« 将来は未知数 | トップページ | 思い出棚 »

2012年12月17日 (月)

選挙一過

ホームページ、更新しました →木工房シンプルHP


衆議院選挙、予想通りの結果と言えそうですが、しかし、ここまで自民が大勝することは予想外でした。
この結果をどう見るのか? ということは様々な議論があるでしょうが、一町民として今回ほど悩んだ選挙はありませんでした。

論点だけでも、原発、TPP、外交・国防、消費税、福祉、行革・・と、どれをとっても優先順位をつけにくい大きな問題が目白押しであるのに加えて、政党の乱立が絡まり、もう誰に・・どこに投票すべきなのか? 分からない。

整理券を持って投票所へ行くまでのあいだも考え続け、投票用紙を手にしてからも考え、天井を見上げてため息をついたものです。


結果は自民大勝で終わりましたが、これは自民への積極的な支持ではなく敵失によるもので、それが小選挙区という選挙制度上の特性によって大きく振り子が振り戻ったということが一致した見方でしょうね。

20時の投票終了と共に、自民大勝とのテロップ。
全く同じ光景を、政党の名前だけを変えて前回選挙の際にも見ましたよね。

なので、選挙速報を見てもほとんど感慨も浮かばず、閉塞感は続いたまま・・・です。

何か新風を吹き込むために、第3極という選択もあったのでしょうが、実績がないまま雰囲気に流されることの愚を何度も繰り返してきて、さすがに有権者も学んだということなのでしょうか、思ったほどの伸びにはならなかったようです。

危機的局面になるほど、保守的な傾向になるのか?
かく言う私も、胸に手を当てて考えてみると、そのような傾向が確かにあるように思います。

ところで、前回の衆議院選挙前に、このようなことを言った人がいました。
自民は国をゆっくりと衰退させるが、民主は一気に崩壊させる。

当たらずとも遠からず??

政権が自民に変わった今、急速な崩壊に若干ブレーキがかかり、その衰退が幾分長く緩やかになるということなのでしょうか?

別に自民がダメだとか、政治に絶望しているとか、そのようなことは思ってはいないのですが、民主主義と言う、意思決定に途方もなく時間がかかる政治体制をとっている限り、物事はそう速やかには変わらない・・
良くも、悪くも。

そのような、何とも言えない、八方塞がりのような閉塞感。
このモヤモヤがおそらくは今後も続いていくのであろうことは容易に予想できます。

選挙一過・・・しかし、空は重くどんよりしたまま。
来年は良い年に・・・したいけれど・・・

諦観の冬です。

|

« 将来は未知数 | トップページ | 思い出棚 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 将来は未知数 | トップページ | 思い出棚 »