« 哀愁のページ | トップページ | 大川木工まつり »

2011年10月 6日 (木)

終わり そして始まる 

Appleの会長、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
今朝、ラジオの速報でその訃報を知りました。

私はApple信奉者ではなく、macを始めとして、iPhone、iPod、iPad などのアップル製品は何一つ持っていません。
しかし、そんな私にとってもジョブズ氏はパソコン黎明期から今につながるIT業界の世界的なアイコンとも言える人物であり、その活動をリアルタイムで見てきた身としては、この速報に触れてさすがにショックでした。

パソコンが登場する前のこと・・
その頃は、アセンブリ言語でプログラムを書き、それをマシン語に翻訳してパソコン(当時はマイコンと呼ばれていましたが)に入力したりしていました。

それが、BASICという高級言語の登場と共に、あれよあれよという間に操作が簡単になり、爆発的に広がって行きました。
遊びはBASIC、研究はFORTRAN なんて言語を使っていましたっけね(懐かしい)

キーボードでぱちぱちとプログラムを入力していた頃、それとは一線を画すマシンがありました。
それがAppleです。

マウスを使って、スクリーン上のアイコンをクリックすることで操作をする・・
そう、今は普通になっていることを30年ほども前に実現していたのがAppleでした。

当時、先輩の下宿に行くと机の上にAppleのマシンが大事そうにおいてあり、それを嬉々として操作している姿が印象的でした。
「お前 パソコンはAppleだよ」 という第一声に続いて、なぜAppleが素晴らしいのかというご高説を延々と聞かされることになったのでした。


ジョブズ氏については、その言行が色々と伝えられています。
よくも悪くも大変個性的で、独創的だったのは間違いありませんし、また、傾きかけていたAppleを見事に立て直した功労者として後年においては偉大な経営者であったことは言うまでもないでしょう。

あの飄々とした新製品のプレゼンテーションは、それまでの新製品発表のスタイルに革命を起こし、ビジネス界に様々な形で波及して行きました。

しかし、最近の痩せた姿を見るにつけ、また、その深刻な病名を聞くに連れ・・そして、CEOからの引退というニュースを聞くに至っていつかこの日が来るのではないか・・と思わざるを得ませんでした。

私が大学生の頃、松下幸之助や本田宗一郎は既に伝説の人でしたが、スティーブ・ジョブズ、そしてビル・ゲイツなどは、その登場からをつぶさに見てきた同時代の人達です。
思い入れもひとしおであり、時代の何かが終わったとの感慨を抱かざるを得ません。

しかし、終わりは始まりでもあります。
Appleはさらに進化するのか? ジョブズ氏のDNAは受け継がれるのか?

Appleファンならずとも、今後に注目していきたいと思います。

  

余談ながら・・・

私はWindows でも、妻はアップル派・・
これがいつもモメる元凶となってます。

ややこし(-_-;)

|

« 哀愁のページ | トップページ | 大川木工まつり »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

いや~びっくりしました
ニュートリノの一件に続きまたまたびっくりです。
私は仕事ではmacとwinを7:3くらいで使い、家ではwinを使ってますが、パソコン自体にはあまり興味がないので、いいかげんどちらか1つになってくれたらどんなにラクだろうと思い、十数年が経過してます。
BASIC、FORTRAN、懐かしいですね~
自分も理系崩れなので少しかじってますが、情報科の学生はCもやってましたっけ。
macとの付き合いは、macがまだマッキントッシュと呼ばれてた頃から20年以上になりますね。そのすぐ後にwindowsもGUIになり、シェア競争が始まったと記憶してます。
スティーブ・ジョブズ、まだ56歳で、CEOを退いて、これから第二の人生という時に、まったく早すぎる死です。
仕事という趣味に生きた偉人にとって、第二の人生なんて価値観は持ってないのかもしれませんが・・・
ともかくこの人のおかげで、我々グラフィックデザイナーは筆の代わりにパソコンという新しい道具を与えられて、仕事のスタイルや表現の可能性が飛躍的に向上したのですから、アートやデザインの業界に及ぼした影響は計り知れないものがあります。
今ではパソコン以外の製品が主流になって家電メーカーの様相を呈してますが、私にとってAppleはパソコンそのものであり、好き嫌いに関わらず離れることの出来ない企業になってます。
スティーブ・ジョブズよ永遠なれ!

投稿: パートシュクレ | 2011年10月 7日 (金) 00:54

びっくりしましたね。
でも、びっくりしたのと同時に、やはり・・という思いもしました。

あの痩せた姿を見ていたので・・・

パートシュクレさんは両刀遣いなのですね。
私はMS-DOSから、いや、その前のBASICインタプリタの時代からマイクロソフトに絡め取られていますので・・寄らば大樹の陰、付和雷同的にWindowsです。

一方Appleは、最初からGUI環境を取り入れていたことが画期的で、また応答も無味乾燥でなく、なんとも人間的な温かみが感じられるマシンでした。

また、画像が綺麗なことは特筆すべきものがあるように思いますし、パートシュクレさんのようにグラフィック系のお仕事をされている方にとっては欠かせないマシンなのでしょうね。


それにしても、ジョブズ氏死去以降に伝えられるニュースには驚きです。

Apple販売店に大量の花束が手向けられる状況というのは一体 (・。・;

一経営者の死と言うよりは、まるでApple教の教祖が天に召されたような・・そんな印象を受けました。

ラジオでは、ジョンレノンの暗殺以来の衝撃であると言ったコメントもよく聞きますし、あらためてその影響力の大きさを実感しています。


ジョブズ氏亡き後、Appleはどこに向かうのでしょうか?
当面はiPhone5のリリースが気になるところでしょうが、それを含めて今後の世界戦略をどのように描くのか? 注目しています。

そして、ジョブズ氏の死は、IT時代の転換点として歴史に刻まれることでしょう。

投稿: 栗原@simple | 2011年10月 9日 (日) 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哀愁のページ | トップページ | 大川木工まつり »