« 掛時計 | トップページ | チェリーの書斎机 »

2011年4月13日 (水)

溜息も出ず

福島原発事故、レベル7に評価が引き上げられました。
事ここに至っては、もはや驚くべきことではありません。

レベル7といえば、チェルノブイリ事故と同レベルですが、今日のNHKの解説では放射能の飛散量や初期における人的被害などはチェルノブイリよりもはるかに軽微だと言うことでした。

しかし・・・
この事態にあって、チェルノブイリやスリーマイルなどと比べることにどれほどの意味があるのか?
と思ってしまいます。

いらぬパニックなどを起こさないための配慮であるならば、もはやご無用。
そのようなことを続けて、情報開示や施策が後手後手に回ったことが、国内のみならず国外にも不信感を与えているということにいい加減気づかなければならない時期です。


TVでは(NHKしか見ていませんので、民放が何を言っているのかは知りませんが・・)政府の代弁者かと思う程度のゆるい解説でしかなく、方やネットでは、フリージャーナリストなどを筆頭とした反原発イデオロギーが火を噴いています。

なんだかなぁ・・ と思います。

NHKの楽観的な解説にも倦んでいますが、しかし、反原発イデオロギーに与する気にもなれません。


楽観論については、NHK以外にも、ネットなどでもたくさん主張されています。
これらの立場を取る人は、データに基づいて冷静に持論を展開するタイプが多いですね。

一見もっともらしく、信頼できるようにも思われるのですが、ご用心!
これらの人は、起こった事象に対して後追いで解説をすることには長けているのですが、今から起こるであろう問題を予測し、それに対する手立てを講じるというような建設的な意見を述べることは殆どありません。

理由は、おそらくは二つのパターンがあるように思われます。

まずは、良心的な人の場合・・・
得られたデータから科学的に推論をし、確度の高い説を提案しようとするタイプです。

たしかに良心的ではありますが、これでは後追いの解説しかできないのは必然であり、将来における事態の収拾には寄与せず、また、放射線の影響を心配する人にとっての行動指針にもなりえません。


もう一つ・・ちょっと???と思われる専門家の場合。
御用学者などと揶揄されていますが、データに基づくと言いつつも、どれほどのデータを吟味したのか? 都合の悪いデータは意図的に出さないようにしているのではないか? という疑念がつきまとう胡散臭さがありますね。

これについては、その背後に垣間見える原子力利権や、原子力シンジケートとでも呼びたくなるような互助的組織のようなものがチラつくのですが・・・・ さて、実態は??


一方、反原発を唱える人について・・・
これはもう、何でもありの世界です。

これらの人は、とにかく政府と東電は全く信用できないというのが大前提ですので、データも何もなく言いたい放題ということになります。

特に、フリージャーナリストと呼ばれる人の言動はひどい。

原子力を語るならば、原子力プラントについては工学の専門家であり、核物理学については理学の専門家であるか、あるいは多少なりともそれらの専門知識を持っているのが当たり前であり、それがこの事故を科学的見地から見る場合の最低限の誠意だとも思うのですが、そのような片鱗も感じられず、とにかく政府と東電を叩くことのみに全精力を傾けているという印象がありますね。

そして、出てくるのは政府・東電陰謀論と、やたら危機感を煽るようなデマゴギーです。

アホくさ・・・
政府や東電にそのような悪知恵があるのなら、もっとうまくやってますよ・・ホホホ


なんだかなぁ  と思います。


原子力利権とも、反原発イデオロギーとも無縁で、純粋に科学的見地から原発と放射能の影響を論じる人や機関がないものか? と思っているのですが・・ううむ。

これ・・と思うものもいくつかはあるのですが、それを読み解くためにはやはりかなり専門的な知識が必要となりますので、ハードルはかなり高いところにあります。

リテラシー  などと言われても、高度に専門的な分野においては、それは無理ですよ!

なので、私も何が正しいのか・・いまだに分からずにいます。

混沌としたまま、もやもや感はいつまでも消えず、溜息も出ない日々が今も続いています。


|

« 掛時計 | トップページ | チェリーの書斎机 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

ロシア科学アカデミー原子力研究所の副所長が「レベル7は行き過ぎだ」と発言したと言う話を読みました。発言の意図はいろいろ噂があるようですが、日本政府がレベル7を理由に冷却作業を諦めて封印作業に入ってしまいかねないから、その動きを牽制する為に…なんて空恐ろしい話が出てます。

まあこれも玉石混交の最たる例みたいなtwitterで見かけた物なので信憑性は期待できないのですが…。

インターネットも便利ですが、非常時(本当は普段も必要ですが)こそ諾々と流される情報に呑まれずに自分の頭で考えることが試されている気がします。

投稿: 蚊遣り豚 | 2011年4月13日 (水) 05:32

コメントありがとうございます。
確かに、IAEAやアメリカ当局など、海外では比較的冷静に受け止められているようですね。

封印作業・・
ううむ、使用済燃料の冷却には最低でも5年ほどはかかるそうですから、今すぐの封印はちょっと無理のようにも思います・・

ネットは玉石混交のデパートのような感じですね♪

政権陰謀論なども相変わらず言われていますが、原子力利権構造の張本人である自民党が政権党であるならばそのような話もありえそうですが、民主党はそのようなしがらみとはあまり縁がないはず・・・

陰謀よりは、これは単なる政権担当能力、危機管理能力の欠如と考えるのが妥当でしょうね。

自分の頭で考える・・・
そうですよね、それがもっとも大事なのですが、これほど専門性が高くなってくるとさすがに真贋を読み解くことも困難です。

どうしたものか?
と、天を仰ぐような日々です。

投稿: 栗原@simple | 2011年4月13日 (水) 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掛時計 | トップページ | チェリーの書斎机 »