« ネックウォーマー | トップページ | じわり »

2012年2月13日 (月)

鉋屑の利用法

先日のことです。
突然の来客・・

おお、なんと、バーのマスターではないですか。

ご近所さんで、駅前で本格的なバーを営んでおられるマスターです。
おいしいカクテルなどはもちろん、バーでは珍しくコーヒーを飲むことも出来ます。

お久しぶりで、すわ、これはバーカウンターのご注文かな?
と、数秒ほど頭の中を妄想がめぐりました。


が・・
「オークのチップはありませんか?」 とのこと・・・

????

チップ?


よく聞くと、スモークチップが欲しいのだということです。
スモーク、つまり燻製を作るためのチップですね。


さてさて・・・チップといってもねぇ~
と腕組をしたのですが、ひらめきましたflair

「チップはないのですが、鉋の削り屑ならいかがでしょう?」

機械の鉋で削ったクズはとても細かい細切れ状態となります。
チップほどの質量はありませんが、うまくやればこれで煙を出すこともできるのでは?

ということで、集塵機の袋を開け、好きなだけもって帰ってもらいました。


このマスター・・
もちろん酒についての博識は言うまでもありませんが、料理についても造詣が深いのです。

今はスモークの研究中だとのこと。
もし鉋屑がスモークに応用できれば、これは大変画期的なことですぞ。

うまくいくよう願ってます。

そして、完成した暁には、また久しぶりにバーで祝杯でも上げたいですね。

思わぬ鉋屑の利用法。
顔がニンマリしてきます。

|

« ネックウォーマー | トップページ | じわり »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネックウォーマー | トップページ | じわり »