました。
定年退職後、第二の人生として別の会社に職を得、ちょっと前に当地のマンションへ引っ越してきた由。

いやいや、びっくりデス。


近所の居酒屋でつもる話を・・
私はもう会社員ではありませんし、Tさんも前社からは離れていますので、ビジネス上のしがらみは全くなし。
いまだから言える・・あの時のこと、この時のこと・・
お互いの社の裏話、うわさ話、その他、ありとあらゆるアングラ話など・・

いや、愉快愉快♪

私よりも一回りほど上の方ですが、相変わらずのバイタリティーには感服。
変わってませんねぇ~


石を投げれば届く距離。
またちょくちょく一杯やりましょうということで、お開きです。


ビジネスライクな付き合い・・
きっかけはそれでも、それを起点として、プライベートな付き合いが始まることもある。
人と人のつながりって、やっぱりいいものだなぁ~ と感じた出来事でありました。

| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

10年ぶりの再会

昨日は飲み会でした。

会社員時代の同僚たちとの飲み会。
ほぼ、10年ぶりくらいの再会です。

私は38歳まで会社員でしたが、30過ぎ頃から少し大きな仕事に関わることとなり、それから5年ほどは心身ともに非常にハードな環境に身を晒すことになりました。
小さな子供が起きる前に出勤し、深夜に帰宅するということの繰り返しで、かなり消耗もしましたが、しかし仕事の成果に対する喜びを感じることも大きく、この時期は会社員時代にあって最も充実していた5年間といえるかもしれません。

昨日再会したのは、この最も困難な時を共に頑張った仲間たちで、私にとっては格別の感があります。

その当時は、仕事でのストレスを定期的に飲み会やカラオケで晴らしていました。

バブルは終わっていましたが、しかし、まだメイドインジャパンは世界に冠たる地位を維持していた時代で、我々は30代の最も脂が乗り切った時期・・・
連日の睡眠不足もなんのその・・ 狂乱的なハードワークに文句を言いながらも、しゃかりきに働くことがきっと何かに貢献することになることを無邪気に信じて、労働基準監督署の監視をかいくぐり、馬車馬のように突き進んだものでございます。

しかし、いかに30代のエネルギッシュな時期でも疲労は蓄積するもので、そのストレスを晴らすために工程の段落ごとに飲み会を設け、そこで一気に溜まったものを爆発させていました。

若かったね~ ホント


久しぶりにあった仲間ですが、やはり10年の歳月は確実に彼ら、彼女らに相応の時間を刻みつけていました。
頭が白くなった者も、また、ちょっと頭が寂しくなったヤツも(^_^;)

部署も皆バラバラで、それぞれの場所、それぞれの地位で、今を頑張っている由。
皆、良い顔をしていました。

飲み会では、昔話に大いに花が咲き、カラオケでは当時歌った曲を中心に大盛り上がり♪
もう、皆、40~50代なのにね~
周りの空気が、一気に18年をさかのぼり、当時に戻ったような心地よい錯覚に浸りました。

とにかく、皆元気で何より。
この歳になると、本当に、健康であるということが一番の財産だなぁ・・としみじみ思いました。

3時間はしゃぎまくり、またいつかの再会を約束して散会。
それぞれ日常に戻って行きました。


あの時期、俺達は確かに共に苦しい時間を乗り切った。
それは確実なことで、それが今の木工人としての自分を支えている。

そのことを再確認した3時間でした。

さて、今日も仕事・・
頑張りまっしょい。

| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

工具チョコ

バレンタインデー
カミさんからチョコを貰ったのですが、このチョコが面白い。

工具の形です。

それがまた、かなりリアルな造形で、作業台の上にポンっと放っておくと、間違って使ってしまいそうなくらいの出来。
こんなもんがあるんやね~(感心)


聞くと、東急ハンズで売っているとのこと・・
これだったら、店頭で見たなら思わず衝動買いをしてしまいそうです。

味もビターで、なかなか美味しい。
で、思わずハンマーを食べてしまったので、Webからの写真をご紹介。
And_287027


よく出来てるでしょ♪


木工家の彼氏をお持ちの方へ・・・
来年のバレンタインデーは、これでいかがでしょうか??

| | コメント (4)

2013年2月14日 (木)

湯たんぽ

湯たんぽを買いました。

寒い日が続いており、毎日の楽しみは暖かい布団に潜り込んで、寝る前に小説を読むことです。
ところが、体は温まるのですが、足先はどうも冷たい。

上半身が暖まってくるに連れ、足先との温度差がさらに強調されるようで、それがどうも毎日愉快ではありませんでした。

靴下を履くという手もありますが、でも、靴下は窮屈な感じがするのが嫌だし、また、決して暖かくなるわけではありませんよね・・・ううむ。

それが、先日ホームセンターに行った時に、ふと思いつきました。
そうだflair 湯たんぽという手があるじゃないか。

湯たんぽなんて、幼稚園の頃に使ったきりかな?
いや、あの時は電気アンカだったような・・?
いずれにしても、ウン十年もの間、そのようなものを使ったことはありません。

店員さんに聞くと。。ありましたよ。
昔ながらのブリキ製のものと、樹脂製のもの。

考えて、樹脂製のものを選択。
ヒヒヒ (^^)


ストーブでお湯を沸かし、湯たんぽへ注水。
布団に潜り込むと・・・・ おおおおおおおおおおお あたたか~い。

いやいや、これは想像以上に快適。
こう、なんというか、電気のように硬質の温かさではなく(変な表現ですが) なんともほんわかとした、優しいあたたかみが伝わってきます。

足先が暖かいのが、これほど快適とは思いませんでした。
おかげで、昨晩はぐっすりと快眠しましたわよ。

湯たんぽLoveheart02

もう、手放すことはできません。

| | コメント (2)

2013年2月13日 (水)

流儀と進歩と

お客様からのお問い合せで、目下構造検討中。

う~ん、どうするかなぁ (?_?)

新しい構造、新しい試みは、このようにお客様からのご依頼によって生まれるものがほとんどです。


それなりに長くやっていると、いつの間にか自分の流儀というものが出来上がります。
それはそれでもちろん良いことで、自身の流儀で設計や工程を進めることができるのが最も合理的で効率的であるのは言うまでもありません。

反面、同じ流儀ばかりでやっていると、いつしか方法論が固定化、固着化してしまい、進歩が無くなってしまいます。

このような時、それを打ち破ろうとする活力は、お客様からのご依頼によって生まれてきます。
このようなものができないだろうか? というお問い合わせ・・
それが、自家薬籠中の技術でできないものの場合、さて、どうするか?

考える、考える、考える。
考え続けていると、ある時ポンっという感じでアイデアが閃く(こともある)


さて、どうしよう。
今回のプランも、あとすこし、いい線までは来ているんだけど・・・
あと一歩をどう解決するか???

(?_?)  とにかく、考えよう。

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

パソコン用キャビネット

新作のご紹介。

20130206_019

パソコン用のキャビネットです。

パソコンは、通常は机で使うことが多いと思いますが、机を置くには場所が狭いとか、プリンターなども同時に置きたいとか、ルーターや配線類などはできるだけ隠したいとか・・いろいろと悩みも多くなるものです。

そのような時はこれ・・・キャビネット型のパソコン机です。

20130206_033

このように、ノート型パソコンを置いて使います。
テーブルが手前にスライドしますので、足元も広々・・机感覚で使うことができます。

20130206_022

下の扉を開けると、一番下にはやはりスライド式の棚があります。
ここにプリンターを乗せ、印刷する時は手前に引き出して使うという仕組みです。

20130206_025


プリンター君には気の毒ですが、使わない時は邪魔ですよね。
なので、できるならば隠しておきたい。

このように、扉内に収納してしまえば普段は見えることはありませんので、スッキリと整理することができますね。

ちなみに、扉内にはルーター類や、各種アクセサリーが入ります。

20130206_035


上にも二つの引き出し。
細々したものはここに収納♪

そして、一番上の天板には電話機が乗る予定です。


20130210_006


納品時の写真です。
このように、置き場所のサイズに合わせて設計しました。

どうぞ、快適なパソコンライフを♪


納品先 福岡県

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

半分仕事 半分遊び

ホームページ更新しました → 木工房シンプルHP


さて、昨日は木工三人衆で大川へ行って来ました。
大川市、木工の街です。

斜陽化して久しいとは言え、そこはやはり日本有数の家具の街。
市境から一歩踏み込むと、あちこちに木工所、建具屋、資材屋、材木屋などなど、いろいろな店がひしめいています。

多分に私の先入観もあるのでしょうが、大川には独特の空気感があるように感じられます。
ちょっとゆったりしたような、そして、同族意識のような、そのような特有の雰囲気を感じますね。

この雰囲気に包まれると、こちらもなんとなく高揚してくるようです。

さて、目指すは材木屋さん。
発注した材の確認を兼ねて、一年数カ月ぶりの顔見せ、ご挨拶。

通常の発注はFAXやメールでビジネスライクに済ませていますが、時々はやはり直接顔を合わせて四方山話でもするのが楽しいですね。

材木屋さんの次は、資材屋さんへ。
ここは、新しくお付き合いを始めたところで、ベニヤ1枚、接着剤一本、丁番1枚から配達してくれる、我々のような弱小工房にとっては真にありがたく、また心強いお店です。

社長自らコーヒーを淹れて歓迎してくださいました。
初回訪問で、どのような話題を・・なんて心配は杞憂で、話は大いに盛り上がり、とっても愉快な時間を過ごすことができました。

その後、建具専門の金具屋さんで丁番とマグネットキャッチを格安で購入。
いや~いい買い物した~

やっぱり大川・・goodgood

本当はもっとマメに行きたいのですが、ちょっと遠いわね~
それでも、十分日帰りで行ける距離に、このような家具の街があるのはやはり恵まれていると思います。


さて、無事用事も済み、帰ってきてからはちょっと遅目の新年会。
終電間際までこちらでも盛り上がりました。

半分仕事、半分遊び・・ストレス解消の一日でした。

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

粉雪舞う

いや、ここ二日ほどバタバタしておりました。
今も全然落ち着いてないけど・・・(*_*;

ところで、今朝起きると、寒っ・・・
窓の外には粉雪が舞っています。

いや~さすがに2月ですわ。
冬将軍の面目躍如とでも言いましょうかね(ヤケクソ)

こんな寒い日は温泉に・・・と言うわけにもいかず、工房へ。

と、工房横においていたバケツの水が凍っている。
この冬、初めてです。

となると・・・ひょっとして水道は??
蛇口をひねると、重い・・・ それを回すと・・・出ない。

あちゃ~

油断してました。

水道が凍るなんてこと、この辺りでは年に一度あるかないかという事態ですので、完全に油断していました。
さてどうする。

問題は、凍結の部位が蛇口のみなのか、それとも配管まで凍っているのか?
配管までとなると、かなり厄介なことになりますなぁ・・
過去、それで漏水に至った苦い経験もあるので。

お湯を沸かして、蛇口にかけてみると・・・出ました(安堵)
最初はちょろちょろでしたが、次第に水勢も勢いを増してきて一安心。

寒さになれない土地・・・ちょっとしたことでも大騒ぎでございます。


さて、昼になってもまだ雪は止まず。
今日は夜に車検の引き取りがあり、明日は大川まで80キロほど走らねばならないのにぃ・・

うう、またトラブルの予感が・・(汗)

| | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

こども机

こども机のご紹介です。

20130128_001


両サイドに端バメを取り付けたこども机、人気のアイテムです。
端バメは共材で作ることも多いのですが、今回は材種を変えてみました。

白いメイプルに対して、黒いウォールナットを端バメに・・
メイプルとウォールナットはコントラストが鮮やかで、とても相性が良いのです。

20130128_004


合わせる丸いこども椅子も、ウォールナットとメイプルの組み合わせ。
良い感じですね~♪


もちろん、これ以外の材種組み合わせもできますよ。
ご相談など、お待ちしています(^^)


参考ページ
木工房シンプル こども机2

さてさて・・・
雨雲接近中・・・降り出す前に木取りをせねば(滝汗)

| | コメント (4)

2013年2月 4日 (月)

唐戸市場まで散歩

ホームページ更新しました → 木工房シンプル


さて、昨日は良い天気でした。
暖かく、春がきたかと思うほど。

あまりの陽気につい我慢できなくなり、午前中で仕事を切り上げて外出・・・
向かう先は・・下関 唐戸市場。

この魚市場、土日は一般客に開放され、それぞれの問屋が刺し身や、寿司や、海鮮丼や、味噌汁や、唐揚げや、フライや、その他ありとあらゆる海産物料理を屋台形式で提供しているのです。

最近はガイドブックなどでも紹介されているようで、観光客なども交えてすごい人出。
その熱気は、まさにアジアの市場です。

人混みをかき分けて好みのものを買い、それらを市場内にある仮説のテーブルで食べるのも良いのですが、昨日のように天気の良い日は、市場の外でベンチに腰掛け、暖かい陽にあたりながら食べるのがお勧め。

市場を一歩出ると、目の前は関門海峡。
海の交通要所で、大型貨物船がコンテナを満載して目前を通り過ぎていきます。

左側は関門橋が目前に迫り、その向こうに壇ノ浦の古戦場が遠望できます。
対して、目を右側に転じれば、そこは武蔵と小次郎の対決の場、巌流島です。

これらを一望に収め、暖かい陽気の中、ビールを片手に海鮮丼をかきこむのは本当に堪えられません。

そう、昨日は必ずビールを飲もうと心に決めていたので、車ではなくJRで行きました。
そもそも、車で行っても駐車場は満車で止められないしね・・・

JR下関駅から、ブラブラと散歩を兼ねて歩いて小一時間ほど。
良い散歩コースです。

ビールと海鮮丼で満足した後は、またブラブラと歩いて関門トンネル(人道)を通り、門司(九州)へ。
門司港レトロ地区は、ふぐとお雛様祭りの最中。
ふぐの味噌汁なんかもありましたが、満腹で断念(残念)

お雛様を見て、地元クラフト作家の展示品などを冷やかして・・・
最後は、修復中の門司港駅舎を横目に見ながら帰路につきました。

合計5時間ほどのショートトリップ。
充実した半休でした。


豆情報
唐戸市場へ行くときは、午後1時半以降くらいがおすすめ。
このくらいになると、人出も少し収まり、また、各屋台は売り切るためにどんどん値下げをしてくれます。
大トロの鮨が100円くらいで投げ売りされたりしますよ~

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

突然遅くなる

どうも、時々パソコンがえらく遅くなるんですよね。
ネットで検索している時など、突然フリーズしたり (-_-メ)

原因が、よくわかりません。

時々は、インストールしているウイルス対策ソフトの更新をしていることがあり、この時は他のタスクが遅くなるのはまあ分かるのですが、そうではない時、何ら他でプログラムを動かしているわけでもないときに突然遅くなる。

・・・

CPUの使用状況を確認しても、メモリーの状況を見ても、さして問題は無さそうなのに、なんでだろうねぇ?

この状況・・何らかの予兆があるのであればまだいいのですが、なにもなく、ある時突然このような状態になり、ある時突然回復する。


・・・・

先日は、お客さんのところに納品に行くために、地図を印刷しようとしたのですが、待てど暮らせどなかなか画面が切り替わらず、時間切れで断念。
仕方ないので、画面を見ながら地図を手書きして車に飛び乗ったものです。

・・・・

ヤレヤレ
パソコン音痴のおっさんにはよくわかりません。

たかが道具であるパソコンに振り回されるのは、嫌なもんですなぁ~

( ´Д`)=3

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

三寒四温にはまだ早い

いや~ 昨日は暖かかったですね。
工房内温度計の針は、20℃手前を指していました。

こうなると現金なもので、突然人間の活動も活発になるようで、昨日は予定以上に仕事が進みました。

おまけに天気もよく、湿度も低く、さわやかな一日。
仕事なんて放って遊びに行きたいなぁ~なんて思いましたが、そこはグッと我慢。

このまま春になってくれれば嬉しいんですけど、この温かさも数日限りのことで、また週末以降は寒波が戻ってくるとのこと。

三寒四温にはまだ早い?
そりゃそうだよ、だって2月になったばかり。
最も寒い季節ですよ~


さて、今日は雨。
気温は・・・幸いに、それほど低くはありません。

なので、今日もしずしずと工程を進めてまいりましょう。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »