« 休みボケか? | トップページ | 夏の終わりの »

2011年8月20日 (土)

ダイニングテーブルスタンダード

新作です。

チェリーのダイニングテーブルです。

20110806_001

このテーブルは、我が工房が考える最も基本的な形で、ダイニングテーブルスタンダード と命名しています。

そもそもテーブルなんて、天板に脚を四本取り付けただけのものですよね。

でも、いろいろと考え始めると、天板のサイズだの厚みだの、脚の太さだの、立ち位置だの、面取りの大きさだの・・・と、あれこれたくさんの事が出てきて、なかなか悩ましいのです。


20110806_011

このテーブルは、それらすべての項目について、それぞれが極端にならず、ちょうど中間程度になるような構成としたものです。

天板は広すぎず、狭すぎず、厚すぎず、薄すぎず・・・
脚は太すぎず、細すぎず・・
シャープすぎず、やわからすぎず・・・

という按配ですね。

20110806_007


テーブルは、毎日使い、毎日リビングで見るものです。
特殊なものは必要ありません。

食卓での主役は、料理であり、そしてそれを囲む家族やお客さんであるはずです。
テーブルは、それを支える舞台であれば良い。

と、考えています。


1200×800ミリのテーブル。
二人使いならば十分な広さで、短辺を使えば4人まで座れます。

必要にして十分・・・ ダイニングテーブルスタンダードです。

|

« 休みボケか? | トップページ | 夏の終わりの »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休みボケか? | トップページ | 夏の終わりの »