« 重曹水の効用 | トップページ | 厳しい季節 »

2011年6月29日 (水)

味覚消失

ようやく風邪が抜けたようです。

ひと月ほど前に微熱を出して医者へ・・
薬を処方され、症状は軽減されたのですが、その後咳だけが残っていました。

特に、朝起きたときの咳き込みがひどく、これで腹筋が鍛えられるほどです。


呼吸器科へ行こうかとも思ったのですが、昨年同じような状態で呼吸器科へ行ったところ、専門分野だけあって検査は念入りで、のべ診療時間がかなり長くなってしまったので、今回の通院にはちょっと二の足を踏んだのでした。

ただでさえ梅雨の雨で工程が遅滞しているところ、時間のロスは大変に痛い!!!


そこで、市販の咳止めを買って飲んでみました。

これが・・・意外と・・・ 効きました。

4日間集中して服用して、無事咳も止まり、快調♪


ただ、この副作用なのですが、味覚の消失がありました。
味がほとんど、分からない。

淡々とした木工生活の中で唯一の楽しみが三度の食事とお酒なのに、味がわからん。
なので、ここのところの食事は楽しみではなく、体力を維持するための義務といった感じで実に味気ないものでした。


が、咳止めを飲み終えて・・
戻ってきましたよ、味覚が♪


なので、早速昨日はお気に入りのラーメン屋さんで堪能してきました。
夜はお酒も フフフ。


さて、これで体調は万全。
梅雨明けも近づいてきているようですし、今から巻き返していきますよ~

|

« 重曹水の効用 | トップページ | 厳しい季節 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

過去のブログを少しずつ読ませてもらっています。家具作りに取り組む真剣さには頭が下がります。私は余りにも何でも引き受けてしまい、どのジャンルも中途半端と成ってしまっているようです。
今年の風邪は咳が長引くようです。
私も4月に掛かった風邪が原因でいまだに空咳が時々出ます。
かかりつけの医者から肺炎かも知れ無いなどと愕かされ、大きな病院で一杯検査されて時間とお金の無駄遣いをしてしまいました。
木の粉の吸いすぎでしょうかね。

投稿: 今野祥山 | 2011年6月29日 (水) 12:43

ご覧いただきありがとうございます。

私も、過去は雑貨類も手がけていたのですが、すこしずつ手を引き、今はほとんど家具に専念しています。

いいのか悪いのか??


咳が長引くのは辛いですね。

私の場合は9月に長咳が続くのが恒例となっており、この原因はアレルギーです。
なので、ステロイドなど、専門的な薬剤投与が必要です。

しかし、この5月~6月の咳はそれとは異なり、やはり風が原因となったもののようで、市販の咳止めで抑えこむことができました。

今野さんも、もし咳が続くようでしたら、呼吸器科など、専門医の診断を受けることをおすすめします。

アレルギーの場合は、やはりそれ専用の治療が必要となるようですので、とにかくも原因を特定させることが大事だと思います。

ご自愛をお祈りしています。

投稿: 栗原@simple | 2011年6月30日 (木) 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重曹水の効用 | トップページ | 厳しい季節 »