« 機械には妥協しない | トップページ | 機械には妥協しない3 »

2012年2月 6日 (月)

機械には妥協しない2

つづき・・・

このようになる理由   よく分かります。

なぜ分かるのかって・・?
それは、何を隠そう、私自身がまさにそうだったからなのです。

私は全く木工経験のないまま訓練校へ入りました。
なので、木工機械のことなど知識ゼロ。
手押し鉋を、押しながらかける洋鉋のようなものかいな? と思っていたくらいの強者ですわ(-_-;)

家具製作において、どの機械がどのような働きをするのかも分からず、また同じ機械においてもスペックの違いが出来栄えにどのように影響するのか? そのあたりは全くの無知でした。

これらは訓練校で実践をすることによって少しずつ分かってはきましたが、それでも一年程度の訓練で細部を把握するのは不可能です。
なので、自身の工房を立ち上げるに当たって、機械選定に際しては訓練校の先生からアドバイスをいただきながら決めて行きました。

言われるがまま・・・という感じでしたが、実際に使い始めるとその時のアドバイスの意味がよくわかってきます。
高機能の機械はやはり仕上がりがよく、また、スピードも早い。

機械に妥協してはいけない、としみじみと感じたものです。


弊工房には、木工で独立を目指す人が時々やってきますが、機械について感心を持っている人はほんとうに少ない。
聞いてみると、やはり木工未経験者か、初心者か、アマチュア木工家である人ばかりです。

対して、木工経験者、木工所に勤務していた人はあたりまえのことながら機械には精通しており、逆にこちらから色々と質問したりしています。
このような情報交換はありがたいですね。


話を戻して・・

機械のことです。

機械に妥協をしてはいけない。
しかし、妥協をしないと、金がかかるのです。

これがまた頭の痛い問題になってきます(^_^メ)


つづく

|

« 機械には妥協しない | トップページ | 機械には妥協しない3 »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

栗原さん、ご無沙汰しております!
機械の選定には、栗原さんのサイトの情報を大いに参考にさせていただきました。とっても有用な情報、ありがとうございました。
おかげさまで、手押し、自動はとっても快適!(300の手押しと500の電動昇降、デジタルメーター付自動です)
この2つの機械は値も張りますが、特に妥協しないほうがいいと、後からつくづく思います。
それほどこだわって選ばなかった傾斜盤などは定盤と定規の精度でいまだに悩まされていますが…。
やはり、いい機械を手に入れるには、知識と精度を見極める目が重要ですね。
今また精度のよい軸傾斜盤が欲しくなっている今日この頃です。

投稿: S | 2012年2月 6日 (月) 21:48

Sさん、こんにちは。
元気で製作されている由、何よりです。

300の手押し、500のデジタル表示の自動・・このペアがあると木作りはほんとうに楽ですよね。

限られた資金をどのように使うのか?
これは本当に悩ましい問題ではありますが、しかし開業にあたって避けては通れない通過儀礼のようなものでもありますね。

Sさんも、よろしければご自身の経験などブログで発信して下さいませ。

このような生の声は、今からこの道を目指そうとしている人の道標になるように思います。

もっともっと日本全国の手作り木工業界が盛り上がっていってほしいと思いますので、その一助になればとも思いますし、そこにおいて我々の存在意義もあるのかなぁ と考えたりします。

ところで、そちらは寒いでしょうね~
お元気で、頑張ってください(^^)

投稿: 栗原@simple | 2012年2月 7日 (火) 10:24

栗原さん、こんばんは!
おっしゃるとおり、木工の世界の情報がもっとオープンになって、新規参入で活気づくといいですよね。
まだ僕は軌道に乗っているとは言いがたいですが…。

僕自身、自分の買った機械ですごくいいものもあれば、もっとこうしとけば良かった!と後悔するものもあります。(特に昇降盤はいろいろと苦労しました…)
どこかの木工所で働いた経験なく独立するとなると(僕もそうですが)、機械選定の基準は本当に難しい部分がありますね。

僕が栗原さんの情報に助けられたように、僕の失敗談!を含む経験したことも、発信しようかなと思ってます。とりあえず書いてみますね♪

ところで、こっちは本気で寒いです!日中0℃を上回れば「今日はちょっとあったかいな」と思ってしまうくらいですよ〜。

投稿: S | 2012年2月 7日 (火) 23:05

そうそう、そうなんですよね。

インターネットの普及で、以前に比べると格段に情報が入りやすくなりましたが、にぎやかなのはアマチュアサイトで、プロのそれはまだまだだと思います。
(まあ、忙しくてネットどころではない ということだと思いますが)

私達のように木工所で修行した経験がない人にとっては、業界内では常識となっていることにも疎く、そのあたりが弱点ですね。

なので、このような情報発信でこのような弱点を少しでも補完することができたらと思いながら記事を書いています。

貴ブログも楽しみにしています。


ところで、やはりそちらは寒いですね。
接着剤など、取り扱いも大変なことと思います。

こちらは、5度を下回ると動きが三分の一ほどになってしまうようで、寒冷地の方から見ると完全なヘタレですね・・・

今日も、寒そうです。
ああ・・(--)

投稿: 栗原@simple | 2012年2月 9日 (木) 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機械には妥協しない | トップページ | 機械には妥協しない3 »