« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 平丁番と眼鏡と »

2011年7月25日 (月)

祭りの終わり

昨日まで、地元のお祭で我が家の周りは大変な賑わいでした。

神事や、祭りを盛り上げるお囃子など、子供の頃から慣れ親しんだ風景や音に接すると、やはり気持ちが高ぶってきますね。
昔に比べると規模は小さくなったのですが、それでも神社参道にズラリと並んだ露天の夜店をひやかして歩くのは楽しいものです。

この祭りが終わると、いよいよ夏本番、そして楽しい夏休み というパターンが私のDNAに刷り込まれているようで、夏休みが無い今であっても、なんとなく気持ちがウキウキしてくるようです。


大人も、そしてもちろん子供たちも祭りのぼせのような感じで、この時期はなかなか他のものが手につきません。


タイミングの悪いことに、今年は祭りと中学体育連盟の各種スポーツ大会の日程が重なったため、子供たちは両方に挟まれて大変だったようです。

聞くところによると、他から赴任してきた新任の先生が、「祭りにのぼせてスポーツ大会をおろそかにしてはいけない」と発言し、これがさんざん不評を買ったそうな・・・

まあ、祭りというのはその地域の生い立ちと共にあり、地域の歴史に深く根ざしており、いや、場合によっては地域そのものの象徴でもありますので、地元民にとっては「何言っちょんか、祭りが大事に決まっちょーやろーが!」となるわけです。

新任の先生にはとんだ洗礼で気の毒なことではありましたが、祭り優先の心意気は、祭りの中で育ち、祭りを愛する人であれば、おそらく日本全国どこの地域でも同じでしょう。


例年蒸し暑い中でのお祭りなのですが、ここのところは湿度が低くしのぎ易い空気の中で、心なしか大山笠の動きも早かったようでもあります。

参考サイト
 戸畑祇園大山笠

さて、祭りも終わって今日からはまた日常です。
今週はまた蒸し暑さがぶり返すようで、こうなったら鰻でも食べてしっかり備えなければなりませんね。

夏が  やってきました!

|

« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 平丁番と眼鏡と »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトオークの学習机 | トップページ | 平丁番と眼鏡と »