« 自戒を込めて | トップページ | 信じられるか? »

2011年3月29日 (火)

原発 新たな状況について

原発は、新たな状況が判明するたび混迷の度を深めているようです。

傍目には膠着状態のように思え、爆発などの派手なイベントもなくなりましたので、エンターテーメント的要素を好むマスメディアでの取り扱いは以前に比べると減ってきているようですが、好転の見通しが厳しくなってきていることを考えると、事態は以前よりもむしろ悪くなってきていると言えるかもしれません。

テレビでの解説についても、状況が複雑になってきて手に余るのか、外観に触れるのみで、知りたいことは殆ど得ることはできません(困)

と、ぼやいていてもはじまらないので、現時点での状態を書いてみたいと思います。


緊急炉心冷却装置と、使用済み核燃料プールの冷却装置を駆動するために外部電源を引き入れ、とりあえず中央制御室までには電気が通りました。

しかし、上の装置を駆動するためには、タービン建屋内にあるポンプに電源を接続しなければならず、その配線作業をしていたときにタービン建屋内が放射能汚染されていることが分かりました。

床には水が溜り、非常に高い放射線が充満しているとのこと・・・

これでは作業ができず、まずはこの水を復水器というプールに戻さなければなりません。
その努力が続けられており、これも復水器が既にいっぱいになっていたりと困難が多々あるのですが、これ以外に、トレンチと呼ばれるトンネルの中にも多量の水が溜まっているのが新たに分かりました。

トレンチの詳細については省略しますが、これは高さ15メートルほどの立坑と横坑がつながったU字型の大きなトンネルとのことで、2号機についてはこの立坑がほとんど水没に近い状態になっているとのこと・・
推定で6000トンほどの水が溜まっており、しかも1000ミリシーベルト超/時の高い放射線量がある模様です。

1000超というのは、測定上限値が1000ミリシーベルトとのことらしく、これ以上は計測不能なのです。
大変なことです。

放っておくと、これが土中や海中に染み出す恐れがありますので、この水もどうにかして安全なプールへ排出しなければなりません。


問題は、この大量の水がどこから来たのか? ということですが、これは、現在行われている外部からの注水と散水がその源泉であることは疑いがないところです。


まず、反応炉(圧力容器)内に対しては、外部ポンプから16トン/時という水(最初は海水、今は真水)が注水されていますが、この大量の注水にもかかわらず、容器内の水量はあまり上がっていない模様です。

炉内が高温のため、すぐに水蒸気となってしまうのが大きな原因なのですが、これが炉内を高圧にしてしまいます。
このため、炉内圧力を抜くベントという作業を行わねばならず、この時に放射性物質を含んだ水蒸気が炉外へ放出されることになります。

また、人によっては、溶け出した高温の燃料が炉の底にたまり、底にある各種装置の接続部などを侵してここの封水を破り、ここから漏水しているのではないか・・とのこと。

さらに悲観的なことをいう人は、高温の溶融燃料が既に炉に穴をあけているのではないか? などと煽っています。

いずれにしても、炉内から大量の水が流れ出しているのは間違いがありません。


しかし、炉外にはもうひとつの防御壁である格納容器があります。
そのため、漏れ出した水は格納容器内に溜まるはずで、多分相当量が溜まっているのではないかと想像されるのですが、しかし、ここからも水は外へ滲み出し、これがタービン建屋やトレンチへ流れ込んでいるのではないか? と思われます。


もうひとつ、水の経路としては使用済み核燃料プールを冷やすために消防車などによって行われている散水もあります。
散水については、まさにむき出しのプールに放水していますので、これが建物外へ大量に流れ出しているのは容易に想像できます。

詳細はもちろんわかりませんが、これら二つの経路によって放射性物質を含んだ水が流れ出しているのは間違いないと思われます。


つづく

|

« 自戒を込めて | トップページ | 信じられるか? »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自戒を込めて | トップページ | 信じられるか? »