« 勧誘電話に思う | トップページ | 天の慈悲 »

2011年5月16日 (月)

メルトダウン

福島原発・・
やはりメルトダウン(炉心溶融)していた模様です。

メルトダウンの可能性についてはかなり早い段階から専門家たちの指摘がされており、空間線量などのデータもそれを裏付ける数値が現れていましたので、やはりそうか・・と言う感じで、今さら驚くには値しません。

メディアなどでの扱いも比較的この事態を冷静に受け止めているようでもあり、どうやら、この2ヶ月の間にメディアも、そして我々一般人も、原発というもののメカニズムをある程度理解し、事態を客観的に受け止める準備が出来上がったというなのかな? と理解しています。

以前は、メルトダウンと聞くとチェルノブイリの爆発事故を想起していましたが、今ではそのようなこともなく、それよりは圧力容器や格納容器などの密閉性が大事だよ・・なんて、床屋さんで会話をするほどまでになっています。

皮肉な見方をするならば、福島事故のおかげで皆の原発リテラシーが飛躍的に向上したと言うことができますね。


ところで、気になることがひとつあります。
再臨界についてです。

メルトダウンによって燃料棒が溶け出し、圧力容器の底にたまってしまうと中性子の制御が出来なくなるために再臨界が起こるとの指摘が以前からされていました。

最臨界とは核分裂反応がふたたび始まることであり、これによって温度が急上昇し、圧力容器や格納容器を破壊したり、水と反応することで恐ろしい水蒸気爆発を起こすのではないか? との推測もありました。

実態はどうなのか??

1号機では、原子炉建屋の地下に数千トンの汚染水が溜まっているとのこと・・
これはもちろん、圧力容器、格納容器の破損によって冷却水が漏れ出したものであることは疑いがありませんが、封水が破られたことが地震に起因するものなのか? それともメルトダウンした燃料の熱によるものなのか? はたまた再臨界によるものなのか?  このあたりのメカニズムは未だに明らかにされていません。

工程表の見直しが叫ばれていますが、このメカニズム如何によっては見直しの方向性がだいぶ異なってくるようにも思うのですが・・・このあたり、メディアにはしっかりと監視をしてもらいたいものだと思います。


さて、東電の方々へ・・・

ホントは・・どの段階でメルトダウンを疑っていたのでしょうか??
いや、実際に確信したのは温度計などの計測器が回復してからですよ・・と言うことはよく分かりますし、おそらく、事実でしょう。

しかし、技術者ならば状況証拠からでもかなりの確度で推測は出来ていたはず。 ですよね!

情報を小出しにするという判断、あるいは決断が情報開示のどの過程でなされていたのか?
このあたりの検証もしっかりと行なってもらいたいと思うのですが、しかし、原子力安全委員会や原子力保安院などは一蓮托生のようでもありますし・・ これらを調査する第三者機関がないのがもどかしいですね。


ともあれ、メルトダウンの事態把握で、ステージはより一段階悪化したということになりそうです。
冷却と汚染水流出という究極のトレードオフにあって、これをどのように納めていくのか?

叡智を結集した新工程表の策定が望まれています。

|

« 勧誘電話に思う | トップページ | 天の慈悲 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勧誘電話に思う | トップページ | 天の慈悲 »