« ロングセラー 丸いこども椅子 | トップページ | 名刺 »

2012年9月26日 (水)

ウォールナットの書斎机

新作のご紹介。

20120914_015


ウォールナットの書斎机、そして本棚です。

書斎机のサイズは1400×750ミリ ちょっとしたダイニングテーブル並みの広さで、書類を広げてもまだまだ広々と使えそうですね。

20120914_019


机天板と、本棚の棚板は高さを合わせていますので、更に広く感じられます。
棚板には電話やパソコン機器などが並ぶ予定とのことで、棚板には配線用の切り欠きも設けました。

20120914_031


20120914_025


高級材ウォールナット。
しかし、その存在感、美しさはやはり圧倒的です。

まさに大人のための書斎机。
ゆっくりとした時間が流れそうな余裕が感じられますね。

|

« ロングセラー 丸いこども椅子 | トップページ | 名刺 »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

先日初めて書き込みましたyossunです。

このデスクと棚いいですね!
デザインと配線のことを考えた隙間!大事です!
自分OA機器販売やっているので通信機器など配線の整備も行うのですが、意外と無いんですよね配線用の穴って(笑)

投稿: yossun | 2012年9月26日 (水) 22:12

ご評価いただきありがとうございます♪
作り手として、とっても嬉しいです。

そうなんですよね、OA機器類を置く場合は、その膨大な配線をどのように通し、どのように逃すか? ということが、毎度大きな懸案になります。

もちろん、手作り家具であれば任意の位置に配線用孔などを設けることができますので、この点お客さんにとっては重宝でしょうね。

ちなみに、今回は写真のように棚板の左端面を切り欠いています。
このようなところの切り欠きなんて、市販家具ではまず無いでしょうね。

また、切欠きの大きさがお客さん保有のコンセントに対応していることは言うまでもありません。

投稿: 栗原@simple | 2012年9月28日 (金) 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロングセラー 丸いこども椅子 | トップページ | 名刺 »