« 大本営発表か? | トップページ | スピーディーでない話 »

2011年4月 1日 (金)

メディアのリテラシーを問う

今日は非常に腹立たしく思っているので、ちょっと文章が荒れるかもしれません。
最初にゴメンナサイと申し上げておきます。

IAEAが、飯舘村での放射能が国際基準の2倍となっていることを指摘、この地区を避難対象区域にするよう政府に提言しました。

が、政府は必要なしと判断、その根拠は?

原子力安全委員会の見解によると、IAEAの基準と日本の基準は異なっている。
IAEAは土壌の表面のみの調査であるが、日本は土壌の中と、空間線量の両方を調査し、より人体への影響度を考慮した基準となっているので、日本の基準のほうが良いのだ ということらしいです。

なんのこっちゃ?? と思っていたら、NHKがこれをトップニュースで取り上げてくれました。

「これでいいんでしょうか?」とのキャスターの問い掛けに対して・・
「これでいいんです」との解説者。

その理由は、安全委員会と全く同じ。

あのね~それじゃ解説じゃないでしょ(怒)

だから、なぜ日本の基準のほうがより優れているのか?
その科学的根拠を知りたいのですよ、私たちは!!!!!!!

まあ、そこは目をつぶって・・
日本の基準で考えたとしましょう。
それでも、かなり変なのですよ。

前にも紹介しましたが、文科省が各地の土壌と、空間線量の調査をしています。
それによると、飯舘村(原発北西40キロ)の直近10日間の空間線量率累積は、南相馬市(同25キロ)の10倍以上もあります。

そして、その南相馬市は屋内退避から自主避難区域へと格上げされました。
しかし、その10倍以上の累積線量がある飯舘村は問題なしとは、どう考えてもおかしいですよね。

日本の行政機関が調査して、日本の基準で考えても極めておかしな話がまかり通っている。
大変不思議なことですが、さらに不思議なことにはそれを指摘するマスメディアが一つもない ということです。

一体どうなっているの???

そして、もう一つ。
毎日新聞が、重要な証言を発表しています。

福島原発の原子炉設計者である、ゼネラル・エレクトリック社の元社員へのインタビュー記事です。

それによると、マークⅠと呼ばれる福島の原子炉、その圧力容器には致命的な欠陥があるとのこと。
圧力容器は内部の水量低下が起こったとき、それに耐えうるだけの強度がないということらしいのです。

これは大変なスクープです。

知りたいのは、その欠陥の詳細であり、どのようなメカニズムで、どの部分の耐圧が不足しているのかということであり、それを前提とした場合に、今原子炉の中で何が起こっているかという確度の高い推測であるはずです。

ところが、それらには全く触れられていない。
このインタビューの英文元資料も探してみたのですが・・・ない!

ガキの使いじゃあるまいし・・・怒怒


NHKにしろ、毎日新聞にしろ、今日ほどメディアのリテラシーに幻滅したことはありません。

国難に際して、また、政府に物申す第4の権力機関として、一体何をしているのか?
その自覚はありや?

非常に腹立たしく、フラストレーションの溜まる一日でした。

明日、NHKで同じ解説者が出てきたら・・・・テレビ消しちゃうよ、ホントにもう。


|

« 大本営発表か? | トップページ | スピーディーでない話 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大本営発表か? | トップページ | スピーディーでない話 »