« 坂の上の雲 完結5 | トップページ | 朝から一杯 »

2012年1月 1日 (日)

新しい年は

新しい年の始まり、皆様いかがお過ごしでしょうか?

例年ならば年頭のご挨拶を申し上げるところではあるのですが、昨年の東日本大震災と原発事故の惨憺たる状況がなおも継続中であることを考えると、どうも手放しでおめでとうと申す気分にもなれず、複雑な思いがしています。

とにかく、昨年はいろいろなことを考えさせられた・・・ と言うよりも、考えることを強いられた一年であったように思います。

震災と原発事故の経緯をたどるうちに、様々なことがあぶり出され、白日のもとにさらされることとなりました。
それらを目の当たりにするに連れ、いらだたしさと同時になんともやるせない気持ちになったりもします。

特に、原発に絡む様々な識者の右往左往ぶりは甚だ酷く、象牙の塔の中だけで行われていた議論が一般に開放されたことによって、その道の権威というものがいかにいいかがわしいものであるのかということがバレバレになってしまいました。

さらに、これに加えて政官財の利権がらみの歪な構造が顕になり、カウンターバランスであるはずのマスコミは腰が退けて定見を持たず、インターネットは膨大な情報を流すも、受け手側の標準的なリテラシーではこれらの取捨選択もままならず、事態は混沌とするばかりです。


ともあれ、年が開けました。
昨年は絆という漢字が象徴しましたが、今年はこの漢字の本当の意味を考えていかなければならない年になりそうです。

また、ひょっとすると政権選択の年になるやもしれません?

何にしろ、バラ色の未来が展望されるような事にはならないと思いますが、年の瀬で今年を振り返るとき、今年はちょっとは良くなったかな? との実感を持ちたいものです。

そして、来年の正月は、心よりあけましておめでとうのご挨拶ができることを願っています。


という訳で、今年もよろしくお願いします。


木工房シンプル 栗原浩


|

« 坂の上の雲 完結5 | トップページ | 朝から一杯 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂の上の雲 完結5 | トップページ | 朝から一杯 »