« ドラクエ25周年 | トップページ | 梨狩りへ行く »

2011年9月19日 (月)

交通整理に物申す

最近、周辺で道路工事をやっているところをよく見かけます。

そして、道路工事といえば、かならずいるのが交通整理の人。
広い道路で危険が少ない場合などは、看板や電光表示式のものを置いたりしていますが、危険度が高いところはやはり人が直接誘導しなければなりませんね。

さて、問題は、この誘導員です。

困るのは、誘導の仕方がまちまちなこと・・


丁寧な人は、赤旗と白旗を持っており、赤旗を出すと止まれ 白旗を振るといってよし  という感じで大変わかり易いのですが、そのような人はまれです。

総じて赤旗のみ、あるいは赤い蛍光管のみを持って、それで止まれだの行けだのとサインを出しています。
これが大変わかりにくい・・・

だいたい、赤色というのは危険を表す色で、交通に対しては止マレ!を意味することは世界標準のはず。
なので、赤旗を振って”行け”ということは、それ自体矛盾しており、これが混乱の原因となるのです。


そして、混乱に拍車を掛けるのは、旗の振り方が人によってまちまちなこと。
そのため、行け といっているのか、 止まれ といっているのか、 にわかには判断しにくいこともしばしばで、その都度イライラします(私だけ??)


先日も、行け というサインを 止まれ と間違えて難儀したりしました。


誘導のサインは、いわば信号機のようなもの。
交通安全に欠かせないもののはずなのですが、その誘導方法がまちまちなのはどうにも解せません。


なので、道路工事をやっているところは、できるだけ避けて遠回りをしたりする今日この頃です。

|

« ドラクエ25周年 | トップページ | 梨狩りへ行く »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラクエ25周年 | トップページ | 梨狩りへ行く »