« 寡黙な技術者 | トップページ | 原発はどうなるのか2 »

2011年3月17日 (木)

原発はどうなるのか

原発は変わらず深刻な事態が継続しています。

現場からの正確な情報が無い、と言うよりも、現場でも正確な状況がつかめないほど混乱しているというのが実態ではないかと思いますが、それが為にいろいろな流言飛語が蔓延しています。

大丈夫という人もあり・・
危険という人もいる・・

政府・東電の発表を大本営発表と決めつける人がいる反面・・
枝野官房長官の不眠不休の姿勢を評価し、信頼をおく意見も多い。

真実がいずれであるにしろ、今の段階ではそれを知るすべはなく、全ては藪の中です。

さらには、放射線の強さをレントゲンのそれと比べるのは不謹慎だというような、何が不謹慎なのかよく分からない言説がそれなりの機関から発表されたりと、妙な話が飛び交っています。

ネット時代なので、このようなことがあっという間に広がる一方、それらを諌める言葉も同じように広がりますので、玉石混交のネット空間でも、プラスとマイナスはうまい具合にバランスしているようにも思えます。

これら情報の流布や交換については、ツィッターがかなりの効果を挙げているとのこと・・
それによって、未確認者の避難情報が確認されることも多いようです。

そう言えば、瞠目すべきことには、震災後ツイッターは一度もダウンしていません。
ツイッターといえば、すぐにover capacityというメッセージと共に、鳥が鯨を持ち上げているイラストが画面に出たままアクセス出来ない・・という状態が頻発していたものですが、震災からこちら、全くそのようなことがなく、レスポンスも極めて早い状態を保ち続けています。

ここにも、影で支えてくれている人がいるのでしょう(感謝)

話がそれましたが、このように状況は依然混沌としており、原発がどうなっているのか、そして、今後どのようになるのかよく分からない・・ ということがいらぬ混乱を生んでいることは間違いがありません。


このようなときに最も頼りになるのは、断片的な状況証拠を積み上げて、それらからこの事態が到来した経緯を論理的に推論できる人です。

もちろん仮説にしかなりませんが、専門家が科学的な推論によって創り上げる仮説は、その確度においてかなり信頼できるものになるはずです。

仮説があれば、そのモデルに基づいて今後の推移を予測できます。
推移の予測には、楽観的モデルと悲観的モデルの両方があり、悲観的モデル(最悪な事態をたどるケース)に従ってその影響と深刻度をある程度の定量性をもって予測出来れば、今の混沌はかなり整理されてくるように思います。

ところが、そのような人がいない。
NHKの解説者などは比較的冷静な分析をしてくれていますが、それでも、今一つ良く分からない。
民放はここのところ全く見ていないのでよく分からない。


長くなったので、続きは明日書きます。

ともかく、今日の放水がうまくいってくれますように!


|

« 寡黙な技術者 | トップページ | 原発はどうなるのか2 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寡黙な技術者 | トップページ | 原発はどうなるのか2 »