« 工程表と風評被害と | トップページ | 訓練生の皆さんへ »

2011年4月22日 (金)

あなたに夢中 追悼スーちゃん

女優 田中好子さんが亡くなりました。
私たちの世代にとっては、やはりキャンディーズのスーちゃん と言う方がしっくりきますね。

訃報を知ったのは昨晩のこと。
パソコンで家具のデザインを検討しながら、youtubeでキャンディーズの曲を聴いていた時でした。

全くの偶然。

選曲を変えるために、youtubeを流していた方のパソコンを操作して、ついでにYahooのトップページを開いたら「田中好子さん死亡」の文字が目に入りました。

一瞬、何かの間違いかとも思いました。
同姓同名の他者???

間違いではありませんでした。


キャンディーズ全盛期は、私が中学生の頃です。
1970年代の中盤頃・・こどもから青春期へ入るもっとも多感な時期でした。

当時は、中3トリオがいたりしてアイドルの第一次全盛時代。
その中で3人のグループというのは珍しく、また、キャンディーズは誰が主役ということはなくて三者三様の個性が光るグループでもあり、ラン、スー、ミキの中で、誰が一番好きか? ということが、中学生の男どもの間で真剣に議論されたりしていました。


ヒットチャートでは後発のピンクレディーが席巻してしまい、なかなかトップを取ることができませんでしたが、解散宣言をしてからは人気もうなぎのぼりで、ラスト数ヶ月はお祭り騒ぎのようでした。

普通の女の子に戻ってから、2年後にはラン、スーは芸能界に復帰。
批判もありましたが、その後、女優としての二人の活躍はみなさんご存知のとおりです。

スーちゃんを映像で見たのは、昨年放映されたNHKのドラマが最後でした。
えらく痩せたな・・ と思っていたのですが、病魔(乳がん)に冒されていたのですね。


55歳。
あまりにも早過ぎます。


多感な頃に見たアイドル。
40代後半のこの年になって、その頃の思い出を象徴する何かが消えてしまったようで、なんとも言えない喪失感があります。

デビュー曲 あなたに夢中 をご紹介。


このときは、スーちゃんが真ん中でしたね。

今日は、キャンディーズの曲ばかりを聞いて作業をすることにします。

ご冥福をお祈りします。
合掌

|

« 工程表と風評被害と | トップページ | 訓練生の皆さんへ »

昭和歌謡」カテゴリの記事

コメント

ほんとビックリしましたね
最近のマスコミのことだから誤報かと思いました
このニュース、40代以上の男性にとって涙無しには見れなかったでしょう。
むかしキャンディーズの頃、恋人にするならランちゃん、結婚するならスーちゃん、友達ならミキちゃん、などと言われてましたが、私の場合、恋人も結婚も友達もスーちゃんでした。
「あなたに夢中」
スーちゃんが唯一センターで歌った曲ですね・・・
もう言葉もありません・・
今はただ静かに冥福を祈りたいと思います

投稿: パートシュクレ | 2011年4月23日 (土) 01:05

びっくりしました。
ちょうどネットでキャンディーズの曲を聴いていた時でしたので、偶然の符合に我が目を疑いました。

結婚するなら・・・
そうそう、そんな話をしていましたね。

私の周りではランちゃんが多数派で、次点がスーちゃん。
私もスーちゃん派でした。

ミキちゃん派は少数でしたが、しかし、この派閥は結束が硬いのが特長でした。

30年以上前の、遠く、そして宝石のように大切な思い出です。
それを支える、ひとつの柱が無くなってしまったような、そんな喪失感があります。

あなたに夢中。
そう、あの頃、キャンディーズに夢中でした。

投稿: 栗原@simple | 2011年4月23日 (土) 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工程表と風評被害と | トップページ | 訓練生の皆さんへ »