« 泣き言 | トップページ | 勧誘電話に思う »

2011年5月11日 (水)

オークの本棚

新作をご紹介します。

ホワイトオークの本棚です。

20110401_004


20110401_017


側面のカーブが特徴的ですね。


もうひとつの特徴は、この移動棚。
20110401_013

棚の下を斜めに切り取ってみました。
こうすることで、棚板が薄く、シャープなイメージになりますね。

20110401_021


実はこれ、お客様よりのアイデアです。
お手持ちの別の本棚をモチーフにしたご提案でした。

実際に加工してみると・・
おお、いい感じ♪

これから、我が工房の定番のデザインになるかも?


無垢の本棚。
書斎の雰囲気がグッとよくなることでしょうね。

|

« 泣き言 | トップページ | 勧誘電話に思う »

作品の紹介」カテゴリの記事

コメント

側板の木目が綺麗ですねー。
お客様も満足されるでしょうね。
奥行き狭そうですけど壁固定ですかー?
とか、気になったりします。

投稿: とおる | 2011年5月12日 (木) 22:36

コメントありがとうございます。

この本棚は直接お届けに伺ったのですが、とても喜んでいただくことができました。

まさに、木工家冥利につきます。

奥行きは25センチほどで、本棚としては標準的な大きさですね。

置き場所は書斎で、ここで寝ることはない・・ということですので、壁固定はしていません。

大震災のこともあり、我々家具屋にとって、地震時の安全確保ということは常に念頭においておかねばならないことで、ご注文をお受けするに際しては、使用場所や壁固定の可否など・・ 綿密なコミュニケーションを取るように心がけています。

無垢の家具は特に重いので、この地震列島にあっては地震への備えは切実な問題ですね。

投稿: 栗原@simple | 2011年5月13日 (金) 09:31

棚板前面のシャープさが、飾り棚のような雰囲気を出してくれていますね。

ところで棚板の端ばめですが、本ざねでしょうか。同程度の厚さ、幅の棚板を作りたいのですが、端ばめの逃げをどう細工すればいいのか迷っています。アリにするには薄すぎるように思いますし、裏からピンで止めるのも手間を考えると躊躇してしまいます。
サイズ的に接着で押さえ込んでみえるのかと勝手に想像していますが、如何でしょうか?

投稿: kagerou | 2011年9月21日 (水) 13:41

コメントありがとうございます。

端ばめですが、本ざねを用いています。

固定については、中央付近は接着して、両端は側面からのビス固定です。

ビス穴をバカ穴としていますので、その範囲(3ミリほど)で逃がすことができます。
本棚の奥行き程度であれば、十分な逃し幅だと思います。

全面接着も、弾力性のある白ボンドを用いれば大丈夫かな? とも思うのですが、側面ビス固定であればそれほどの手間にはなりませんので、この方式を採用することが多いですね。

蟻も有効だと思いますが、ご指摘のようにちょっと薄いかな?
手間もかかりますしね(^_^;)


以上、ご参考になれば幸いです。

投稿: 栗原@simple | 2011年9月22日 (木) 10:36

やはり全面接着では、無理があるでしょうね。

厚くて幅の広い天板の延長戦上からでは思いつかない、まさに目からウロコのアイデアでした。
ご好意に甘えて、お知恵拝借させていただきます。ありがとうございました。

投稿: kagerou | 2011年9月22日 (木) 20:50

全面接着も・・・大丈夫じゃないかな? と思うのですが、やはりお客様に渡す商品ですので、ちょっとためらってしまいますね。

でも、側面からのビス挿入であればそれほどたいした手間ではないと思いますので、ぜひご活用ください。

実績10年の技法(?)ですので、信頼性は保証しますgood

お役に立てて何よりです。

投稿: 栗原@simple | 2011年9月24日 (土) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 泣き言 | トップページ | 勧誘電話に思う »