« 連休のお知らせ | トップページ | 泣き言 »

2011年5月 7日 (土)

浜岡停止についての雑感

連休は長崎へ行ってました。
そのことはまた改めて書きますが、昨日は浜岡原発の全面停止を総理が要請という大きなニュースがありましたので、これについて少々コメントしてみたいと思います。

巷では、拙速だ とか、遅きに失した とか 様々な意見があるようですが、個人的にはこれを歓迎したいと思っています。
ただ、私自身は中部電力圏内の受益者ではなく、いわば部外者でありますので、このような発言は不遜なことであることも自覚しているのですが、それでもあえて歓迎という言葉を表したいと思っています。

福島以後、この地震列島にあって多数の原子炉を抱えていることに対する問題意識が国民の間に急速に高まってきていることは確かなことであり、これからの電力行政や原発ありかたについてはその地域住民のみならず、まさに国民一人ひとりが良く考え、それを政治へと反映させていくことがより強く望まれているように思います。

また、原子力村などと呼ばれる産官複合体の不透明な利権構造にメスを入れ、これを白日のもとに晒す起爆剤とするためにも、今回の浜岡停止は画期的なターニングポイントになることでしょう。

電力供給の不足が引き起こす産業界への影響や、それに続く経済への打撃など、先が読めないところも多々ありますので今回の決断が果たして正しいのか? ということについては現段階での評価は大変難しいものではありますが、それでも福島の収束が全く見えない今にあって、最優先にすべきは国民の健康であることは疑いはありません。

ならば、予想される東海地震の震央地にあるもっともリスクの高い原子炉をまず止める・・ という決断は、それを下した真意や憶測といった不可解な部分を差し引いても十分評価に価することと思っています。


これから賛否両論が激しくなることでしょう。
それでいい・・と思います。

どちらの陣営も、逃げずに、徹底的に、公開白日のもとで議論を展開してほしいと思います。

そして、我々国民は、一体誰がどのようなことを言うのか?
それを、注意深く見守っていくことが望まれます。

事態を不透明にするのも、ガラス張りにするのも、その根幹は我々一人ひとりの覚悟にかかっており、その覚悟が問われている・・と思っています。

しっかりと・・見ていきましょう。

|

« 連休のお知らせ | トップページ | 泣き言 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連休のお知らせ | トップページ | 泣き言 »