« 原発はどうなるのか | トップページ | 原発はどうなるのか3 »

2011年3月18日 (金)

原発はどうなるのか2

原発で何が起こっているのか?
テレビやラジオでは埒があかないので、仕事の合間合間にネットで検索し、私なりに情報を集めてみました。

調べてみると、専門家・権威と呼ばれるような人から、一般の技術者までいろいろな人がいろいろなことを書いているのが分かりました。
詳細に見る時間はなく、斜め読み程度しかしていないのですが、そのいずれも言うことは微妙に、あるいは大いに異なっています。

これは、そのひとの言説が信用するに価するかという事に加えて、いずれも傍観者という立場での解析でしかなく、いわば仮説の状態なので致し方ないことではあります。

なので、それらのなかからイデオロギー的な匂いのするものを省き、中立と思われる人々の説のなかで最大公約数的なところを私なりにまとめてみました。

できるだけ時系列に沿って書いてみますが、予めお断りしておきたいのはドシロウトのまとめですので、話半分くらいに聞いていただきますようお願いします(←ここ大事)


・地震発生


・緊急停止装置が作動

反応炉(圧力容器)の中に制御棒が挿入され、核分裂反応停止
ここまでは想定通り

しかし、次からが想定を越えることとなっていく


・電源系統が全てアウトとなる

原発の電源は、原発で発電した電力を分配して使用している
原発が停止したため、当然電力も送られない

非常用として、ディーゼル発電機が2機備えられているが、いずれも作動せず
津波の影響を受けた模様

津波に対しては、過去のデータをもとに7メートルまでの防波堤が備えられていたが、今回の津波はその倍の14メートル
ディーゼル発電機は塩びたしとなり機能停止したと思われる

なお、外部から電源を供給するという手もあるが、送信元の変電所が地震で倒壊したか、あるいは原発内への引きこみ部分が海水でやられたか、
いずれにしても外部からの供給もダメ

残るは蓄電池、しかし8時間しか持たない


・反応炉内の温度が上がり始める

核分裂反応は停止したが、やっかいなことに核燃料は焚き火の熾のように熱を発し続ける(崩壊熱という)
なので、これを冷やさなばならない

この安全装置として、緊急冷却装置が備えられている
これは反応炉上の弁を開き、ここからホウ酸(核分裂を止める効果がある)を含んだ水を反応炉内に投下、及び循環する仕組み

だが、電源がないので装置が作動しない

冷却できず、反応炉内の温度が上がり始める


・反応炉内の水位が低下、空焚き

反応炉内が高温となり、内部の水が蒸発
通常、核燃料は反応炉内で水に漬かっているのだが、蒸発によって水位が下がったため核燃料がむき出しの状態、いわゆる空焚きの状態となる

    
・反応炉内で水素が発生、炉心溶融
  
核燃料が空焚され、高温の状態(1200度以上)となると、核燃料の被覆(ジルコニウム)と水蒸気が反応し、水素が発生する

そしてこの反応と高温の影響で、ジルコニウム被覆の強度が低下し、内部から核燃料が露出してくる
炉心溶融(メルトダウン)である


一方、水蒸気発生は反応炉内部の圧力を上昇させる
このため、反応炉保護のための圧力逃がし弁(安全弁)が開き、水蒸気と水素を反応炉外部へと逃がす

  
・格納容器内に水蒸気が充満
 
反応炉の外は、第二の殻である格納容器で囲まれている。
なので、反応炉から逃がされた水蒸気と水素は、次には格納容器内に充満することとなる

さらに格納容器の外へ水蒸気を逃さなければならない
そのためには、弁を開かねばならないが、電源が落ちているので開くことができない

このため、人が弁までたどり着き、手動で開く
 (決死隊と言える、本当に頭が下がります・・・)

  

・建屋上部に水素が充満 そして爆発

決死の弁開放によって水蒸気を逃がして格納容器の中の減圧には成功(したらしい)
が、この水蒸気は放射性物質を含んでおり、ここで初めて放射性物質が大気中へ放出されたこととなる

一方、もうひとつの生成物である水素は、格納容器から外側へしみ出し、第三の殻である建屋内部へ拡散し、上部に充満
建屋にも換気扇は付いているらしいが、停電で動かず

そして、充満した水素は酸素と反応し、水素爆発が発生、建屋の天井を吹き飛ばすこととなった
水素爆発を防ぐ装置(水素を不活性化する装置?? 詳細不明)も備えられているらしいのだが、停電で作動せず


ちなみに、建屋はコンクリート製で、厚みは1~2メートルほどあるらしい
これを吹き飛ばすほどの爆発・・
犠牲者が出なかったのは奇跡のようにも思われる


・初の被曝者
 
建屋の水素爆発と共に放射性物質が大気中に拡散
これが3キロ離れた退避者の衣服から検出され、初の被曝者となる


続きは明日書きます。

なお、繰り返しになりますが、あくまでド素人のまとめです。
話半分くらいで、もし間違いなどあればどしどし指摘してください。


  
  

|

« 原発はどうなるのか | トップページ | 原発はどうなるのか3 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

枝野官房長官の話も分かりやすかったですが 栗原さんの原発に関するまとめも非常にわかりやすかったです  又、この期に及んで誰かを非難するのはやめようという意見にも大賛成です(民主党支持者でも東電の関係者でもありません)  被爆をおそらく覚悟の上で鎮静の為に現場で働いている人たちにはホントに頭が下がりますね 

投稿: da | 2011年3月18日 (金) 12:52

コメントありがとうございます。

原発問題について東電の責任はもちろん重大であると思いますが、今は復旧を見守りたいです。

事態が事態だけに、狂乱的な批判や非難も渦巻いていますが、それが事態を収束させるわけでもありませんよね。

なので、できるだけ感情を交えず、淡々とこの事故の経緯を書いてみることにしました。

その中で、おそらくは様々な問題が見えてくるのではないかと思います。

批判はそれからでいい・・
そう思います。


事態を収めようとしている職員の方々・・
このような言葉が適当かどうか分かりませんが、彼らはヒーローですね。

暗い原発の中で、宇宙服のような放射線防護服を着こみ、懐中電灯を頼りに作業をしていると聞きます。

ただ、ただ、感謝するのみです。

投稿: 栗原@simple | 2011年3月18日 (金) 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発はどうなるのか | トップページ | 原発はどうなるのか3 »