« 互換性に泣く | トップページ | ロングセラー 丸いこども椅子 »

2012年9月24日 (月)

秋は健診の季節

健康診断の季節になりました。
季節? と言っても、秋でなくても良いのですが、しかし、これには訳があるのです。

自営業ですので、もちろん検診も自分で申し込みます。
検診は公的なものや民間のものなど色々とあり、月に二回、市の広報誌に掲載されています。

場所も時間も日取りも様々なのですが、不用意に出かけていくとトンデモなく待たされることがままあります。

過去、最大の待ち時間は半日ほどにも及んだことがあり、閉口したものです。
この時は、受付に長蛇の列ができており、にもかかわらず、受付をしている人は一人のみ。
周りには暇そうな係員がたくさんいるのに、誰も受付窓口を増やそうとはせず、ただ手持ち無沙汰でいるだけ。

ただ一人の受付員は、これがまた丁寧なのか、仕事が遅いのか分かりませんが、一人ひとりの受付票を丁寧に見て、時々は書類不備がある人がいる模様で、そのような時は目の前で書きなおさせるのですが、その間に次の人の受付をするわけでもなく、ただじっと書き換えを見ているだけ・・・

ああ、冷戦下のソ連はきっとこのような感じだったんだろうなぁ
と、行ったこともない隣国の過去に思いを馳せたりしたものでした。

それでも日本人というのは、忍耐強いですね。
誰も罵声を浴びせたりすることもなく、デモをするわけでもなく、あちこち壊して略奪したりももちろんせず、じっと忍耐強く待っています。

それでも数時間経つと、さすがに業を煮やした何人かがちょっとした捨てぜりふを吐いて、諦めて帰っていく光景が見受けられました。


これに懲りて、それ以降、健診の場所や日取りを慎重に選ぶようにしました。
まず、年齢制限(40歳以上)があるもの、平日に行われるもの、そして予約が必要なもの・・

それらに目星をつけ、医師会が年に一回行なっている検診に行ったところ、これが大当たり♪
事前予約で、来場時間が決められているため受付はスムーズ。
また、係員も目端の利く人が多く、各検診の空き状況を見ながら臨機応変にナビゲートしてくれるので、あっという間に終了。

それいらい、秋に行われる医師会の検診を受けるようにしているわけで、で、私にとって秋が検診の恒例となっている次第です。


ところが、難点が一つ。
これ、予約が今どき往復はがきのみ!

しかも、オプション検診については抽選がある模様で、申し込んでも受けられないことがあるのです。
で、受けられるか否かの回答ははがきの返信で来るので、今から半月以上も待たないと結果がわからないという始末。

実に牧歌的な話ですが、その抽選結果を見るのも実は密かな楽しみになっていたりするのです。

秋は健診の季節。
皆さんも健康には十分ご注意くださいませ。

|

« 互換性に泣く | トップページ | ロングセラー 丸いこども椅子 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 互換性に泣く | トップページ | ロングセラー 丸いこども椅子 »