« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

チェリーの学習机

新作のご紹介。

先日お届けしたチェリーの学習机です。


20110924_015

一年半程前に、お姉ちゃん用の机をお届けしたのですが、今回は弟君用です。

20110924_014

同じチェリーで、同じデザインでお誂えしました。

ウォールナットの取っ手と、それを留める真鍮ビスがアクセントです。

20110924_005

入学は来年・・
ひと足早い納品となりました。

20110924_018

机について、いろいろなものを片付ける習慣をつけてもらいたい・・・
というのがご両親の願いです。

さて・・・ うまくいくでしょうか?? (^_^;)

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

アレルギー

季節の変わり目ですね。

私は、この時期に毎年咳が続くのが恒例になっています。
風邪・・ではなく、花粉症のように何やらのアレルギーのようなのです。

昨年はあまりにも咳がひどかったので、呼吸器科へ通いました。
診察の結果、やはりアレルギーだということで、吸入やら飲み薬やらを処方され、まあ何とか治まったという顛末です。


さて、今年もその気配が・・

少し胸が重くなり、明け方に咳が出るようになりました。


また呼吸器科に行くのも良いのですが、ここは慢性的に混んでおり、行くと下手をすると半日ほども時間が潰れてしまうのが難点です。

で・・ 早めに市販の咳止めを飲み始めました。
軽い時ならば、これで治まるのです。


しばらく続けて、さて、どうなることやら?

この時期は、何かと大変です。

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

木工とは無関係ですが・・

今回はちょっとマニアックな話になってしまうかもしれません・・

ニュートリノが高速を超えた と、センセーショナルに新聞一面で報道されました。
朝、その新聞を目にして驚愕したのは二日前のこと・・

まさか・・・

質量があるものは、どのようなものでも光速を超えることはできない というのが、アインシュタインの特殊相対性理論の根幹であり、方程式に記されています。

方程式はそれほど難しいものではなく、高校くらいの数学知識でそれが意味する本質を理解することができます。
それは非常に奇妙な世界ではありますが、同時に大変ロマンチックで、信仰のある人ならば、そこに神の意志のようなものを感じたりもすることでしょう。

現在の物理学は、この方程式の上に壮大な伽藍のように築かれており、それは100年ほどの歳月を経てその堅牢さが実証されてきました。

しかし、今回の発見はその根本を崩すものであり、これが事実であるならば全ての物理法則はそのすべてが音を立てて崩壊する事となってしまいます。

新聞では、タイムマシンも可能か? など、面白おかしく取り上げられていました。


さて、この事態を物理学者はいかに受け止めているのか?

発表から2日を経て、ネット上にも少しずつ意見が出てくるようになってきました。
それを概観するに、今のところ冷静な受け止め方が多いようですね。

疑われるのは、測定誤差の問題。
もし今回の測定結果が正しいとするならば、過去に行われた観測結果と矛盾することになってしまうようです。

過去の観測とは、小柴昌俊氏がノーベル賞を受賞することになった超新星爆発のニュートリノ観測のことで、この観測ではニュートリノのスピードは光速以下でした。

このように、二つの観測でニュートリノのスピードが異なるということは、どちらかが間違ってる・・
このため、実験メンバーを入れ替えて再検証が行われるようです。

結果が出るまで、世界中の物理学者が固唾を飲んで見守ることでしょう。


しかし・・・
自分が生きている間に、物理学上のパラダイムシフトが起こるかも・・ という場面に遭遇するとは思っていませんでした。

まあ、どのような結果になっても木工とはあまり関係なさそうですので(^_^;)
興味深く見守りたいと思います。


| | コメント (4)

2011年9月26日 (月)

木工のため職を辞すということ

先日、木工志望の方がいらっしゃいました。
遠く、500キロ以上離れた地からはるばるおいでになりました。

現在会社員だが、来年に訓練校へ行き、その後独立を考えてられる由・・・

木工を志す者が通る、一般的(?)なコースですね。


訓練校に入るためには職を辞さなければなりませんので、その時点で無職となります。
このため、訓練校に行くことは今までの人生をリセットするようなゼロからのスタートとなりますので、なかなかその決断は難しい・・ということが誰しも悩むところだと思います。

特に、年令を重ねるほどに背負うものも多くなってきますので、さらにそのハードルは上がりますね。


一方、何かをやるのに年は関係ない・・との言葉を聞くことがあります。

まあ、それは確かなことではあるのですが、しかし、年を取るほどに目の前に立ちはだかる壁は確実に高くなりまますので、それを乗り越えるためのさらなる努力と、それを支える熱い情熱を持ち続けることが要求されます。

何かをやるのに年は関係ないが、年を取るほどその道は困難になっていく  というのが現実ですね。


さて、今回の木工志願者君は30歳。
この年令が早いか遅いかについては議論があることでしょうが、私が訓練校に行ったのは38歳の時のことですので、これと比較するならばずいぶん早い ということになりますね。

いろいろとお話をさせていただいたのですが、年齢も含めてまだまだハードルは低い との印象を持ちました。

なので、リセットして訓練校へ行くのも良いのでしょう・・・
以前ならばそのように薦めていたと思います。

しかし、10年ほど前と比べて雇用状況は一変しました。
今では、正社員という立場にいることが、あたかもプラチナチケットを手に入れたように貴重に語られることが多くなってきています。

安易にその立場を捨て去り、情熱に動かされるまま訓練校へ進むことが果たして良いのか?
と、アドバイスをするのに逡巡しています。

アマチュア木工家として実績を積み、サラリーマンとの二足のわらじを履き続け、数年様子を見ながら木工起業についての具体的戦略を書けるようになってから訓練校へ行っても良いのではないか?
いや、訓練校へ特にこだわらず、アマチュアからそのままプロへ移行することもできるのではないか?

と、そのようなお話をいたしました。


今の日本は滑り台社会などと言われています。
一度滑り台を滑り落ちると、再浮上することは相当に困難になるというのが今の社会福祉の実態であり、経済状況が作り出している現実です。

ところが、滑り台の上にいるときはその実態が見えないのですね。
会社に所属しているということは、厚生福利について二重三重の保護を受けているのですが、しかしなかなかこれに気づかない・・・

有給休暇もありますし、病気になっても給与は支給されますし、健康保険は半額で済みますし・・・
などなど・・

しかし、辞めた途端にこれらの保護がなくなり、そこで初めて滑り台の上にかろうじてとどまっていることに気づくのです。


今、木工起業を考えておられる方は、是非このような実態を冷静に見つめてほしいと願っています。
それを踏まえて飛ぶか、飛ばないか? 

それはもちろん、あなた次第です。


| | コメント (2)

2011年9月24日 (土)

良い天気ですね

今日は、来客、写真撮影、納品と、忙しい一日になりそうです。

良い天気なのが幸いです。


詳しくはまた改めてブログに書きますね。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

台風一過の空に

台風 皆さんのお住いの地域は大事はないでしょうか?
ここ北部九州は幸いなことに大きな被害はなく、今日は太陽が顔を見せています。

それにしても・・・ここのところの日本は、自然からの脅威を受けることが頻繁になってきました。

宮崎の新燃岳噴火はまだ記憶に新しいところで、それに続く3月の東日本大震災、そして夏以降の大雨台風の連続など、連続して起こる自然現象に翻弄される日が続いています。


これらは自然の事ゆえ受忍するしかないのでしょうが、未だ収束の気配がない原発事故については腹立たしく思うばかりです。

原発についてはまた改めて思うところを書いてみたいと思いますが、次々と起こる災害、遅々として作動しない政治機能、そして、それに乗じた近隣諸国の挑発、経済の停滞とTPPへの参加是非、増税など・・ 国全体が試練の中に放り込まれているようです。

諸問題についてしっかり考えたいと思いつつも、めまぐるしく変わる情勢に追いつくことが出来ず、マスメディアからの発信を拾い読みすることぐらいしかできておらず、思考停止になりそうです。


国難です・・・が・・
しかし、このような国難は今に始まったことではなく、歴史を振り返ってみると今以上に厳しい状況に置かれていたこともあり、それを我々の先達はその都度乗り越えてきたのですよね。

その知恵に学びたいと思い、ここのところ歴史書を読み返すことが多くなっています。
特に、近代以降の日本の振る舞いについては良くも悪くも考えさせられる所が多く、我々一般庶民の有り様についても参考になることが多いように感じています。

ただ、日本の近代から現代史については、どうしても左右イデオロギーの色眼鏡を通して語られることが多く、その対立は科学的な議論を通り越して、感情論にまで発展してしまうことがほとんどです。

残念なことだと思う反面、この両者が互いのバランサーとなり、うまく平衡しているのかなぁ? とも思えたりもしますね。


ともあれ・・・国難です。
この事態にどのように振る舞うのか?

それは政治家任せでは決してなく、我々国民の一人ひとりにその覚悟が問われているのは間違いがないことだと思います。

ちょっと背筋をシャンとして、正しく生活を送り、正しく政治に関与する。
その少しの自覚がこの国難を乗り越え、後世に恥ずかしくない形で歴史を引き渡すことにつながっていくように思います。

台風一過の空を見上げて、そのようなことを思いました。

| | コメント (2)

2011年9月20日 (火)

梨狩りへ行く

この仕事、連休はあまり関係ないのですが、世間が静まっている時に仕事をしていても、どうも乗りが今ひとつですね。

湿度も高く、作業も限られてしまうし・・・

ということで、昨日はお昼から休みにして梨狩りに出かけました。
行先は、お隣りの山口県・・・ 
豊田湖という人工湖があるのですが、この周辺に梨園が点在しており、今が梨狩りのピークです。

高速を走って一時間ほど・・ 適当な距離ですね。


まず道の駅に立ち寄り、ここで受付をします。
道の駅が総合案内所になっているのはなかなかの工夫で、ここで適当な農園を紹介され、道案内の地図を受け取ります。

紹介されたのは、道の駅から4キロほどのところにある田中利梨園です。

人っ子ひとりいない農道を走ること数分・・
丘の麓にぽつんと見えてきました。

農園は斜面に沿って作られており、どの木にもたわわに梨が実ってますhappy02

今の旬は、豊水と秋月。
いずれも大変甘く、思わず4個も食べてしまって腹いっぱい。

最近は腹7分目を心がけているので、腹一杯の感覚は久しぶりで、満足というよりは 苦しい・・


その後、地元の天然かけ流し温泉でゆっくり。

なかなかよい休日でありました。


ところで、昨日から急激に気温が下がりました。
今日は半袖では肌寒いほどです。

これが果たして台風の影響なのか? それとも?

外は小雨・・ 今日も湿度は高そうです。
今週も作業に難儀しそうな予感が・・・


おみやげの梨でも食べて、景気をつけるかな・・

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

交通整理に物申す

最近、周辺で道路工事をやっているところをよく見かけます。

そして、道路工事といえば、かならずいるのが交通整理の人。
広い道路で危険が少ない場合などは、看板や電光表示式のものを置いたりしていますが、危険度が高いところはやはり人が直接誘導しなければなりませんね。

さて、問題は、この誘導員です。

困るのは、誘導の仕方がまちまちなこと・・


丁寧な人は、赤旗と白旗を持っており、赤旗を出すと止まれ 白旗を振るといってよし  という感じで大変わかり易いのですが、そのような人はまれです。

総じて赤旗のみ、あるいは赤い蛍光管のみを持って、それで止まれだの行けだのとサインを出しています。
これが大変わかりにくい・・・

だいたい、赤色というのは危険を表す色で、交通に対しては止マレ!を意味することは世界標準のはず。
なので、赤旗を振って”行け”ということは、それ自体矛盾しており、これが混乱の原因となるのです。


そして、混乱に拍車を掛けるのは、旗の振り方が人によってまちまちなこと。
そのため、行け といっているのか、 止まれ といっているのか、 にわかには判断しにくいこともしばしばで、その都度イライラします(私だけ??)


先日も、行け というサインを 止まれ と間違えて難儀したりしました。


誘導のサインは、いわば信号機のようなもの。
交通安全に欠かせないもののはずなのですが、その誘導方法がまちまちなのはどうにも解せません。


なので、道路工事をやっているところは、できるだけ避けて遠回りをしたりする今日この頃です。

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

ドラクエ25周年

突然ゲームの話をするのですが・・・
ドラクエシリーズが、25周年を迎えたそうです。

言うまでもなく、ロールプレイングゲームの雄、ドラゴンクエストですね。


25年前のとある日、学生(大学院生)だった私は実家の居間でうたた寝をしていました。
まどろんだ頭でふと横を見ると、なぜかそこに一本のソフトが・・

それが、ドラゴンクエストの第一作だったのです。

見慣れないソフトで、なぜこのようなものが? と不審に思いつつも、何気なくファミコンにセットしたのが事の始まりでした。

あの、すぎやまこういち作曲のファンファーレが鳴り響き、そしてプロローグへと音楽が展開していきました。
しかし、この時には私の予備知識はゼロで、一体これがどのようなゲームであるのか、全く分からないままコントローラーを操作したものです。

主人公が、何やら王様らしき人から冒険を命じられ、城を出て旅に出る。
ところが、城の外にはモンスターが待ち構えており、それらをやっつけながら自分の経験値を上げていかねばならない。

そんなことも分からないまま進めたので、あっという間に主人公は死んでしまいました。
しかし、そこで終わりではなく、死んだらまた生き返って、同じように冒険することを強いられる。

なんだこれ??????

さっぱり分からないままあれこれと操作をしたものです。
すると、そのうちなんとなく分かってくる。

そして、分かってくるのに比例して、いや、まるで二次関数や指数関数のように急激に面白さが増していくのでした。


それからは大変。
寝不足との戦いで、徹夜をしたことも?

ゼミの日に起きることが出来ず、助教授から雷を落とされたり・・・

とまあ、そのような衝撃的な出会いでした。


それからの展開は皆さんご存知のとおりですね。
ドラクエ2の発売日には徹夜の行列ができ、社会現象とまで言われるようになって行きました。

2も面白かった。
この当時のドラクエは、謎解きに関してユーザーに媚びておらず、かなり難しい展開でした。
それが余計に寝不足を助長することとなったのです。

そして、次のドラクエ3でお話は完結します。

これで終わり  と思っていました。


ところが・・・ もはや巨大な市場規模となったゲーム業界にあって、ドル箱商品のドラクエシリーズが廃れることはなく、なんと25年にわたって今に引き継がれることとなっています。


もう、私は今ドラクエをすることも、ゲームをすることも全くありませんが、私の息子たちはいろいろなドラクエシリーズを取っ換え引っ換え楽しんでいます。

ちょっと前の事になりますが、この春にはすぎやまこういち氏がフルオーケストラを指揮するドラクエシンフォニーを聞きに行きました。
老若男女で、満席。

四半世紀とは、そのようなことなのですね。


あの日、何気なく手にとった一本のソフト。
それが、このような伝説の始まりになるとは夢にも思いませんでした。


ところで、件のソフト。
どうやら、親父の友人が置いていったものらしい・・
難しくてよく分からんから、そのままにしていったそうな・・・


たかがゲーム。
しかし、されどゲーム。

25周年は、やはり感慨深いものがあります。

| | コメント (2)

2011年9月16日 (金)

残暑にもほどがある

残暑にもほどがある と思いませんか?

昨日は所用があって、昼間にちょっと外出したのですが、照りつける日差しは痛いほどで、こりゃ全く真夏だわね。
たまらん。

それでも、夕方になって陽が陰ってくると多少は涼しい風も吹くようになって、確かに秋はやってきているようではあるのですが・・・

この気温で、元気が良いのが蚊です。
活動するのに丁度よい気温になったのでしょう  毎日大変。

蚊の対策は、以前も書きましたが渦巻き蚊取りにつきます。
缶買いをして、連日モクモクの煙の中で過ごしています。

そのせいでしょうか、最近では体全体が煙臭い。
人間燻製のようになってます。

ところで、また台風が近づいているようで、その影響か、今日は曇りで若干気温も低くなってます。
ちょっとほっとしていますが、今度は雨のおそれが・・・

安定した秋晴れはいつのことか?
まだまだ、空を眺める日が続きそうです。

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

さんま大根を欠く

秋の味覚。
ようやく食しました。

さんまです。


ついに生さんまが並び始めましたね。
今年の初さんま・・いや、美味しかったァ


粗塩をして、本当は七輪なんかで炭焼すればベストなんでしょうが、ここは普通にガスコンロ。
コツといえば、コンロ内を十分に予熱しておくことかな。

焼きあがってジュージューいっているのを見るのはたまりませんね。
グフフフ・・・


だが・・・
なんと・・・

大根がない orz

そして・・

かぼすもない (ToT)

画竜点睛 いや、さんま大根を欠く といったところか。


まあ、でもいいや。
脂の乗ったさんまは文句なく美味しく、秋の訪れを実感したのでした。

ところで・・
日本酒も なかったぁ~


ないないづくしの初物。
でも  満足。

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

新しい刃の快感

頼んでいた新しいチップソーを、機械屋さんが持ってきてくれました。

ウヒヒ・・・ 新しい工具を手に入れたときは、テンションが上がりますね。

今回は、ちょっと思うところあって、従来使っていたものとは違うタイプを購入しました。
一つは、刃厚は同じでチップ数が若干多めのタイプ。
もう一つは、刃厚厚めで、チップ数がもうちょっと多いタイプ(縦横兼用刃ですね)

いずれも昇降盤にセットして使うもので、造作用と、ほぞ切り専用として試してみたいと思ってます。


今回は機械屋さんも忙しかったようで、ちょっとした立ち話程度しかできませんでしたが、聞くところによると近隣にまた新たしい木工房ができたとのこと・・

その昔、10年ほど前に比べると、この近辺もだいぶ賑やかになってきました。

工房が増えるということは、競争相手が増えるということでもありますが、しかし、同時に需要の掘り起こしにもつながるため、お互いが切磋琢磨できるような環境になれば良いなと思っています。


さて、昨日は新しいチップソーで試し切りをしてみました。
う~ん、この新しい刃の切れ味・・ ゾクッとするような快感がありますね。

ほとんど抵抗もなく、まるでチーズにナイフを入れるように木を切断していくこの滑らかなフィーリングは新しい刃ならではのこと・・・
うっとりとする恍惚感に浸ってます(この感じ、木工人なら分かりますよね)

さて、今日は細かい造作をしなければなりません。
早速、この新しい刃の出番です。

今日は、いつもより気持ちよく作業ができそうです。

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

相互リンクしてください

ホームページを運営していると、いろいろと妙なメールを受け取ることがあります。

その中で、相互リンクのお願い というものが時々やってきます。

内容は・・・

唐突にスミマセン
相互リンクのお願いです

勝手なお願いですので、まずは私のホームページに貴ホームページをリンクしました。
つきましては、貴ホームページにも相互リンクしていただければ幸いです。

なお、リンクを貼られる場合は、以下の紹介文を記載いただきますようお願いします。
「〇〇もびっくり、△△するだけでこんなに××になってこりゃ素晴らしい  ・・」

とまあ、概ねこのような具合ですね。


??? と思って相手のページを見ると・・
これが、木工とは全く関係のない代物で、ダイエット関連だったり、健康サプリメント関連だったり。

そして、リンクページを開くと、出てくるわ出てくるわ・・・
おびただしい数のリンクが選別も分類もされずに、全くめちゃくちゃに並んでいます。

さながら、おもちゃ箱をひっくり返したような有様で、その雑多なページの片隅に、ありました!
私のページもorz


で、相互リンクは?
もちろん、しませんよ ヽ(`Д´)ノプンプン


まあ、おそらくはSEO対策としてあちこちにリンク網を張り巡らせようという魂胆でしょう。
この手のモノは、ブロードバンド黎明期頃にはずいぶん流行ったみたいで、当時はたくさん依頼が来たものですが、最近ではさすがに下火になったようで、滅多に来ることはありません。

それでも、月に一度くらいはまだ来ており、なんだかなぁ~と思いますね。


商売は地道が一番!
これにつきます。


ちなみに・・・FAX売込みも相変わらず健在・・

まったくもう ( ´Д`)=3

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

なんと厄介な なんと面白い

制作進行中。

考えても予測できないときは、とにかく手を動かして、動かしながら考えてみよう。
案ずるより産むが易し・・・ と言い聞かせてやっていますが、すこしずつ前へは進んでいるようです。


工程を一つ進めると、やはり問題点がいくつか出てくるのですが、問題がはっきりするというのは大きな収穫です。

問題がわかれば、それに対する対策を考えればよいので、目的が具体化するからです。
最も厄介なのは、どのような問題が出るか分からないということで、これで頭を悩ませていたのですが、案ずるより・・・ という言葉はやはりその通りで、だいぶ問題が明確になってきました。


で、問題が出るたびその解決手段を考えたりしているので工程の進行は遅々としているのですが、でも、面白いもので、悩みながらやっていると妙な充実感がありますね。


いつもは、考えてから制作にかかるため、工程の進行は流れ作業のように進んでいきます。
淡々と・・という言葉がぴったりするように、一人の工房で黙々とした作業ですね。

対して、今回のように考えながらの製作は、あっちへぶつかりこっちへぶつかりとした按配ですが、でも、このようなジグザグの進行は、理屈抜きに物を作っているという醍醐味が感じられ、ちょっとエキサイティングです。


・・・商売としては、こんなに時間をかけていてはダメなんですがね・・・


ともあれ、5合目までは来ました。
次は、もうひとつ大きな山が控えており、おそらくこれも作りながら考えることになりそうです。

さてさて 木工とはなんと厄介な  いや なんと面白いものでしょうか。 フフフ

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

秋と言えば

朝晩はだいぶ涼しくなって、秋の気配も漂ってきました。

読書の秋、スポーツの秋  いや、なんといっても食欲の秋でしょう(グフ)


さんまがないかなぁ? と思って近所の生協へいそいそと出かけてみたのですが、まだ生さんまは入荷がない模様。
代わりに、かつおの刺身パックがあったので、それを買って帰りました。


ところで、かつおといえばやはり高知の魚市場で食べるのが最高です。

血合いの多い魚ですので、にんにくのスライスと一緒に食べるのが高知流のようですが、しかし、目の前でたたきにしたばかりのかつおは特有の血生臭さなど全くなく、タレか少しの塩だけで十分で、薬味の必要などないほどです。

これが食べたいばかりに、年に一度はいそいそと土佐久礼市場まで出かけているのでございます。


生協のかつおパックもそこそこ美味しかったのですが、あたりまえのことながら高知のそれにはかないません。
少しずつつまみながら、暑かった今年の高知を思い返したりしました。

夏の思い出ですな。

さて、次はさんまです。

いつ入荷するか? 楽しみに待ちたいと思います。

新さんまと、大根おろし。
これに、大分名産のかぼすをちょっと絞って (じゅるる)

そして酒は?

まずはビール。
この時期の風物アイテム、キリン秋味。

次に、辛口の日本酒を冷やで・・

そして、芋焼酎は近所の酒屋さんオリジナルブランドのものが最高♪


そんなことを夢想している今日この頃です。
食欲の秋・・・いい季節だ。


梨、巨峰もシーズンですね・・・ フフ

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

頭が先か、手が先か

家具製作の方法は様々ですが、今までのつたない経験に照らしておよそ二つに大別されるように思います。

・考えてから作る人

・作りながら考える人

つまり、頭と手と、どちらが先か? ということですね。


これは両者に優劣があるわけではなく、作者の個性によるところが大です。
ちなみに私は・・・考えてから作る人 ですね。

なので、製作前に必ず加工検討を行い、予想される問題点などを洗い出して設計に反映、その後に簡単な設計図を書き、木取り表を書き、続いておもむろに制作にかかるというスタイルです。

が・・・ 稀にそれができないことがあります。
新しい構造を採用する場合など、それにまつわる問題点が今までの経験に照らして予測が難しい時、大変悩みます。

まあ、このようなときは試作をして確認するのが良いのですが、時間的に厳しいことも多々あり、また部位によっては試作では確認できないようなこともあったりして、それがさらに悩みを増幅させることになります。


くどくど書いていますが、要するに、うう~ これ、どうやって作ろう? と今悩んでいるのです。


昨日も考えて結論が出ず、気分転換(現実逃避?)のためにミステリーを読み始めたら面白くなって二時間も読みふけってしまいましたorz

何やってんだ 俺 (^_^;)

で、もちろん今日も状況は変わりません。

このようなときは・・・ そう、作りながら考える。
考えても分からないときは、手を動かしてみるしかありません。

作業の進行に従って、問題点もさらに具体性を増していくでしょう。
具体性が増すということは、問題点を分類し、細分化することができるということです。

そうなれば、個々の問題についての対処法も見つかる  はず!


幸い、今日はさわやかな秋晴れで、木工には絶好の日です。
さあ、今から工房に入って加工に着手することとしましょう。

何か 見えてくることでしょう。    たぶん

| | コメント (4)

2011年9月 6日 (火)

机上整理箱

この数日、公私ともに上に行ったり下に行ったり、右を見たり左を見たり、おまけに台風が来たりして、なかなかブログ更新できませんでした。

スミマセン。


本日は、新作の紹介。
先日お届けした、机上に置く整理箱です。

20110826_001

お客様から原案となるFAXをいただき、それをもとにデザイン・設計しました。


20110826_014

上下に並んだ小さな引き出しが特徴です。
机の上って、どうしても細かなものが散らかってしまいますね。
そのようなときに、これだけの引き出しがあれば十分に整理ができることでしょう。

20110826_006

このように、階段としても使える・・・  わけありません ・・(念のため)

20110826_002

天板と側板の連結は組手(5枚組)です。
強力で、デザイン上も面白いですね。


これ一台で、机の上すっきり!
机上の整理に悩んでいる方・・ ぜひご検討くださいませ♪

| | コメント (2)

2011年9月 2日 (金)

蚊取り線香

まだまだ残暑厳しいですが、それでも真夏に比べると若干気温も下がってきたようです。
そのためでしょうか、やたら蚊が増えてきました。

なんでも、聞くところによると、蚊にとっても暑すぎるのは堪えるようで、若干暑いくらいが活動が活発になるらしいのです。

一昨日は、夜中に蚊に刺され、痒くて寝不足でした。
リキッドタイプの防虫剤など置いているのに・・この手のものは効き目がイマイチですな。

そこで登場するのが、蚊取り線香。
渦巻きタイプのやつです。


昨夜は、蚊取り線香を昔懐かしい蚊取り豚に納め、足元あたりに置いて寝ました。
おかげで昨夜は一匹も出ず、熟睡。

やはり夏は蚊取り線香だぜ!


その昔、母方の田舎へ遊びに行ったときは、縁側、スイカ、打ち水、線香花火、蚊帳、そして豚の蚊取り線香というのが夏の風景でした。

今でも蚊取り線香の匂いを嗅ぐと、その頃を思い出したりします。


まだまだ蚊の季節は終わりません。
蚊取り線香が手放せません。

| | コメント (4)

2011年9月 1日 (木)

夏の終わり

8月が終わってしまいました・・・

暑い暑いと言っても、夏の終わりにはちょっと物悲しくなってしまうのは例年のことです。
中学生の次男は今日が始業式で、久し振りに早起きをして出かけて行きました。

静かです・・・

落ち着くわ~


しかし、夏の終わりと言っても、夏が意地を張っているように最近は暑いですね。
秋風が吹くまでもうひと頑張り・・


全国の木工家諸氏、あと少しの辛抱です。
頑張って最後の残暑を乗り切りましょう。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »