« 愛と誠 | トップページ | 巨星墜つ 追悼 村上富朗氏 »

2011年7月 3日 (日)

玄海原発再開へ

久しぶりに原発のことを・・

九州佐賀県、玄海原発が再開へ向けて動き出しました。
まあ、今でも2機は動いているのですが、定期点検のために停止している残り2機を再稼働するか否かで様々な議論が繰り返されていました。

先日、海江田経産相が佐賀県知事を訪ね、安全が確保できたので国の責任において再稼働をさせたい。
容認して欲しい・・ との訴えをし、それに対して知事の方は、安全が確保されたのはよくわかった・・ と、茶番劇をテレビの前で繰り広げていましたが、今最も信頼できないのは「国の責任」という言葉であるのは国民の共通認識になっているように思います。

まあ、古川知事は原発容認派であり、福島事故以後に再選をされているわけですから、このような展開になるのは当然のことなのですが・・・


巨大なプロジェクトは、そう簡単には止まらない・・
というのは、過去から繰り返されてきていることで、巨大な利権構造を創り上げてしまった原子力村にメスをいれるのは、どれほど国民や市民団体がデモなどを繰り広げても、蟷螂の斧といった感がありますね。

これが民主主義国家かいな?
大陸の何処かの国を見ているようでもあります。


こうなったら、菅さんが言っているように、原発是非を最大の争点とした衆議院選挙をやって欲しいな と思います。

このプラン、政財界、およびマスコミには大不評で、震災復興を急がなければならないときに何を考えているのか? という大義が散々に言われていますが・・・ それホント?

今原発選挙をやれば、おそらくは反原発派が多数を占め、それが原子力利権を根絶やしにしてしまう。
それを恐れているのではないの? 本音は??


いろいろと不評の菅首相ですが、不評ついでにプッツンして、解散! と、やってくれないかな?

その結果がどうなるか?
是か非か?
いずれにしても、歴史に残る選挙になることは間違いないでしょうし、その点において、菅首相も歴史に名を残す首相となることでしょう。


など、半ばヤケクソ気味に書いてみました。


|

« 愛と誠 | トップページ | 巨星墜つ 追悼 村上富朗氏 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛と誠 | トップページ | 巨星墜つ 追悼 村上富朗氏 »